2011年9月30日

1/32スケール R/Cトラック野郎シリーズ No.03 突撃一番星 スカイネット製 ラジコン

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/32スケール R/Cトラック野郎シリーズ No.03 突撃一番星”となります!

 この商品は、
”シリーズ中、最も個性的な映画第7弾「突撃一番星」が登場。
 新型マーカーパネル、マーカーアーチ、フロントバンパーなどでスケール感アップ。
 マーキングもタンポ印刷の採用でグレードUPしています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・1/32スケール R/Cトラック野郎シリーズ No.03 突撃一番星
sky_rc_totugekiitibannbosi_1.jpgsky_rc_totugekiitibannbosi_2.jpgsky_rc_totugekiitibannbosi_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”トラック野郎”の内容は
”日本全国津々浦々を走る長距離トラック運転手(白ナンバー)の主人公、一番星・星桃次郎(菅原文太)と、
 子沢山の相棒、やもめのジョナサン・松下金造(愛川欽也)が、各地で起こす珍道中。
 シリーズ全10作に通ずる基本的なストーリーは、
 桃次郎が目の前に現われたマドンナに(たいてい便所や情けない姿をしている時に遭遇)一目惚れをし、
 相手の趣味や嗜好に合わせて(見当違いの)付け焼刃の知識で積極的にアタックしていく。
 また、個性の強いライバルトラッカーが現われ、
 ワッパ勝負(トラック運転での勝負)や一対一の殴り合いの大喧嘩を展開する。
 そして、「母ちゃん」こと松下君江(春川ますみ)を始めとするジョナサン一家、
 女トラッカー、ドライブインに集う多くのトラック野郎達等を絡ませ、
 人間味あふれるキャラクター・桃次郎を中心に、様々な人間模様が綴られてゆく。
 また、青森ねぶた祭りや唐津くんちなど、全国各地の有名な祭りの場面が登場するのも、このシリーズの特色である。
 結局、恋は成就せず物語はクライマックスへ。天下御免のトラック野郎に戻った桃次郎は、
 時間が足りない悪条件の仕事を引き受け、一番星に荷(人)を載せてアクセルを踏み込み大爆走させる。
 そのアクセルを踏み込んだ時の加速力(メーターの上がり方)は圧巻である。
 追っ手の警察を蹴散らし、強化された検問を突破し、トラック野郎達の応援・協力を得て、
 道なき道を走り一番星号をボロボロにしながらも
 (劇中に障害物で行灯が割れたり、泥水でトラックが汚れるなどの描写がある)時間内に無事送り届け、
 修理を終えた一番星号とジョナサン号が走り去る-というシーンで「完」を迎える。
 ただし、第1作のエンディングは一番星号がジョナサン号を牽引し、
 第3作ではジョナサン号が一番星号を牽引した(激走の代償として自走不能となってしまった)。”となっています!