2011年3月20日

1/144スケール 日本の翼コレクション スペシャルVer エフトイズ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/144スケール 日本の翼コレクション スペシャルVer”となります!

 この商品は、
”1/144 WORK SHOPシリーズ第20弾の発売を記念して、
 「日本の翼コレクション」「日本の翼コレクション2」から人気の3機種をピックアップした特別版。
 すべての機種で塗装や付属デカールを一部変更しており、コンプリート済みのお客様にもご満足いただけます!
 また、従来商品ではシークレットアイテムのため入手困難だったT-2ブルーインパルスもラインナップ、
 F-86ブルーインパルス及び同時発売の「日本の翼コレクション3」のT-4ブルーインパルスと合わせ、
 歴代ブルーインパルス3機種を揃えるチャンスです。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/144スケール 日本の翼コレクション スペシャルVer
ftoys_nihonnnotubasa_SP_1.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_2.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_3.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_4.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_5.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_6.jpgftoys_nihonnnotubasa_SP_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ブルーインパルス”の概要は
”1958年、航空自衛隊の戦闘機教官が独断で行った編隊飛行が上官の目に留まったこと、
 また1959年に行われた米空軍サンダーバーズの日本公演を見た当時の航空幕僚長・源田実が打ち出した
 構想をきっかけに1960年、浜松・第1航空団第2飛行隊内に空中機動研究班として発足した。
 その後公募したニックネーム「天竜」を用いたが、
 この「Tenryu」の「r」の発音に管制上支障が出たため「チェッカー・ブルー」後に
 「ブルーインパルス」に変更。
 第4航空団第21飛行隊戦技研究班になるなど何度かの改編が行われた後、
 現在の正式名は宮城県松島基地に所属する第4航空団第11飛行隊となった。
 ブルーインパルスは日本各地で行われる航空祭や民間イベント等に出演し、
 毎年平均20回程の展示飛行を実施している。
 なお、同基地にはパイロット以外のスタッフで結成されたブルーインパルスジュニアも
 部活動として所属しており、各地の航空祭で展示走行を行っている。”となっています!

2011年1月10日

ANAウイングコレクション3 エフトイズ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、年末の倉庫整理で発掘した商品をご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ANAウイングコレクション3”となります!

 この商品は、
全日空所有機のスケールモデルシリーズ第3弾。
 今回はDC-3やL-1011トライスターといった既に引退した人気機種の特集。
 プロペラ機や3発ジェット旅客機などの個性豊かな旅客機を1/300、1/500スケールで再現しています。
 デスクトップ上に広がるノスタルジックな空間をお楽しみ下さい。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ANAウイングコレクション3
gtoys_ana_3_1.jpggtoys_ana_3_2.jpggtoys_ana_3_3.jpggtoys_ana_3_4.jpggtoys_ana_3_5.jpggtoys_ana_3_6.jpggtoys_ana_3_7L.jpggtoys_ana_3_8.jpggtoys_ana_3_9.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”全日本空輸”の概説は
”国内線では最大の路線網を持ち、国内線乗客数では日本最大級の航空会社である。
 国際線ではアジア諸国とヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国のみに運航している。
 航空会社連合「スターアライアンス」のメンバー。東証一部上場企業。
 コーポレートカラーはトリトンブルー。
 2レターコード"NH"は、元の社名「日本ヘリコプター輸送 (Nippon Helicopter) 」に由来。
 本社は東京都港区東新橋 汐留シティセンター。”となっています!