2011年3月 5日

痛車 No.19 俺の妹がこんなに可愛いわけがない VERTEX RIDGE JZZ30 ソアラ アオシマ製 プラモデル

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”痛車 No.19 俺の妹がこんなに可愛いわけがない VERTEX RIDGE JZZ30 ソアラ”となります!

 この商品は、
”昨年アニメが放送され、現在人気爆発中の注目作、
 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の痛車が登場!
 桐乃や黒猫など個性的なキャラクターと文字ネタ・作中ネタ満載のデカールは遊び応え満点。
 車もT&E製エアロパーツを纏ったJZZ30ソアラと今までの痛車にない仕様となっております。
 妹を思いながら最高の『俺妹痛車』を1台作り上げてみませんか?”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・痛車 No.19 俺の妹がこんなに可愛いわけがない VERTEX RIDGE JZZ30 ソアラ
aosima_itasya_oreimo_1.jpgaosima_itasya_oreimo_2.jpgaosima_itasya_oreimo_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”俺の妹がこんなに可愛いわけがない”のあらすじは
”波乱のない普通の人生を志向する男子高校生・高坂京介は、
 数年前から中学生の妹・高坂桐乃から挨拶もされずまるで汚物を見るかのように
 蔑んだ視線を送られるような関係になっていた。
 京介自身もまた非凡な才能に溢れる生意気な妹を嫌っており、
 そうした冷え切った関係がこれからもずっと続くかに思われていた。
 ところがある日、京介は自分の家の玄関で、高坂家では
 自分も含めて誰も見そうにない魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』の
 DVDケースが落ちているのを発見する。
 しかも、そのDVDケースには『メルル』のDVDでなくアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。
 京介は夕食の卓を囲みながら両親に『メルル』の話題をそれとなく振ってみるが両親、
 特に警察官である父親はオタクに対する偏見が非常に強く否定的な反応が返って来るのみであった。
 ただ一人あからさまに不審な反応を返したのは、
 持ち主としては最もありそうにないと思えた妹の桐乃であった。
 その後ややあってケースの持ち主が桐乃であることを確信するに至った京介は、
 詳しいことは問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返す。
 しかしその後のある晩、これまで挨拶もろくに交わさなかった桐乃が突如として
 「人生相談がある」と称して京介の部屋に押しかけて来て、
 実は彼女が萌えアニメや「妹萌え」シチュエーションの男性向け美少女ゲームを蒐集していることや、
 そうした作品に登場する萌えキャラクターがどうしようも無く好きで堪らないこと、
 そして誰にもそのことを打ち明けられずに悩んでいたことをカミングアウトされてしまう。
 京介は内心ドン引きしつつも、苦手な妹を適当にあしらうつもりで、
 彼女の趣味に理解を示すそぶりを装い、
 秘密は守るし困ったことがあればできる範囲で協力するという空約束をする。
 そして厄介ごとを他人に押し付けるためにも、インターネットのSNSへの入会を勧め、
 妹の趣味に理解を示してくれるような「裏」の友人探しを手伝うことにする。
 しかし京介はSNSのオフ会を通じて知り合った黒猫や沙織・バジーナたちとの交友関係を通して、
 桐乃の趣味にかける真剣さや、痛々しいまでの情熱を知るようになり、
 少しずつ己の考えを改めるようになる。
 桐乃が愛好する作品には世間では眉を顰められるようなものも含まれており、
 そのことから周囲との軋轢も生んでいくが、京介は口では妹のことを毛嫌いし、
 表面的には不仲な関係を継続しつつも、
 時には身体を張り恥をかなぐり捨ててでも妹の趣味を守ろうと奮闘するようになり、
 無関心だった桐乃との関係性を次第に変化させていく。
 また京介自身も、妹が持ち込んだ大小さまざまな事件、夏コミへの同行、
 桐乃が書いたケータイ小説の出版騒動などを経て、
 今まで幼馴染である田村麻奈実との居心地のいい関係に甘んじていた
 自分を取り巻く環境の変化を実感していく。
 やがて進級を前にした桐乃の唐突なアメリカへのスポーツ留学と、
 京介自身のゲーム研究会への入部を通して、
 京介とは様々な出来事を通して共に奔走する仲間でもあった黒猫との関係も進展していく。
 その一方、留学先で成果を出せず悩んでいた桐乃を日本に連れ戻したことなどをきっかけに、
 表面上は一貫して兄を嫌っているかのように見える
 桐乃の本心といった事柄も物語に関わるようになる。”となっています!

2010年5月16日

1/72スケール プラモデル ハインケル He111Z ツヴィーリング ハセガワ模型製 プラモデル

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/72スケール プラモデル ハインケル He111Z ツヴィーリング”となります!

 この商品は、
”本機は輸送グライダーMe321ギガントの曳航機として開発された機体です。
 He111 2機を中央翼で接続し、エンジンを1基増設して合計5基とした応急改造機ではありますが、
 ギガントのような大型グライダーを曳航するにも充分なパワーと安定性を発揮しました。
 キットは双胴/5発の迫力ある本機を、新規プラ部品を追加することにより精密に再現。
 中央翼の接続部分は従来の主翼と同様、桁を通す構造を採用。
 900リットル大型増槽部品付き。
 デカールは「DG+ZG」(冬季迷彩)、「TH+ZI」(通常迷彩)をセットします。
 ドイツらしい奇抜な発想によって誕生した巨人機の姿を模型でお楽しみください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/72スケール プラモデル ハインケル He111Z ツヴィーリング
hasegawa_hainekru_1.jpghasegawa_hainekru_2.jpghasegawa_hainekru_3.jpghasegawa_hainekru_4.jpghasegawa_hainekru_5.jpghasegawa_hainekru_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ハインケル”の沿革・概要
”1932年のHe 70 高速郵便飛行機とルフトハンザ航空の定期旅客機が最初の成功となった。
 He 70はいくつかの速度記録をつくり、He 111がそれに続いた。
 ハインケルの設計者としては双子のギュンター兄弟(ジークフリート、ヴァルター)と
 ハインリッヒ・ヘルテルが有名である。
 ハインケル社は、ロケット機やジェット機の開発においても先駆的な役割を果たした。
 しかし、ライバルのメッサーシュミット社に比較してドイツ空軍からは評価されなかった。
 ただし、これは主力戦闘機メーカーが格上であるとする価値観からの一方的な見方であって、
 実際にはドイツ空軍は爆撃機を主力とみなしていた空軍であり、
 ハインケルが冷遇されていたと言い切るには疑問がある。
 第二次世界大戦中に生産した主な機体はHe 111 爆撃機である。
 ドイツ空軍の重爆撃機 He 177も開発されたが、
 V型エンジン2基を並べて1つのプロペラを回すレイアウトを採用したため、十分な信頼性が得られなかった。
 戦闘機の分野では、第二次世界大戦開戦前にHe 112などを開発したが
 Bf 109に敗れドイツ空軍に採用されなかった。
 戦中に夜間戦闘機He 219 ウーフーが採用されたものの、
 エンジン供給の問題から300機以下に留まった。”となっています!

2009年5月31日

技MIX航空機シリーズ 航空自衛隊 F-15 4種アソート タカラホビー製 プラモデル

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に向けて完売になってしまった商品が
若干数ずつですが再入荷してまいりましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”技MIX航空機シリーズ 航空自衛隊 F-15 4種アソート”となっております!

 この商品は、
”電化ユニット(別売り)を使用することで、アフターバーナーを再現!
 誰もが作る楽しさを味わえる「彩色済み」プラモデルです。
 原型は航空機プラモデルの雄「ハセガワ」が全面協力。
 1/144スケールでありながら、形状やディテールを詳細に再現!
 初回は4機種同時発売となります。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
技MIX航空機シリーズ 航空自衛隊 F-15 4種アソート
takara_gimix_f-15_1.jpgtakara_gimix_f-15_2.jpgtakara_gimix_f-15_3.jpgtakara_gimix_f-15_4.jpgtakara_gimix_f-15_5.jpgtakara_gimix_f-15_6.jpgtakara_gimix_f-15_7.jpgtakara_gimix_f-15_8.jpgtakara_gimix_f-15_9.jpgtakara_gimix_f-15_10.jpgtakara_gimix_f-15_11.jpgtakara_gimix_f-15_12.jpgtakara_gimix_f-15_13.jpgtakara_gimix_f-15_14.jpgtakara_gimix_f-15_15.jpgtakara_gimix_f-15_16.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”F-15”の概要は
”第4世代ジェット戦闘機に分類される、長射程ミサイルの運用能力と
 高性能なレーダーを持つ双発の大型制空戦闘機である。
 また、F-15の操縦士は「イーグルドライバー」と呼ばれる。
 アメリカ空軍の保有・運用したF-4の後継として開発された。
 二枚の垂直尾翼を持つとはいえ、平凡な平面形の主翼に水平安定版を組み合わせた保守的な設計のまま、
 当時としては画期的な機動性を実現した機体である。
 採用国は2007年現在までに空戦における被撃墜記録はないとしている。
 単座型と複座型の2種類があるが飛行性能・戦闘能力に大きな差はない。
 一機当りのコストが約3,000万ドル(アメリカ空軍での単価)と高価な機体となったため、
 アメリカ空軍ではF-16との「Hi-Lo-Mix」運用を甘受し、また購入可能な国は限られた。
 それに加えてその能力から政治的・軍事的に親密な国への売却に限られた結果、
 新造機からの運用はアメリカの他イスラエル・日本・サウジアラビアの3ヵ国のみの総計1,233機
 (ライセンス生産を含む)で終わった。
 F-4と共に冷戦下のアメリカ空軍とマクドネル・ダグラス社を代表する戦闘機といえる。
 現在では主力から、派生型のF-15Eや、後継機であるF-22へ移行中である。”となっています!