2008年2月22日

超合金魂 キングジョー ブラック バンダイ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日9回めの更新も本日入荷のバンダイさんの新商品をご紹介!
 まず、更新4回目となる今回は、
大人気シリーズの”超合金魂”の最新作”超合金魂 キングジョー ブラック”をご紹介!

 この商品は、
”超合金魂シリーズに、キングジョーブラックがラインナップ!
 キングジョーブラックは、ぺダン星人が製作した
 スーパーロボット「キングジョー」の改良強化タイプ。
 右腕に装備される「ペダニウムランチャー」も完全再現。
 従来品のキングジョー同様、4機分離・合体も完全再現。ペダン星人の円盤も付属。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超合金魂 キングジョー ブラック
bandai_tyougoukinn_kinguzyo_1.jpgbandai_tyougoukinn_kinguzyo_2.jpgbandai_tyougoukinn_kinguzyo_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”キングジョーブラック”のキャラクター説明は
”特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第9話「ベンドラゴン浮上せず!」から登場。
 別名:宇宙ロボット
 身長:55メートル
 体重:5万トン
 かつてペダン星人が地球に送り込んだキングジョーの強化タイプ。
 黒く塗られたステルス仕様のボディとなっており、右腕には「ペダニウムランチャー」という銃が装着されている。
 主に弾丸を乱射する攻撃を必殺技とし、周囲にいる生物を殲滅するまで攻撃をやめない。
 第9話から分離形態で登場しており、第10話でついに合体した姿で登場。
 レイの主力怪獣3体(ゴモラ、リトラ(S)、エレキング)をまとめて圧倒するなど、驚異的な強さを見せつけた。
 着ぐるみは、『ウルトラマンマックス』で使用されたキングジョーの着ぐるみを改造した物と思われる。”となっています!

2008年1月 4日

超合金 電脳超合金 タチコマ バンダイ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日7回目の更新は、バンダイさんから来月発売予定で
予約が爆発的に集まっている”超合金 電脳超合金 タチコマ”をご紹介!

 ここにきて、受注が急に集まり始めているので
迷っているお客様はお早めにお願いいたしま~す!

bandai_goukin_tatikoma_pop.jpg
 この商品は、
世界初!超合金×電脳世界。起動!タチコマエージェント!
 士郎正宗氏原作の人気アニメ「攻殻機動隊」の人気キャラクター、
 公安9課配属の小型一人乗り思考戦車「タチコマ」が超合金で立体化!
 しかもPCと連動する電脳ギミックを搭載して。
 PCに接続するとデスクトップ上に「タチコマエージェント」が出現するソフトやPCと連動する機能も搭載。
 タチコマの魅力を360度の視点から分析し、超合金技術の粋を極めた自信作。体験すべし!
 付属ソフトをPCにインストールして、タチコマをUSBケーブルで接続すると、
 さまざまなアクションやイベントを発生させたり、また言葉と時間を設定できる「ボイスメモ」や
 旗揚げゲームなどの「ミニゲーム」が楽しめます。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
超合金 電脳超合金 タチコマ
bandai_goukin_tatikoma_1.jpgbandai_goukin_tatikoma_2.jpgbandai_goukin_tatikoma_3.jpg
bandai_goukin_tatikoma_4.jpgbandai_goukin_tatikoma_5.jpgbandai_goukin_tatikoma_6.jpg
bandai_goukin_tatikoma_7.jpgbandai_goukin_tatikoma_8.jpgbandai_goukin_tatikoma_9.jpgbandai_goukin_tatikoma_10.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる"タチコマ"の機能・装備は
"公安9課が保有する思考戦車。機体色は濃い水色。後部ポッド部と中央胴体部からなり、
 胴体には1組2本のマニピュレーター付きの腕と2組4本の脚、擲弾発射器(グレーネードランチャー)と、
 目の様に見える3つの光学素子を持つ球形の外部観測機器が接続されている。
 なお、後部ポッド部にも外部観測機器が装備されている。マニピュレーターは3本指でオセロを打つ程度の器用さを備え、
 両腕にはチェーンガンが固定装備されている。脚部にはタイヤが装備され、足による歩行、
 もしくはタイヤによる走行が可能である。
 後部のポッドには人が乗り込んで、操縦が可能であるが、人1人が乗るのがやっとと思えるほど狭い。
 武装は、前述の通り、50mm擲弾発射器とチェーンガン(口径7.62mm×51mm)である。
 通常、擲弾砲には円筒形の砲口カバーが掛けられており固定器具で封印されており、
 使用する時は人の手で固定器具を取り外さなければならない。
 なお、擲弾発射器は12.7mmガトリング砲に換装することが可能である。
 装甲はせいぜい小口径のライフル弾を弾く程度で、機関砲等の射撃は簡単に貫通してしまう。
 その他には熱光学迷彩機能を搭載している。
 そして、ワイヤー発射装置があり、空気に晒されると瞬時に固化する液体ワイヤーを
 発射して空中を移動することができる。"となっています!

2007年12月13日

復刻版 超合金ロボコン バンダイ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日4回目の更新は、倉庫整理していたら出てきた
かんなり懐かしの商品をご紹介コーナー!
(最近店内以外にも、倉庫整理していたらなんだか古い商品で
HPに掲載していない商品がよく出てくるんですよね~)

bandai_hukkoku_robokon_pop.jpg
 この商品は、
”1974年に発売された超合金ロボコンが25年の時を超え今、復活!
 当時の仕様をほぼ忠実に再現しつつ、要所要所を今風にリニューアルしてあり、
 昔より似ている出来に仕上がっています!”となっていおます!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・復刻版 超合金ロボコン
bandai_hukkoku_robokon_1.jpgbandai_hukkoku_robokon_3.jpgbandai_hukkoku_robokon_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ロボコン”のキャラクター紹介は
”主人公の赤いボディのG級ロボット。
 情に厚く、持ち前のロボ根性であらゆる逆境に負けない程頑張るのが美点。
 しかし、基本的にそそっかしいドジロボットであり、何かと対物破壊が多い。
 「お手伝いロボット」として売りこむが、断られ続けていた。
 まことを助けたため、大山家に就職することができた(大山家は千件目の訪問先。それまでは断られ続けていた)。
 しかし、ドジゆえに被害が多く、大山家では、常に夫妻が「ロボコンを追い出す方法」を考えていた。
 千一件目の小川家では、「弁償を果たすまで働け」と言われ、かなり酷使されている。”となっています!