2012年9月17日

ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ビルバイン バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ビルバイン”となります!

 この商品は、
”『聖戦士ダンバイン』よりROBOT魂 展開開始!
 第1弾は主人公ショウ・ザマの駆るオーラ・バトラー「ビルバイン」!
 特徴的なシルエットを維持しつつ、
 様々な武装を使ったポーズが可能な可動と、ウィング・キャリバーへの変形を実現!
 オーラ・ソード用のエフェクトパーツも付属し、オーラ・バトラーを存分に楽しめます!”なっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ビルバイン
bandai_robot_birubain_1.jpgbandai_robot_birubain_2.jpgbandai_robot_birubain_3.jpgbandai_robot_birubain_4.jpgbandai_robot_birubain_5.jpgbandai_robot_birubain_6.jpgbandai_robot_birubain_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ビルバイン”の機体解説は
”ダンバインを参考にナの国の技術陣が開発した新型の可変式オーラ・バトラー。
 可変構造を持つ唯一のオーラ・マシンであり、甲冑を着用した西洋の騎士を思わせる人型形態から、猛
 禽類を髣髴とさせるシルエットのウィング・キャリバー形態に変形することで
 高速で戦地までの移動を可能にしている
 (その固有の特徴から、設計には地上界の技術が導入されている、
 あるいはショット・ウェポンに比肩しうる地上人が開発に携わっているともいわれている)。
 実際にウィング・キャリバーとして背部にオーラ・バトラーを搭載することも可能で、
 機動力とパワーを兼ね備えた反ドレイク陣営中最高のスペックを誇るオーラ・バトラーである。
 ただし、オーラ係数は0.99と低く(ビランビー以降の機種では最低値)、
 その性能をフルに発揮するには操縦者が強力なオーラ力の持ち主であることが要求されるため、
 事実上の「聖戦士専用機」であった。
 なお、本機にのみ設定されている「適性オーラ力」とは、
 本機の性能を最大限に引き出すのに適した数値のことであり、「限界オーラ力」を指すものではない。
 ショウ・ザマがナの国の女王シーラ・ラパーナより賜り、ダンバインから乗り換えて愛機とした。
 機体色は赤/アイスグリーン色。
 最終決戦(第47話~最終話)では、海上戦ということもあり
 敵の目を眩ます目的で青系統のロービジビリティ(低視認性)の迷彩色に塗り替えられている。
 武装としてオーラ・ソード1本、背部に大型のレール式オーラ・キャノン2門、
 左右の前腕部に連装のワイヤー付ショット・クローを各1基ずつ備える
 (劇中第31話などでは前腕部からバルカン砲のような火器を発射している描写もあるが、
 公式の設定には含まれていない)。
 また、携行火器として連装オーラ・ショットとオーラ力のエネルギー刃を形成する銃剣を模した
 新兵器オーラ・ソード・ライフルを装備している。
 最終話では黒騎士のガラバと一騎討ちになり、右腕と左脚を失った後、
 至近距離射撃を受けて上半身そのものが消失。
 その後、シーラが浄化を行った際に爆発四散した。”となっています!

2009年5月17日

機動戦士ガンダム SEED THE HYPER HYBRID MODE 3rd バンダイ製 トレーディングフィギュア(食玩)

 こんにちは~!
本日の更新は、たな卸しに向けての倉庫整理した関係で
倉庫の奥のほうから見つけてきました発掘商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”機動戦士ガンダム SEED THE HYPER HYBRID MODE 3rd”となっております!

 この商品は、
”人気の”SEED THE HYPER HYBRID”に待望の新作が登場!
 前作よりハイクオリティー&ビッグボリュームとなっています!”となっています!

 ラインアップされている機体は
”ストライクフリーダムガンダム。ディスティニーガンダム、
 ストライクガンダム、ストライクルージュ、ディスティニーガンダム OPシルエット”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・機動戦士ガンダム SEED THE HYPER HYBRID MODE 3rd
bandai_seed_hybrid_3_1.jpgbandai_seed_hybrid_3_2.jpgbandai_seed_hybrid_3_3.jpgbandai_seed_hybrid_3_4.jpgbandai_seed_hybrid_3_5.jpgbandai_seed_hybrid_3_6.jpgbandai_seed_hybrid_3_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ストライクフリーダム”の劇中での活躍は
”初登場は第39話。
 コロニー・メンデルでの調査活動中にザフトに発見され追撃を受けるエターナルに搭載されており、
 ブースター付きのストライクルージュで救援に駆けつけたキラ・ヤマトとランデヴーを果たした結果、
 彼の手に渡った。
 キラは追撃隊を相手に新たに装備された「スーパードラグーン」や
 フリーダム譲りの「マルチロックオンシステム」を利用したハイマットフルバーストなどで、
 グフイグナイテッド、ザクウォーリア他25機を2分余りで戦闘不能に陥れ、
 更にナスカ級3隻の動力部のみを破壊、撃沈する事なく戦闘不能にした。
 第42話で、ラクスを乗せたインフィニットジャスティスガンダムと共にオーブに降下。
 デスティニーにより撃墜寸前まで追い詰められていたアカツキを救う。
 本機はその場を引き受けデスティニーとの戦闘に突入、決着は付かず、
 状況不利と見たデスティニーが補給の為退いた。
 更にオーブに上陸したザフトMS部隊を多数戦闘不能にした。続く43話では補給を終えたデスティニーと
 レジェンドの挟撃に遭うが、アスランがインフィニットジャスティスで加勢に入りデスティニーとの戦闘に入った為、
 本機はレジェンドを相手取るものの決着は付かず。
 戦略目標だったロード・ジブリールの逃走を許したザフトは撤退、オーブ防衛に成功した。
 アークエンジェルが正式にオーブ軍に編入されてからは、アークエンジェルと共に再び宇宙に上がり、
 49話でミーティアとドッキングし、ステーション・ワン攻防戦で活躍。
 インフィニットジャスティスとたった二機で多数のザフト兵を退け、ステーション・ワンを破壊。
 最終話では、レジェンドとの史上初のドラグーン同士の撃ち合いの末に、これを撃破。
 その後、再びミーティアとドッキングし、エターナルと共に宇宙要塞メサイアを陥落させる。
 要塞内部に侵入(映像上の描写はないが、この直後にミーティアを分離している)し、
 本機を離れたキラはデュランダルとの決着を付けるべく彼と対峙。
 全てが終わった後、再び本機に戻り、崩壊するメサイアから脱出した。
 本機の停戦後の処遇については、作品中では一切語られていない。
 プラントに帰還するラクス・クラインのエターナルに随伴している姿が、
 映像上で確認されている本機の最後の様子である。”となっています!

2008年6月29日

ロード オブ バイストンウェル Vol.4 レプラカーン バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日4回目の更新は、発掘商品から!
今回ご紹介する商品は、大人気の”SIC”シリーズからのスピオフ商品として発売された
”ロード オブ バイストンウェル”シリーズの第4弾
”ロード オブ バイストンウェル Vol.4 レプラカーン”を発掘致しましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”ロード オブ バイストンウェルシリーズ第4弾はレプラカーン!
 数あるオーラバトラーの中でも屈指の人気を誇るレプラカーンを、リアル&ハイクオリティで立体化!”となっています!
 
 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ロード オブ バイストンウェル Vol.4 レプラカーン
bandai_sic_repura_1.jpgbandai_sic_repura_2.jpgbandai_sic_repura_3.jpgbandai_sic_repura_4.jpgbandai_sic_repura_5.jpgbandai_sic_repura_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”レプラカーン”の機体説明は
”レプラカーンはアニメ『聖戦士ダンバイン』に登場したオーラバトラー。
 名前の由来はアイルランドの妖精レプラコーン。
 オーラバトラービランビーの火力を強化した発展型であるが内装火器が優先された結果、
 装甲やマルスが簡素化された為にパワーが落ち、総合的なバランスが悪く扱いが難しいとされる。
 機体色は赤燈色。 武装は右手にフレイボム(火焔砲)、
 左手にオーラソードを収納する固定式の盾(オーラショットを一門と射出式ワイヤー付きクロー二基を内蔵)。
 股間にボールマウント式単装オーラキャノン。オーラコンバーター上に四連装オーラバルカン。
 両足に有線誘導式手榴弾(グリネイド)を一個装備。又、劇中では頭部にもオーラバルカンが二門存在し、
 その牙も格闘戦武器として使用可能な様である。
 試作段階ではバーン・バニングスが搭乗。その後ジェリル・クチビやフェイ・チェンカら聖戦士に支給された。
 量産されて一般兵士にまで行き渡ったのはビランビーの量産と同時期であるが、
 おそらくよりコストがかさむ事と前述の不安定さから、ビランビーよりは生産数は少ない。
 初めてハイパー化を引き起こした機体でもある。”となっています!