2012年6月10日

ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ダン・オブ・サーズディ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になっておありました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ダン・オブ・サーズディ”となります!

 この商品は、
”タキシードは空を舞う”
 ”ガン×ソード”より、”ソード”を操る主人公ヨロイ”ダン・オブ・サーズディ”登場!
 これまでのイベントでユーザーからの高い商品化希望を受け、
 ROBOT魂”ガン×ソード”から”SIDE YOROI”展開開始!
 主人公ヴァンがあやつる”ダン・オブ・サーズデイ”を商品化!
 全身のケーブルはリード線を使用するこで邪魔することなく
 豊富な可動域でのソードを使った大胆なアクションを再現可能です”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ダン・オブ・サーズディ
bandai_robot_dansa_1.jpgbandai_robot_dansa_2.jpgbandai_robot_dansa_3.jpgbandai_robot_dansa_4.jpgbandai_robot_dansa_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”オリジナル”の説明は
”オリジナル7用ヨロイは他のあらゆるヨロイを凌駕する性能を誇るが、
 その代償として搭乗者に身体に神経電気の増幅を目的とした改造手術
 (ヨロイインターフェイスの移植・各種調整)を施さなければならない。
 人間の脳神経に流れる微弱な電流だけでは、まともに作動させることすらできなかったためである。
 本作ではこの手術を受けた者を "オリジナル" と呼称する。
 現在のオリジナル7で改造手術を施されている者は先代からのメンバーである
 ガドヴェド、ヨロイ改良以前にダンの操縦者になった欠員メンバー・ヴァンの2人のみである。
 オリジナルになると身体(ヴァンの場合は胸)に刺青の様な痕跡ができ、
 外見的にはこの有無で一般人と区別できる。
 また彼らには定期的にヨロイに乗らなければ生命維持ができないという
 技術的な制約が課せられている(G-ER流体を体内に取り込むため)。
 そのため、ヨロイに一定期間(最長で1週間程度)搭乗しなかったり、
 ヨロイやサテライトベースが破壊されたりすると、生命維持機能が失われ、乗り手には死が待っている。
 その代わり、この制約を守っている間は限りなく「不死身に近い身体」を得られる。
 基本的に、武装は各々の機体がモチーフにした格闘専用の武器と電磁シールドのみであったが、
 カギ爪のメンバー(ガドヴェド以外)のヨロイには追加で火器が搭載されている。”となっています!

2012年1月 2日

ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ヴォルケイン バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、このお正月に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ヴォルケイン ”となります!

 この商品は、
『ガン×ソード』の『ガン』を操るライバル機『ヴォルケイン』!
 「ガン×ソード」より2011年9月発売予定
 「ROBOT魂 ダン・オブ・サーズデイ」のライバル機「ヴォルケイン」が登場!
 豊富な「ガン」が付属し、中でも「ビームランチャー」の全長は本体の2倍以上の大ボリューム!
 印象的なマントパーツも付属し劇中の印象さながらのライフルポーズを再現可能です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ROBOT魂 〈SIDE YOROI〉 ヴォルケイン "
bandai_robot_vorukein_1.jpgbandai_robot_vorukein_2.jpgbandai_robot_vorukein_3.jpgbandai_robot_vorukein_4.jpgbandai_robot_vorukein_5.jpgbandai_robot_vorukein_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”レイ・ラングレン”のキャラクター紹介は
”声 - 櫻井孝宏
 武士のような身なりで、腰に刀の形をした銃を携える精悍な顔つきの青年。
 彼もヴァン同様、妻・シノを殺した「カギ爪」を追う復讐者である。
 物であれ、人であれ、復讐の障害になるすべてのものを無表情で排除する冷酷な面をもつが、
 実の弟であるジョシュアを気遣う一面も見せる。
 ジョシュアによれば昔はもの静かで優しい性格であったとのことで、
 復讐のために過去の自分を捨てて修羅となった経緯が窺い知れる。
 妻が設計を担当した、その形見と言うべきヨロイ「ヴォルケイン」に搭乗し、
 その特性を活かして普段は地中を移動する。
 カギ爪に関する情報では一歩先を行くヴァン達の足取りを利用し、追跡している。
 当初は同じ仇をもつヴァンとは敵対関係にあり、どちらが先にカギ爪を殺すかを巡って何度も刀と銃を交えている。
 最終的には彼の行動が物語の重要な鍵を握る事になった。
 なお、第24話のエンディングは彼に合わせた特別版となっている。”となっています!