2012年3月11日

リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00F 篁唯依機 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00F 篁唯依機”となります!

 この商品は、
『トータル・イクリプス』のヒロイン篁唯依中尉搭乗の黄色い武御雷!
 豊富な兵装オプション(74式近接戦闘長刀、87式突撃砲、00式近接戦闘用短刀)が付属。
 跳躍ユニットを6mmダブルジョイントで両腰に装填、好きな方向へ動かせます。
 可動兵装担架を6mmダブルジョイントで背中に接続、各種ポージングに対応します。
 兵装担架には、74式近接戦闘長刀と87式突撃砲をさんで保持できます。
 00式近接戦闘用短刀を両腕前腕の装甲裏に差込んで装填可能。
 武器保持用と状況指揮用のオプションハンド4種がイメージを盛上げます。
 戦闘長刀を両手で構えた斬撃シーン、突撃砲を構えた射撃シーンなど、
 機体の躍動感を演出するポージングが可能。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00F 篁唯依機
kai_rv_mab_takemika_yui_3.jpgkai_rv_mab_takemika_yui_74.jpgkai_rv_mab_takemika_yui_1.jpgkai_rv_mab_takemika_yui_2.jpgkai_rv_mab_takemika_yui_5.jpgkai_rv_mab_takemika_yui_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”00式戦術歩行戦闘機「武御雷」”のキャラクター紹介は
”82式「瑞鶴」の退役を控えて開発された帝国斯衛軍専用の第3世代純国産戦術機。
 途轍もなく高性能な戦術機であり、斯衛軍のシンボルともなっている。
 斯衛軍の戦術思想を反映するかのように剣術を主体とした近接格闘性能に特化しているが、
 その反面、自律誘導弾システムや追加装甲(盾)の装備・運用はほとんど考慮されておらず
 (ただし、国連軍A-01部隊に貸与された一部の機体には追加装甲を携行したケースも見られる)、
 また、整備性・生産性・汎用性を犠牲にしてでも高性能化を極限まで追求した設計のため、
 機体を稼動させるには職人的技術を持つ
 専属の整備チームが随伴するほどの高度な整備支援体制が必要となることからも、
 恒常的な運用はほとんど日本帝国国内に限定されているともいえる。
 年産30機程度の生産が限度のため、2001年現在、将軍専用機及び五摂家出身者、
 五摂家の警護を担当する独立警備小隊、斯衛軍最精鋭とされる第16斯衛大隊にのみ配備される程度にとどまっている。
 この「武御雷」は将軍専用機(紫)及び五摂家(青)のR型、五摂家に近い有力武家(赤)と譜代武家(黄)のF型、
 一般武家出身者(白)のA型、武家出身ではない一般衛士用(黒)のC型等、
 衛士の出身によって冠位十二階に準じた色分けがされているが、
 これは周囲に展開する兵士の士気を高揚させると同時に、
 操縦する衛士自身にも「出身に恥じない戦い」を心がけさせる心理的効果を狙う側面もある。
 また、将軍専用機及び五摂家が使用するR型と武家以上の衛士が使用するF・A型、
 一般衛士用のC型では頭部の装飾・形状や装甲の表面処理方法、機体出力(性能)などに違いがあり、
 その中でも将軍専用機である紫のR型に至っては
 完全なワンオフチューンアップが施され、生体認証によるロック機構まで備えている。
 武たちの「吹雪」が搬入された際に月詠が冥夜専用の戦術機としてR型(紫)を横浜基地に搬入させたが、
 特別扱いを嫌った冥夜は受け取りを拒み、実戦では桜花作戦で使用したのみである。
 また桜花作戦時には第19独立警備小隊で運用されていた
 F型(赤)1機とA型(白)3機が国連軍A-01部隊に貸与されているが、全機が大破している。
 この他に、国連軍としてシベリアに派遣された極寒冷地仕様機(F型及びC型、全機「UNブルー(青)」で統一)や、
 国連による先進戦術機技術開発計画に持ち込まれた機体(F型(黄))も存在する。
 なお、余談だが帝国軍でも武御雷の導入が検討されたものの、
 途轍もない高性能に比例するように1機あたりの調達費用と維持管理コストも途轍もなく高いことや、
 軍用機として運用する上での必須条件となる整備性・生産性・汎用性などが極めて低い点もあり、
 わずか数日で導入を断念することになったという話もある。”となっています!

リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ EF-2000 タイフーン ヴィルフリート・アイヒベルガー機 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ EF-2000 タイフーン ヴィルフリート・アイヒベルガー機”となります!

 この商品は、
『巨大なMk-57中隊支援砲を装備!ツェルベルス大隊指揮官機“黒き狼王”登場』
 漆黒のタイフーンはグレートブリテン防衛戦の七英雄の1人、
 ヴィルフリート・アイヒベルガー少佐搭乗機。
 Mk-57中隊支援砲は、支えのバイポッドを4mmジョイント2個で接続。
 展開時と収納時を再現可能。
 跳躍ユニットを6mmダブルジョイトで両腰に装着、フレキシブルに可動。
 可動兵装担架システムを6mmダブルジョイントで背中に接続、各種ポージングに対応。
 可動兵装担架システムには、BWS-8長刀とGWS-9突撃砲を挟んで保持可能。
 武器保持用と状況指揮用のオプションハンド4種がイメージを盛上げます。
 Mk-57中隊支援砲を両手で構えた射撃シーン
 BWS-8長刀を構えた襲撃シーンなど機体の躍動感を演出するポージングが可能。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ EF-2000 タイフーン ヴィルフリート・アイヒベルガー機
kai_rv_mab_ef2000_aihiberu_1.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_2.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_3.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_5.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_4.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_6.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_7.jpgkai_rv_mab_ef2000_aihiberu_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

2011年10月17日

リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ Series No.003 EF-2000 タイフーン ツェルベルス大隊仕様 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ Series No.003 EF-2000 タイフーン ツェルベルス大隊仕様”となります!

 この商品は、
”メインオプションはバイポッドが展開するMk-57中隊支援砲!
 西独ツェルベルス大隊機がリボルテック化!
 Mk-57中隊支援砲は、支えのバイポッドを4mmジョイント2個で接続。
 展開時と収納時を再現可能。
 跳躍ユニットを6mmダブルジョイントで両腰に装着、フレキシブルに可動。
 可動兵装担架システムを6mmダブルジョイントで背中に接続、
 各種ポージングに対応。
 可動兵装担架システムには、BWS-8長刀とGWS-9突撃砲挟んで保持可能。
 武器保持用と状況指揮用のオプションハンド4種がイメージを盛上げます。
 Mk-57中隊支援砲を両手で構えた射撃シーン、
 BWS-8長刀を構えた
 襲撃シーンなど機体の躍動感を演出するポージングが可能。!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ Series No.003 EF-2000 タイフーン ツェルベルス大隊仕様
kai_rivo_taihu_mabura_1.jpgkai_rivo_taihu_mabura_2.jpgkai_rivo_taihu_mabura_3.jpgkai_rivo_taihu_mabura_4.jpgkai_rivo_taihu_mabura_5.jpgkai_rivo_taihu_mabura_7.jpgkai_rivo_taihu_mabura_8.jpgkai_rivo_taihu_mabura_10.jpgkai_rivo_taihu_mabura_9.jpgkai_rivo_taihu_mabura_11.jpgkai_rivo_taihu_mabura_12.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”EF-2000「タイフーン」”の機体紹介は
”欧州連合の戦術機共同開発計画「ECTSF計画」によって開発された次期主力第3世代戦術機。
 英国、西ドイツなどが開発計画に参加している。肩、前腕、脚部にカーボンブレードが装備され、
 近接格闘能力の強化に重点を置かれているが、
 同時に西独軍仕様のハルバード「BWS-8“フリューゲルベルテ”」や
 英軍仕様の大剣「BWS-3“フォートスレイヤー”」などの格闘用装備を運用することからも、
 同様に長刀による近接戦闘を主眼とした戦術機の開発・運用を行っている
 日本帝国からの技術提供があったと言われている。
 また、一方でMk-57中隊支援砲などの重火器も開発されており、
 火力支援にも力を入れていることを窺わせる。
 ちなみに、このMk-57中隊支援砲は日本帝国でも「02式中隊支援砲」として制式採用されているが、
 その採用手続きがあまりにも迅速に進んだため、
 欧州への戦術機開発技術の提供との交換取引があったのではないかとの噂もある。
 なお、漆黒に塗装された第44戦術機甲大隊“ツェルベルス”大隊長専用機の
 驚異的な機動を目の当たりにした衛士の間で一時期
 「“黒き狼王”のタイフーンは特別仕様機ではないか」という噂が広まったが、
 実際には外見が違うのみで、基本性能は一般機と全く同じ
 (要するに、「驚異的」な戦術機動はアイヒベルガー少佐の天才的な操縦技能によるもの)である。
 マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ 憧憬では
 ユーロスファイター社のテストヘッドを務めているらしく
 主機などの一部の性能が上がっているとのこと!”となっています!