2010年11月17日

1/100スケール プラモデル 電脳戦機バーチャロン 7TG-11-M ガラヤカ(きゃい~ん ふろむ ざ すかい) ハセガワ模型製 プラモデル

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/100スケール プラモデル 電脳戦機バーチャロン 7TG-11-M ガラヤカ(きゃい~ん ふろむ ざ すかい)”となります!

 この商品は、
”シチュエーションの違いによる、バリエーションキット!
 特殊入力技”きゃい~ん ふろむ ざ すかい”を再現!
 別売りの新製品”ホログラムフィニッシュ”を貼ると効果倍増です!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/100スケール プラモデル 電脳戦機バーチャロン 7TG-11-M ガラヤカ(きゃい~ん ふろむ ざ すかい)
hasegwawa_garayaka_sly_1.jpghasegwawa_garayaka_sly_2.jpghasegwawa_garayaka_sly_3.jpghasegwawa_garayaka_sly_4.jpghasegwawa_garayaka_sly_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ガラヤカ”の機体紹介は
”型式番号VR-11。ガラヤカのオリジナル。
 ヤガランデの実体化を防ぐため、C.I.S.からその性質の一部である幼子のような要素を取り込んで
 制御することを目論んだが、逆に実体化を促進する結果となり封印されている。
 プラジナー博士が残した手紙には失踪する原因の一つがこの機体にあることが仄めかされ、
 ガラヤカ自身も封印を解除するためにプラジナー博士が現れるのを待っている。
 ヤガランデの影響なのか、あらゆるものを殺戮・破壊する願望を抱いている。
 また、「フォース」「マーズ」に登場するヤガランデの幻影と頭部デザインが似ており、
 互いに影響を及ぼしていることが窺われる。”となっています!

2010年11月14日

電脳戦機バーチャロン COMPOSITE Ver.Ka テムジン バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”電脳戦機バーチャロン COMPOSITE Ver.Ka テムジン”となります!

 この商品は、
”対戦型3Dアクションシューティングゲームとして
 1990年代のエポックメイキングであった「電脳戦機バーチャロン」の
メイン機体「テムジン」が「COMPOSITE Ver.Ka」として発進!
 カトキハジメ氏のオリジナルメカが、14年の歳月を越え自身の手で再構築ー!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・電脳戦機バーチャロン COMPOSITE Ver.Ka テムジン
bandai_ka_temuzin_1.jpgbandai_ka_temuzin_2.jpgbandai_ka_temuzin_3.jpgbandai_ka_temuzin_74.jpgbandai_ka_temuzin_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”テムジン”の機体紹介は
”人類初の量産型バーチャロイドで、ヒーロー然とした外見のバーチャロイド。
 ビームランチャーとソードが一体となった多目的ビームランチャー
 『MPBL(Multi Pul Beam launcher)シリーズ』を携行し、敵の攻撃を相殺するボムも持っている。
 極めて汎用性が高く、柔軟な運用を可能とする機体であるため、
 戦場の主役として常に最前線で用いられている。
 形式名のMBVは、主戦闘バーチャロイド(Main Battle Virtuaroid)の略。
 DN社内部の0プラントが生産を行っている。
 ゲームにおいては、標準的な機体で、
 機動性・射撃能力・武器チャージ速度・防御力・近接格闘能力すべてが
 高いバランスでまとめられているため、初心者から上級者まで幅広く使うことができる。
 操作アドバタイズデモに登場する黄色と白のカラーリングの教習用テムジン(MBV-04-F)は
 家庭用版のみでプレイヤーが使用可能となっている。”となっています!