2009年10月14日

装甲騎兵ボトムズ 1/12 ATM-09-STTC スコープドッグ ターボカスタム やまと製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、さきの土日で倉庫整理をしていたら発掘できました
懐かしの?商品をご紹介させていただきます!
こちらの商品は、恐らく当社在庫のみとなります。
数に限りがありものもありますので、ご入用の商品がありましたらお早めに御願いいたします!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”装甲騎兵ボトムズ 1/12 ATM-09-STTC スコープドッグ ターボカスタム”となっております!

 この商品は、
”レッドショルダー部隊専用カスタム機として使用された、
 スコープドッグターボカスタムが1/12スケールでついに登場!
 その最大の特徴である脚部に内蔵されたロケットブースターの展開を完全再現。
 また脚部装甲カバーを外すと内部メカも見ることが出来ます。
 降着ポーズは膝立ち状態での降着を可能とし、劇中のイメージを再現できます。
 脚部以外にも腕パーツやバイザーパーツ、アンテナも形状修正し、
 後部アーマーも新規パーツを使用するなど、ターボカスタムの決定版となる待望のアイテムです。”となっています!!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・装甲騎兵ボトムズ 1/12 ATM-09-STTC スコープドッグ ターボカスタム
yamato_tabokasutamu_1.jpgyamato_tabokasutamu_2.jpgyamato_tabokasutamu_3.jpgyamato_tabokasutamu_4.jpgyamato_tabokasutamu_5.jpgyamato_tabokasutamu_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”スコープドッグ・ターボカスタム”の期待解説は
”形式番号:ATM-09-STTC
 『ザ・ラストレッドショルダー』で初登場。
 スコープドッグの派生型のひとつで「タイプ20」と呼ばれることもある。
 脚部に高機動用装備であるジェットローラーダッシュ機構が増設されている。
 これにより素晴らしい加速力を誇るが操作性は劣悪。
 一般のパイロットには制御しかねる性能であり、また負荷による部品の消耗も激しい。
 レッドショルダー部隊所属の上級曹長であったグレゴルー・ガロッシュの発案による開発という、
 ムック「ボトムズ・オデッセイ」での非公式設定がある。
 『ザ・ラストレッドショルダー』にてキリコ達はレッドショルダーで運用されていたものを参考に、
 スクラップの標準型スコープドッグから4体のターボカスタムを作った。
 そのためOVA『野望のルーツ』に登場する純正部品で組み上げられた機体とは一部仕様が異なり、
 部品の信頼性にも疑問が残る仕上がりとなったが、発案者のグレゴルー自身が改造の指揮を執っていたため、
 性能はレッドショルダー部隊で運用されていたオリジナルの機体にひけをとらなかった。
 他には『コマンドフォークト』『ペールゼン・ファイルズ』にも登場。
 デザインはスコープドッグ同様に肩フックや腕、足等が新設定の物に変更されている。
 『コマンドフォークト』ではフォークトが搭乗し機体が破壊されるまで使用続けた。
 頭部のアンテナが通信機能を強化した物なっている。
 『ペールゼン・ファイルズ』では10話から登場しバーコフ分隊を含めた総勢300人のISS部隊が使用した。
 ミッションパックは新設定の物で
 左側には宇宙空間での姿勢制御に使用するジャイロバランサーが装備されている。
 『ザ・ラストレッドショルダー』では、重装備によるデッドウェイトを減らすため、
 不要な武装のパージを採用している。”となっています!

2008年10月20日

1/18スケール DMZ-06 スコープドッグ (リド戦Ver.) With ミクロアクション キリコ・キュービー タカラ・トミー製 フィギュア

こんにちは~!
本日11回目の更新も、タカラさんが展開している人気の”装甲騎兵ボトムズ”から
大人気のまま完売になっています”DMZ”シリーズを
特殊ルートから若干数ずつですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”シリーズ最高傑作の「DMZ-01 スコープドッグ」をパワーアップ!
 DMZのコンセプトである「高品質」を
 スタンダード商品として低価格で実現しました!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/18スケール DMZ-06 スコープドッグ (リド戦Ver.) With ミクロアクション キリコ・キュービー
takara_dmz_6_1.jpgtakara_dmz_6_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)
 
 WIKIによる”スコープドッグ”の機体説明は
”形式番号:ATM-09-ST
ギルガメス軍制式AT。ミッド級に分類される。
 様々な武器・アタッチメントを交換・追加することにより戦場を選ばない。
 ギルガメス軍では優れた工業製品として高く評価され、最も多く生産されているATであり、
 スコープドッグよりも高性能なATが開発されているにもかかわらず
 数十年に渡って主力機であり続けているという傑作機。開発元はメルキア星のアデルハビッツ社。
 本機の特徴は驚くほどの汎用性の高さにあり、上半身と背部を中心に様々なアタッチメントの換装が可能なため、
 宇宙空間における戦闘やパラシュート降下、武装追加などが容易に可能となっている。
 主人公キリコ・キュービィも愛用し、劇中においてもほとんどスコープドッグ系のATを操縦するが、
 TVシリーズのクエント編ではATM-09系に一度も搭乗していない。
 なお、本作品においてATは壊れたら乗り換える一般兵器であり、キリコも例外なく不要になると乗り捨てていく。
 背部に装着して運用する装備として降下作戦用の「パラシュートザック」、
 宇宙空間戦闘用の「ラウンドムーバー」、長距離行軍用の「ミッションパック」などがある。
 主なバリエーションとしては、後述されるマーシィドッグの他にゲーム『鋼鉄の軍勢』に登場する
 雪原用ATであるアバランチドッグ、同『鋼鉄の軍勢』及びOVA『機甲猟兵メロウリンク』に登場する
 山岳用のバウンティドッグ、警備用のライアットドッグ、
 TVシリーズから32年後を舞台としたOVA『赫奕たる異端』に登場する高機動強襲型である
 バーグラリードッグ等がある。
 また、1/35プラモデルには、「デザートドッグ」という機体の描きおろしイラスト(大河原邦男)が同梱されている。
 これはスコープドッグを民生用部品を用いて現地改修した砂漠戦仕様機で、
 サンドトリッパー等の本格的な砂漠戦用装備は持たない。
 ゲームブック『復讐の惑星シド』では、局地戦用のブリザードドッグ(ATM-09B)が登場する。
 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』では、肘部の二重関節化など
 細部のディテールがアップデイトされたバージョンが登場した。
 これはオリジナルデザイン(TV版)の発表から二十年以上経過したスコープドッグの設定を
 今日の目でリニューアルする意味合いによるものだが、一方で、
 このタイプは数あるローカルバリエーションの一種であり、
 旧デザインのスコープドッグと共に同じ世界観の中に別々に存在するものであるという解釈
 (WAVE製1/24プラモデル広告の注意書きより)もある。
 ギルガメス軍の標準機体色は緑(脚部など一部に象牙色を用いる)だが、
 メルキア軍精鋭部隊所属の機体色は紫。”となっています!

1/18スケール DMZ-04 DMZ-04 ラビドリードッグwithキリコ・キュービー タカラ・トミー製 フィギュア

こんにちは~!
本日9回目の更新は、タカラさんが展開している人気の”装甲騎兵ボトムズ”から
大人気のまま完売になっています”DMZ”シリーズを
特殊ルートから若干数ずつですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”降着ギミック完全再現!
 H級ATの為、DMZ-01よりコクピットは広く、
 簡単にキリコを搭乗させれることが可能です!
 ボタンで爆雷ギミック発動!足裏のサンドローラーはゴム製!
 しかも机上で動かせ、ローラーが回転します!
 ゴーグルがはずせ、中からキリコの顔が見える新造系!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/18スケール DMZ-04 DMZ-04 ラビドリードッグwithキリコ・キュービー
takara_dmz_4_1.jpgtakara_dmz_4_2.jpgtakara_dmz_4_3.jpgtakara_dmz_4_4.jpgtakara_dmz_4_5.jpgtakara_dmz_4_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ラビドリードッグ”の機体説明は
”形式番号:XATH-02-DT
 ワイズマンの天体プラントで開発され、TV版においてキリコが最後に搭乗したヘビィ級AT。
 当初ストライクドッグの量産型として設計されていたが、
 惑星クエントへ向かうキリコ専用機として脚部にサンドトリッパー(履帯型砂漠用走行装置)を装備している。
 標準ズームレンズが防弾版で補強された角形になり、赤外線精密レンズが2基から1基に減らされ、
 頭部センサーの構造がより頑丈かつ単純化している。
 ペイロードとピークレベルの関係で短時間戦闘においてはストライクドッグに劣るが、
 長時間戦闘での総合性能ではストライクドッグを上回るという(タカラ『3Dジャーナル』に記載された解説による)。
 物語終盤でキリコの能力と相まって無類の強さを見せつけた機体であり、軍の公式記録は残されていないが、
 おそらくアストラギウス銀河において1回の戦闘において最も撃破数が多い機体であると思われる。
 ワイズマンのプラント消滅空域において設計データが発見され、
 OVA『ビッグバトル』劇中ではメルキア軍に正式採用されていた模様。
 PS専用機ではなくデチューンされた通常型で、ギルガメスの形式名ではATH-12である。
 またPS用ゲーム『鋼鉄の軍勢』では、雪原仕様のフィアズリードッグ(ATH-12-SNC)が登場する。
 武装はX-SAT-06ハンディソリッドシューター、左腕内装銃、
 ストライクドッグの物より大型化し破壊力を増大させたアイアンクロー、
 爆雷投下装置付きバックパック。”となっています!