2009年9月24日

BRAVE合金27 ラインバレル modo-B 宮沢模型限定 城崎絵美フィギュア付属 シーエムズコーポレーション製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この連休注に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”BRAVE合金27 ラインバレル modo-B 宮沢模型限定 城崎絵美フィギュア付属”となっております!

 この商品は、
”ボディカラーが白から黒へと変化し、その秘められた驚異的戦闘力を見せつけたラインバレルのもう一つの形態
 「mode-B」が宮沢模型限定のBRAVE合金として登場です!
 「mode-B」も通常版のラインバレル同様のギミックを搭載し、ラインバレルのアクションを楽しむ事が出来ます!
 さらにボーナスアイテムとして作品のヒロインであり、
主人公「早瀬浩一」と同じくラインバレルのファクター(パイロット)である
「城崎絵美」のスペシャルフィギュアが付属します!
 フィギュアは城崎の美しいプロポーションを完全再現! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・BRAVE合金27 ラインバレル modo-B 宮沢模型限定 城崎絵美フィギュア付属
cms_brave_rainnbareru_b_1.jpgcms_brave_rainnbareru_b_2.jpgcms_brave_rainnbareru_b_3.jpgcms_brave_rainnbareru_b_4.jpgcms_brave_rainnbareru_b_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ラインバレル modo-B”の機体説明は
”絵美の搭乗によって発現した形態。
 その際、「カウンターナノマシン」の効果によって機体色が通常の白から黒へと変わる。
 ファクターを搭乗させたままでの連続転送「オーバーライド」が可能であり、圧倒的な戦闘力を見せる。
 オーバーライドは「ファクターの生命に危険が及ぶ」ため、
 カウンターナノマシンがその負荷を軽減する役割を果たしている。
 カウンターナノマシンは絵美の搭乗時しか起動できないが、浩一の搭乗時でもオーバーライドは可能。
 ただし、カウンターナノマシンを起動できないため、身体への負担は増大している模様。
 浩一の搭乗時は、機体色は通常通り白のままである。
 絵美が長時間搭乗できないため、この形態でいられる時間は限られている。
 テレビアニメ版では、この形態を「ラインバレル mode-B」と呼称する。
 浩一の搭乗時でも、機体色は黒へと変化する。”となっています!

2009年2月16日

アルティメットソリットEX 鉄のラインバレル バンダイ製 トレーディングフィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に完売になってしまった商品などで
再手配をさせていただきました商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただく商品は、
”アルティメットソリットEX 鉄のラインバレル”となっています!
 
 この商品は、
”今大注目の「鉄のラインバレル」に登場する
 ロボットをリアルフィギュアにてリリース!!”となっています!

 ラインアップされている機体は
”ラインバレル、ラインバレル・オーバードライブ、
 ハインド・カインド、ヴァーダント、デイスイーブ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・アルティメットソリットEX 鉄のラインバレル
bandai_arutexiEX_rainnbareru_1.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_2.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_3.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_4.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_5.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_6.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_7.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_8.jpgbandai_arutexiEX_rainnbareru_9.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ディスィーブ”の機体説明は
”【全長:56.2m / 頭頂高:54.0m / 重量:117.5t / 機体色:灰桜 / ファクター:遠藤 シズナ・イズナ(注)】
 槌のような人型からはかけ離れた外見と2人の操縦者が存在するといった特徴を持ち、
 現存するマキナの中で唯一の非戦闘型マキナである。
 両肩に付けられた巨大なユニット内に「ナーブ(神経)クラック」と呼ばれる
 対マキナ用有線伝達神経破壊・改竄針を片側6本、計12本持ち、
 これを対象機体に突き刺す事でパイロットに嘘情報(つまり幻覚)を送り込む。
 それがたとえ幻覚と解っていても機体から降りない限り逃れることは出来ない。
 また、ナーブクラックは敵の捕獲や互いに絡み合わせることで防御などにも応用できる。
 機体名は英語で「騙す・欺く」を意味する"deceive"から。イメージは般若である。
 意匠は「丸に三つ鏡」。
 ※注
 現時点でラインバレル以外に「ファクターが二人いる」マキナはいないとされている
 (ディスィーブはあくまでも「二人乗りのマキナ」であるとされている)。
 遠藤姉弟のうち、無線ナーブクラックの影響を受けたのがイズナだけだった事や、
 「ファクターの目」の描写があるのがイズナだけであるところから、ファクターはイズナであり、
 シズナは双子であることを前提に開発された
 操縦システムの操縦者なのではないかとも推察できる。”となっています!