2008年7月26日

超合金魂 GX-42 鋼鉄神ジーグ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日2回目の更新は、昨日入荷してきましたバンダイさんの商品から
”超合金魂 GX-42 鋼鉄神ジーグ”がホビネでは発売後好調に御注文が入っているため再手配致しましたのでご紹介させていただきましす!

 この商品は、
”2007年にWOWOWで放映された「鋼鉄神ジーグ」より鋼鉄神ジーグが登場!
 全長約160mmの本体は劇中さながらに各部位に分解でき、
 ジョイントやマグネット接合により『ビルドアップ!』を再現可能。
 「ナックルボンバー」「地獄ビンタ」「ジーグブリーカー」などの
 様々な武装を再現するギミックやオプションパーツも用意されており、
 全身の可動と合わせてジーグの豪快なアクションを楽しめるアイテムとなっています。
 また、交換武装となる「ジーグバズーカ」「マッハドリル」も付属し、
 マグネット接合による合体が可能となっています。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超合金魂 GX-42 鋼鉄神ジーグ
bandai_goukin_zi-gu_00.jpgbandai_goukin_zi-gu_0.jpgbandai_goukin_zi-gu_1.jpgbandai_goukin_zi-gu_2.jpgbandai_goukin_zi-gu_3.jpgbandai_goukin_zi-gu_4.jpgbandai_goukin_zi-gu_5.jpgbandai_goukin_zi-gu_6.jpgbandai_goukin_zi-gu_7.jpgbandai_goukin_zi-gu_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”鋼鉄神ジーグ”の機体説明は
”ビルドベースが作り上げた、新しいジーグ。
 先代同様、戦況によりパーツ交換ができる。
 先代鋼鉄ジーグとジョイントが同じであり、旧ジーグパーツも使用可能で武装や技も同類と見られる。
 剣児が乗るHMB雷鋼馬が変形しコクピットを内蔵した頭部が先代と異なる。
 ジーグパーツやオプション武装はビッグシューターのコンテナ部分から射出されるが、
 TPOに応じてギガシューターからも射出される場合がある。
  公式サイトでは鋼鉄神ジーグと紹介されているが、劇中では第1話で「鋼鉄ジーグ」と呼ばれ、
 以降は「鋼鉄ジーグ」ないし「ジーグ」としか呼ばれていない。
 第2話で妃魅禍が銅鐸の力を感じており、初代同様に銅鐸が頭部に内蔵されている。
 またビルドアップには銅鐸の力を利用しているようで、
 銅鐸を奪われた第10話ではビルドアップ出来なかった(これは宙のジーグも同じ)。
 最終決戦時に2つの銅鐸の力によりバルバの力を持った「鋼鉄神ジーグ」となる。
 (司馬博士の「あれはまさしく鋼の神、鋼鉄神ジーグ」という台詞と最終話タイトル「鋼鉄神になれ!」に
 鋼鉄神という言葉が出るのみで、「鋼鉄神ジーグ」という呼称を剣児は劇中使わなかった)”となっています!