2008年2月16日

ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編 メガハウス製 トレーディングフィギュア

 こんにちわ~!
本日3度目の更新は、おとといあたりにメガハウスさんから発売された新商品
”ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編”
の再手配分が本日入荷してきましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”ロボットアニメの歴史に欠かせないサンライズ作品から、
 人気のロボがディフォルメタイプのフィギュアとなって完成!
 玩具菓子「ULTIMATE BRAVES(アルティメットブレイブス) ロボ列伝 -サンライズ編-」が、メガハウスより発売される。
 『無敵超人ザンボット3』『伝説巨神イデオン』『戦闘メカザブングル』『装甲騎兵ボトムズ』『機甲戦記ドラグナー』……、
 今なお幅広いファンを魅了してやまない個性豊かなサンライズロボット達が、
 コレクションに最適なディフォルメタイプのフィギュアとなって登場!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編
mega_ub_sunrise_0.jpgmega_ub_sunrise_1.jpgmega_ub_sunrise_2.jpg
mega_ub_sunrise_3.jpgmega_ub_sunrise_4.jpgmega_ub_sunrise_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ザンボット”の機体説明は
”ザンバード、ザンブル、ザンベースの3つのメカが「ザンボット・コンビネーション」で一つになった形態。
 頭頂高60m、重量700t。
 多様な武器を搭載(下記参照)。初登場は第3話で、それまでは後述のザンボ・エースが決着をつけていた。
 3機が合体することで完成するイオンエンジンによって動く。
 瞬間的なエネルギー総量はビアルI世を上回る。
 なお、この機体と分離形態の3機の操縦には「若い反射神経」が必要とされ、
 主役ロボのパイロットが子供(といっても中学生だが)が乗る理由付けとなっている。
 また3人には半年間に及ぶ睡眠教育によって各マシンの操縦法がレクチャーされていたと同時に、
 恐怖心が取り除かれていた事が後に明らかになる。
 合体時の「ザンボット・コンビネーション!」の発声は勝平で、「ワン!」は勝平の愛犬・千代錦、
 「ツー!」を宇宙太、「スリー!」を恵子がコールする。
 潜水の限界深度は約7000m(第18・19話で判明)。
 ただし、バンドック攻撃の為、限界を遥かに超える9500mまで潜水している。
 この時は機体が水圧に耐え切れず、コクピット内に浸水するなどしていた。
 バンドックとの最終決戦の際、手足を失うなどの大ダメージを受け、
 ほぼ無傷のザンバードのみを強制的にコンビネーション・アウトし、宇宙太と恵子はバンドックに特攻、自爆する。
 なおこの時、3機が合体しないと完成しないはずのイオンエンジンを突入と同時に爆発させているが、
 これに関してはキングビアルにおけるビアルI世と同様、
 ザンバードは制御系であり、残る2機でも暴走・爆発させる事は可能だったと考えられる。”となっています!