2008年2月16日

ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編 メガハウス製 トレーディングフィギュア

 こんにちわ~!
本日3度目の更新は、おとといあたりにメガハウスさんから発売された新商品
”ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編”
の再手配分が本日入荷してきましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”ロボットアニメの歴史に欠かせないサンライズ作品から、
 人気のロボがディフォルメタイプのフィギュアとなって完成!
 玩具菓子「ULTIMATE BRAVES(アルティメットブレイブス) ロボ列伝 -サンライズ編-」が、メガハウスより発売される。
 『無敵超人ザンボット3』『伝説巨神イデオン』『戦闘メカザブングル』『装甲騎兵ボトムズ』『機甲戦記ドラグナー』……、
 今なお幅広いファンを魅了してやまない個性豊かなサンライズロボット達が、
 コレクションに最適なディフォルメタイプのフィギュアとなって登場!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ULTIMATE BRAVES ロボ列伝 サンライズ編
mega_ub_sunrise_0.jpgmega_ub_sunrise_1.jpgmega_ub_sunrise_2.jpg
mega_ub_sunrise_3.jpgmega_ub_sunrise_4.jpgmega_ub_sunrise_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ザンボット”の機体説明は
”ザンバード、ザンブル、ザンベースの3つのメカが「ザンボット・コンビネーション」で一つになった形態。
 頭頂高60m、重量700t。
 多様な武器を搭載(下記参照)。初登場は第3話で、それまでは後述のザンボ・エースが決着をつけていた。
 3機が合体することで完成するイオンエンジンによって動く。
 瞬間的なエネルギー総量はビアルI世を上回る。
 なお、この機体と分離形態の3機の操縦には「若い反射神経」が必要とされ、
 主役ロボのパイロットが子供(といっても中学生だが)が乗る理由付けとなっている。
 また3人には半年間に及ぶ睡眠教育によって各マシンの操縦法がレクチャーされていたと同時に、
 恐怖心が取り除かれていた事が後に明らかになる。
 合体時の「ザンボット・コンビネーション!」の発声は勝平で、「ワン!」は勝平の愛犬・千代錦、
 「ツー!」を宇宙太、「スリー!」を恵子がコールする。
 潜水の限界深度は約7000m(第18・19話で判明)。
 ただし、バンドック攻撃の為、限界を遥かに超える9500mまで潜水している。
 この時は機体が水圧に耐え切れず、コクピット内に浸水するなどしていた。
 バンドックとの最終決戦の際、手足を失うなどの大ダメージを受け、
 ほぼ無傷のザンバードのみを強制的にコンビネーション・アウトし、宇宙太と恵子はバンドックに特攻、自爆する。
 なおこの時、3機が合体しないと完成しないはずのイオンエンジンを突入と同時に爆発させているが、
 これに関してはキングビアルにおけるビアルI世と同様、
 ザンバードは制御系であり、残る2機でも暴走・爆発させる事は可能だったと考えられる。”となっています!

2007年9月14日

超合金魂 ザブングル(再生産) バンダイ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日5回目の更新は、バンダイさんの人気フィギュアシリーズ"超合金魂"シリーズから
本日再販分が"超合金魂 ザブングル(再生産)"のご紹介!

この商品は、
"超合金魂シリーズに80年代の名作ロボ「ザブングル」が登場!
 従来のシリーズより一回り小さい約130ミリの本体に分離・合体ギミックを凝縮。
 さらに、付属品としてファン待望の立体化となる、
 「ウォーカーマシン・ブラッカリィ」が半完成品モデルとして付属します!"となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超合金魂 ザブングル(再生産)
bandai_tyougoukin_zabunguru_mae.jpgbandai_tyougoukin_zabunguru_huzoku.jpg
bandai_tyougoukin_zabunguru_syousai.jpgbandai_tyougoukin_zabunguru_ma.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる"ザブングル"の機体説明は
"ザブングルは交易商人カーゴ一家に支給された2機のみが劇中に登場する。
 当初はカーゴ一家の所有であったが、ティンプ・シャローンに両親の仇討ちを目指す
 ジロン・アモスがその戦闘力に目をつけ、ラグ・ウラロ率いる
 サンドラット団との連携によりそのうち1機を強奪逃走、三日の掟によりジロンの所有となる。
 しかしカーゴ一家ボスであるキャリング・カーゴの死により一人娘エルチ・カーゴが代替わりをすると、
 一宿一飯の恩からジロンとサンドラット団を説得しザブングルごとカーゴ一家の一員となり、
 再びカーゴ一家で2機での運用が再開される。
 酷使されたジロン機は翼や車輪を失って合体変形は出来なくなり、ウォーカー・マシン形態で運用されるようになる。
 また物語中盤でアイアン・ギアーの同型艦のグレタ・ガリーの変形を阻止し大破、
 ジロン機は失われた。余談だが、当時の書籍等ではジロン機を「ザブングル2」あるいは
 「サブザブングル」と呼ばれていた、スパロボにおける呼称もそれに準じている。
 主にエルチが搭乗したザブングルは最終回まで残り、
 エンディングではジロンとエルチはともに無傷のザブングルとウォーカー・ギャリアを放棄
 (戦いの無い未来を暗示)し、走り出す。
 劇中ではドワス2級司政官の「この付近にはアイアン・ギアーの2機だけ」とのセリフから、
 登場した2機以外にも少数ながら流通していることが分かる。
 ラ・ポート発行の「戦闘メカザブングル大辞典」によればザブングルタイプは
 他のブレーカーへの供与もあったことが書かれていることからある程度の数の機体が生産されていた可能性もある。
 非公式なものではあるが、TVシリーズの数年後のエピソードを描いた伊藤明弘のコミック
 「ブルーゲイル」ではラグの愛機として乗り継がれた。
 ただし、イノセントの純正部品と十分なメンテが得られないまま使い続けられたため、
 ついには機械的寿命を果たし使用不可能となった。
 その後はラグの愛馬に「ザブングル」の名が引き継がれたという。"となっています!

2007年9月10日

超合金魂 アイアンギアー バンダイ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日6回目の更新は、バンダイさんの人気シリーズ"超合金魂"から
"超合金魂 アイアンギアー"の画像を更新いたしますのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
"1982年放映のサンライズ人気作「戦闘メカ ザブングル」からの超合金魂第3弾!
 ランドシップ形態からウォーカーマシン形態への独特な可変機構を再現。"となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超合金魂 アイアンギアー
bandai_goukin_aian_mae.jpgbandai_goukin_aian_syousai.jpgbandai_goukin_aian_syousai2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる、"アイアンギアー(旧)"の劇中での活躍は
"物語の初盤では、整備が不十分で度々変形を試みるも失敗している。
 しかし整備主任であるコトセット・メムマは無理を承知で変形を行っていたためにかなり嫌がっていた。
 カーゴ一家の頭目キャリング・カーゴが死に娘のエルチ・カーゴが代替わりしたあたりから変形に成功する。
 その後、度重なる交戦による疲弊の後、同型艦のグレタ・ガリーとの交戦で大破した。
 エルチは父の想いが残っているとして爆破処分とした。
 ビックマン一家との決戦のみ3連装遅燃性高熱散榴弾砲(通称ポタン砲)を追加装備している。
 これはビエル司政官から唯一として譲渡された新しい装備であるが
 実はビックマンにも与えられてデラバス・ギャランにも装備されていた。"となっています!