2012年6月10日

トランスフォーマープライム AM-01 オプティマスプライム タカラ・トミー製 玩具

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になっておありました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”トランスフォーマープライム AM-01 オプティマスプライム”となります!

 この商品は、
”新アニメ”トランスフォーマープライム”より、
 オートボットのリーダー、オプティマスプライムが変形フィギュアになって登場!
 更にロボットから武器に変形する”アームズマイクロン”も付属。
 メインのフィギュアは完成品、アームズマイクロンはランナーの状態で封入されています!
 武器に変形したアームズマイクロンは、
 アームズマイクロンシリーズのフィギュアに取り付けることが出来ます!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・トランスフォーマープライム AM-01 オプティマスプライム
takara_tf_am01_1.jpgtakara_tf_am01_2.jpgtakara_tf_am01_3.jpgtakara_tf_am01_4.jpgtakara_tf_am01_5.jpgtakara_tf_am01_6.jpgtakara_tf_am01_7.jpgtakara_tf_am01_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”オプティマスプライム”のキャラクター紹介は
”声 - 森川智之 / 英 - ピーター・カレン
 オートボットのリーダー。ボンネットタイプのトレーラートラックに変形。
 普段はトレーラー部のみだが、必要に応じてコンテナを牽引する。
 冷静沈着かつ理性的な性格で、
 どんな相手にもまず平和的な対話による和解を求めようとする平和主義者。
 あまり感情を表に出さず、バルクヘッド曰く「今まで笑った事がない」と云われるほどだが、
 かつてはジャックのように内気で控えめな性格であった。
 武器は両腕から変形させるソードとブラスター。
 普段は素顔を晒しているが戦闘の際には口元を隠すようにマスクが展開する。”となっています!

トランスフォーマープライム AM-02 バンブルビー タカラ・トミー製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になっておありました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”トランスフォーマープライム AM-02 バンブルビー”となります!

 この商品は、
”新アニメ”トランスフォーマープライム”より、
 オートボットの、バンブルビーが変形フィギュアになって登場!
 更にロボットから武器に変形する”アームズマイクロン”も付属。
 メインのフィギュアは完成品、アームズマイクロンはランナーの状態で封入されています!
 武器に変形したアームズマイクロンは、
 アームズマイクロンシリーズのフィギュアに取り付けることが出来ます!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・トランスフォーマープライム AM-02 バンブルビー
takara_tf_am02_1.jpgtakara_tf_am02_2.jpgtakara_tf_am02_3.jpgtakara_tf_am02_4.jpgtakara_tf_am02_5.jpgtakara_tf_am02_6.jpgtakara_tf_am02_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”バンブルビー”のキャラクター紹介は
”声 - なし / 英 - なし
 オートボットの少年兵。スポーツカーに変形する。
 オートボット内でも年若く、性格は子供っぽいところがあり、勇敢だが無謀な行動に出る事も。
 パートナーのラファエルと仲が良く、彼とはテレビゲームなどでよく遊んでいる。
 武器は両腕から変形させる左右2対4門のブラスター。
 動作は非常に機敏で、小柄な体を活かした肉弾戦を得意とする。
 かつてメガトロンの拷問によって喉を破壊されてしまい、以降声を出せなくなってしまっている。
 その為周囲とは電子音でコミュニケーションをとっており、
 その事にコンプレックスを感じる描写もある。”となっています!

2012年3月20日

特撮リボルテック SERIES No.030 トランスフォーマー オプティマスプライム(再販) 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”特撮リボルテック SERIES No.030 トランスフォーマー オプティマスプライム(再販)”となります!

 この商品は、
”オートボット形態でのアクションとフォルムを徹底的に追及!
 大型マシンガンとブレードが付属し、劇中の殺陣アクションも思いのままに再現!
 1980年代に誕生した変形ロボット玩具シリーズ「トランスフォーマー(THE TRANSFORMERS)」を原案とし、
 実写映画化されたトランスフォーマーシリーズより、
 最新作「ダークサイド・ムーン」から新設定の【オプティマスプライム】をフィギュア化!
 ロボット形態でのアクションとフォルムを徹底的に追及、まわし蹴りや立て膝などのポーズも可能で
 劇中の殺陣アクションも思いのままに再現できます!
 複雑なメカデザイン部分も精密造形、
 ロボットのフォルムとアクションフィギュアとしての可動を両立したすると再現するためにパーツを細かく分割!
 劇中に登場するマシンガンとブレードが付属、
 5ピースからなるマシンガンはそれぞれをリボルバージョイントを介して組み立て、自分好みの形状に組み替えができます!
 マシンガンは解体して、フィギュア本体に設けられた
 リボルバージョイント用の穴に取り付けてオリジナル装備にすることも可能!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・特撮リボルテック SERIES No.030 トランスフォーマー オプティマスプライム(再販)
kai_tokurico_oputesximasu_1.jpgkai_tokurico_oputesximasu_2.jpgkai_tokurico_oputesximasu_3.jpgkai_tokurico_oputesximasu_4.jpgkai_tokurico_oputesximasu_5.jpgkai_tokurico_oputesximasu_6.jpgkai_tokurico_oputesximasu_7.jpgkai_tokurico_oputesximasu_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”オプティマスプライム”のキャラクター紹介は
”実写映画版『トランスフォーマー』に登場。
 基本的なキャラクター設定は従来のG1コンボイに相当するが、
 変形後の車種はピータービルト・379モデル・トレーラートラックに変更され、ファイヤーパターンが追加されている。
 ロボットモードのデザインやカラーリングは従来のコンボイを踏襲しつつ全面的にリニューアルが施されている。
 性格は冷静沈着で思慮深く、真面目で実直、リーダーとして責任感もあり、
 戦いと成れば最前線に自ら赴き指揮をとり勇猛果敢な戦士で、敵は徹底的に殲滅する情け容赦なさを持つ。
 オートボットのリーダーとしてフリーウェイでボーンクラッシャーを倒し、
 メガトロンと果敢に戦った。最後はサムの提言を受けいれて地球に残留する。
 ピータービルト379をスキャンする前は隕石に変形していた。
 異形のビークルモードでありながら、どことなくG1コンボイのフレートライナーCOEタイプの面影を残す、
 オールドファンに向けたファンサービス的なアウトラインでデザインされている。
 公開に先がけたカウントダウンイベントにおいて、
 日本語版の声優はアニメでコンボイの声を担当した玄田哲章が担当する事が発表された。
 英語版においてもかつてオプティマスの声を担当したピーター・カレンが担当した。
 玩具は簡易版やDX版・ロボヴィジョン版が存在する。
 なお、今回は各キャラクターの名称は米国版との統一がなされたため、
 日本版も「コンボイ」ではなく「オプティマス・プライム」が正式名称として使用された。
 従来の日本版の名称に慣れ親しんだファンを考慮し、
 公開までに差し替えられる事も検討中という情報もあったが、実際の映画や玩具では変更は行われなかった。
 映画版第2作である『トランスフォーマー: リベンジ』ではトランスフォーマー側の主役という位置づけがより明確になり、
 出番も増え、アクションシーンや見せ場も多い。
 カーロボットのファイアーコンボイに続いてコンボイの親戚が登場する。
 作中ではサムを守るためにメガトロンによって殺されるも、マトリクスによって復活し、
 ジェットフャイアーのパーツによってパワーアップする。
 パワーアップ形態は飛行能力が付いただけでなく、ブラスターが大型化し腕にはバルカン砲を装備、
 アフターバーナーの部分はツインキャノンになっているなど火力も大幅にアップ。
 このパワーアップ形態はジェットパワー・オプティマス・プライム(JET POWER OPTIMUS PRIME)と呼ばれる。
 映画第3作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』では、
 ディセプティコンとセンチネル・プライムの策略によって地球を追放されそうになるが、
 危機を回避しジェットウイングを装着したジェットウィングオプティマス・プライムとなり最終決戦に挑む。
 吹き替え版の口調は前作に比べアニメ調に近いものになり、各種装備を内蔵したコンテナも牽引している。
 今作では月に沈んでいたアークを政府が隠していたことに怒りトランスフォームをしようとしなかったり
 宇宙飛行士に対して敬意を払ったりといったこれまで以上に感情的な部分が描かれている一方、
 自分の命を救い(私欲のため、そして非常に傲慢な物言いで)停戦を申し出たメガトロン、
 重症を負い、命乞いをしたセンチネル・プライムを容赦なく殺すといった冷酷な面も見せている。
 これは彼が歩んだ過酷な人生を物語る。
 三部作を通してOPとEDのナレーションを担当しており、
 二作目までは「わたしはオプティマス・プライム」と自身の名前を言った後、最後の台詞を言っていたが、
 三作目のみ名前を言わず、ナレーションを終えている。”となっています!