2010年6月14日

超合金魂 GX-50 超電磁ロボ コン・バトラーV バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”超合金魂 GX-50 超電磁ロボ コン・バトラーV”となります!

 この商品は、
コン・バトラーVがGX-03発売から10年の時を経て、完全新規造形でリニューアル。
 可動箇所の改善や、新規武装の搭載により、遊びの幅もバージョンアップ。
 各バトルマシンの状態からプロポーションをブラッシュアップ。
 合体状態でも側面の厚みが増し、より力強いスタイルとなっている。 
 武装は、超電磁スピン用パーツ・超電磁ヨーヨー(エフェクトパーツ付)・ツインランサーと基本的なものに加えて、
 アトミックバーナー(両手用)・バトルガレッガー・超電磁クレーン・ビッグブラストなど多彩に付属。
 全てのオプションパーツや、武装を飾れる専用スタンドパーツも付属。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超合金魂 GX-50 超電磁ロボ コン・バトラーV
bandai_goukin_konbat_gx50_1.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_2.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_3.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_4.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_5.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_6.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_7.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_8.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_9.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_10.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_11.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_12.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_13.jpgbandai_goukin_konbat_gx50_14.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”コン・バトラーV”の機体紹介は
”キャンベル星人の地球侵略とその尖兵である巨大戦闘メカ・どれい獣に対抗するため、
 南原博士が開発したスーパーロボット。
 バトルジェット、バトルクラッシャー、バトルタンク、バトルマリン、バトルクラフトの5機のバトルマシンが合体して、
 全長57.0メートル、重量550.0トンの巨大ロボットとなる。
 動力源は原子力エンジンから発生する超電磁エネルギー。装甲材質は実在する素材であるサーメット。 
 基地である南原コネクションにいるロボット・ロペットが彼らの脳波の同調(「同調」の意味、
 また何を以って同調出来たとするのかは不明)作業を司る。
 5人全員の脳波が同調すると、『脳波ピッタリ!コンバインオッケー!コンバインオッケー!』というロペットの合図に続き、
 バトルチームの『レッツ!コンバイン!』の掛け声と共に合体が始まる。
 搭乗者5人の脳波が完全に同調しないと合体ができない点が弱点として挙げられ、
 そこを敵に突かれることもしばしばあった(ちずるの偽者に紛れ込まれ合体を妨害される、
 ロペットが誘拐される、大作の脳波がゲップで乱れる、豹馬と十三がいがみ合いで統一しない等)。
 合体ロボとしては『ゲッターロボ』(1974年)に2年に遅れるが、
 「鉄がむくむく動くウソ(当時の製作スタッフの発言)」のない、
 外見上(内部構造を勘案するとやはり無理はある)理に適った合体機構は
 「やっと許せるものが出てきた」と男性ファンから歓迎された。
 合体前のバトルマシン状態とあわせて40超の内蔵武装は、
 スーパーロボット史上最多(次点は、系譜的に前番組に当たる勇者ライディーン)。
 エンディングテーマで毎週歌われていた「身長57メートル 体重550トン」のフレーズは特に有名であり、
 後の漫画・小説などで巨大ロボットの大きさ・重さの設定としてしばしば使用される。”となっています!