2011年4月 8日

スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 GEAR戦士電童 バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 GEAR戦士電童”となります!

 この商品は、
””GEAR戦士電童”の主役メカ”電童”がスーパーロボット超合金で登場!
 機動戦士SEEDシリーズでも有名なメカ作画監督
 ”重田智氏”の徹底監修により、過去商品ではありえなかった
 スタイリッシュなプロポーションとダイナミックなアクションを両立しています!
 タービンの可動、バックパック展開(ファイナルアタック時、電池交換)といったギミックを再現!
 さらに、データウェポン「ユニコーンドリル」と、 
 タービンアクションをイメージしたエフェクトパーツが付属します!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 GEAR戦士電童
bandai_goukin_sp_dendou_1.jpgbandai_goukin_sp_dendou_2.jpgbandai_goukin_sp_dendou_3.jpgbandai_goukin_sp_dendou_4.jpgbandai_goukin_sp_dendou_5.jpgbandai_goukin_sp_dendou_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”GEAR戦士電童”の機体紹介は
”アルクトスの伝説上に存在し失われた青いGEAR。皇女ベガが惑星アルクトスから脱出する際に持ち出された。
 2人乗りで操縦者同士の動きが合わないと操縦不能。ガルファの地球侵攻に際して、
 GEARはベガと吉良国の2人を候補としていたが、
 電童自らが北斗と銀河を選びコクピットに招き入れ、専属パイロットとなる。
 通常は銀河の動きに北斗が動作を合わせることによって動かし、戦う。
 数度、北斗がコントロールを独占することがあったが、原因は不明。
 鳳牙が戦力に加わった後は単独操縦できるよう操縦システムを移植され、銀河によって運用される。
 北斗が乗っていたコクピットは残っており、ガルファとの最終決戦では
 フェニックスの導きにより再び北斗と銀河の二人がパイロットとなった。
 GEAR本部、および宇宙船メテオからの発進の際、レッドの射出用コクーンで出撃する。
 全高:24.5m(バイザーオープン時:25.0m) / 重量:399.8t /
 装備重量:449.3t / 出力:736.0MW / ドライブ回転数:1223rpm(オーバードライブ時:計測不能) /
  走行速度:72.0km/h(疾風激走脚最高速度:999.0km/h)”となっています!

スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 騎士GEAR凰牙 バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 騎士GEAR凰牙”となります!

 この商品は、
””GEAR戦士 電童”において、電童の強敵”騎士GEAR凰牙”がスーパーロボット超合金で登場!
 電童とはデザインの異なる外装部と手足のタービン部を
 新造パーツで再現し、電童同様、機動戦士ガンダムSEED”
 シリーズのメカ作画監督”重田智氏”の徹底監修により、
 スタイリッシュなプロポーションと、ダイナミックなアクションを両立しています。
 タービンやバックパックの可動ギミックを再現。
 さらに、データウェポン「バイパーウィップ」と、
 タービンアクションをイメージしたエフェクトパーツが付属します! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童 騎士GEAR凰牙
bandai_goukin_sp_houga_1.jpgbandai_goukin_sp_houga_2.jpgbandai_goukin_sp_houga_3.jpgbandai_goukin_sp_houga_4.jpgbandai_goukin_sp_houga_5.jpgbandai_goukin_sp_houga_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”騎士GEAR凰牙”の機体紹介は
”アルクトス王家に代々受け継がれ唯一残されていた黒いGEAR。
 ガルファ反乱の際にアルテアが搭乗して立ち向かっていたが敗れ、搭乗者と共に消息を絶っていたと思われていた。
 実際はガルファによって洗脳されたアルテアと共に、人類殲滅の争いに従事していた。
 その17年後、DW捜索のため地球人類の敵として現れ、電童の前に立ちはだかる。
 パイロットが洗脳されている時は常にフェイスガードで顔面が隠されていた。
 アルテアが戦線を離れた後は甥の北斗に委ねられた。
 最終決戦時はフェニックスの意思により北斗が再び電童へ搭乗、アルテアが再び乗り込みベクターゼロを撃破する。
 GEAR本部、および宇宙船メテオからの発進の際、ライムグリーンの射出用コクーンで出撃する。
 全高:25.8m(バイザーオープン時:25.8m) / 重量:401.0t / 装備重量:40.5t”となっています!