2008年10月20日

群雄【鋼】 惑星ロボ ダンガードA やまと製 フィギュア

おはようございま~す!
本日3回目の更新は、今のところ今月発売の商品の中で、
発売後1番の売れ行きを誇っている、やまとさんの群雄シリーズ”鋼”の最新作
”群雄【鋼】 惑星ロボ ダンガードA”
が残り少なくなっていましたので若干数ですが
追加手配をかけさせて頂きましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”群雄【鋼】の第二弾として、『惑星ロボ ダンガードA』より、
 主役ロボット「ダンガードA」が変形合体モデルで登場です。
 一部差替え変形ではありながらも頭部ガードランチャーの変形やサテライザー機首の形状再現など、
 当時のトイでは再現し切れなかった部分を中心に
 現在の技術で変形とプロポーションを両立しています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・群雄【鋼】 惑星ロボ ダンガードA
yamato_gunnyuu_hagane_dannga_0.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_1.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_2.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_3.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_4.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_5.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_6.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_7.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_8.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_9.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_10.jpgyamato_gunnyuu_hagane_dannga_11.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ダンガードA”の機体説明は
”大江戸博士によって開発されたロボット。
 本来は地球に接近する第十番惑星プロメテへの移住計画のために開発されており、
 ロボット形態で全高200mと超巨大。
 ただし、本編中での戦闘描写ではその巨大さを効果的に活かした場面は特に無かった。
 かなりリアルな造形の唇部分が特徴で、演出によってその唇が開いて表情がつけられていた。
 頭部に被さるヘルメット状に変形する小型航空機ガードランチャーと、
 上半身、下半身の3つのパーツから構成される。
 「オープン・サテライザー!」~「チェンジ・ダンガード・セット・オン!」と叫ぶことで分離して各部が変形後、
 上半身が下半身の下へ回り込んでドッキングし、
 「オープン・ダンガード!」~「チェンジ・サテライザー・セット・オン!」と叫ぶことで頭部は
 ダンガードA形態で腰部に位置する下半身前部に再合体し飛行形態サテライザーとなる。
 この状態でも全長160mと設定されている。
 搭乗員は2名。
 メインパイロットがガードランチャーに、コ・パイロットが下半身前部のコクピットに乗り込む。
 なお、下半身側コクピットには予備でもう1名搭乗でき、また(原則として)セッティングを事前に行う事で、
 操縦系統をコ・パイ側に集中させる事も可能である。本編では主にメインが一文字タクマで、
 コ・パイは当初キャプテン・ダンだったが後にダンがスカウトしてきた大星秀人が務める。
 当初は武装しておらず全くの丸腰だったが、ドップラー軍団の巨大メカ=メカサタンと戦うために武装が追加された。
 メインパイロットは必ず各武装名を大声で叫んでから繰り出している。”となっています!