2011年7月10日

figma(フィグマ) 犬夜叉 完結編 日暮かごめ マックスファクトリー製 フィギュア

 こんにちは~!
 本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”figma(フィグマ) 犬夜叉 完結編 日暮かごめ ”となります!

 この商品は、
現代と戦国時代を行き来する少女。
 高橋留美子の大人気コミックを原作としたアニメ『犬夜叉 完結編』より、ヒロイン「日暮かごめ」をfigma化!
 スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現。
 要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保。
 邪気を祓い、妖怪を打ち崩す愛用の「弓」と、「矢(6本)」「矢筒」が付属。
 「弓矢」を持つための手首ほか、豊富な手首パーツが多彩なポージングを可能にします。
 表情は彼女らしい柔らかな笑顔に、妖怪"奈落"に立ち向かうにらみ顔の2種類が付属。
 さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・figma(フィグマ) 犬夜叉 完結編 日暮かごめ
max_fig_kagome_1.jpgmax_fig_kagome_12.jpgmax_fig_kagome_13.jpgmax_fig_kagome_14.jpgmax_fig_kagome_15.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”かごめ”の人物像は
”現代の神社に住む中学生で家族構成は祖父、母、弟の4人暮らし(父は不明)。
 身長は158.8cm。苦手科目は数学。
 料理は普通にできる。好物はおでんとアイスクリーム。
 昔、水泳教室に通っていたらしく、一応泳げる。桔梗の生まれ変わりで、その体内から四魂の玉が出てきた。
 可愛いものが大好きで、たとえ妖怪であっても可愛らしいと感じたものは抱きたがる。
 15歳の誕生日に、神社内の祠にある骨喰いの井戸から
 妖怪・百足上臈に引きずり込まれて戦国時代にやってきた(骨喰いの井戸を通って現代に戻ることもできる)。
 そして成り行きで犬夜叉の封印を解く。その後、妖怪を退治しようとして誤って四魂の玉を粉砕、
 そのかけらを日本中に散らしたことから、彼女の戦国時代での生活が始まる。
 戦国時代では基本的に学校のセーラー服を着用している。
 スカートが非常に短いが原作者の意向でパンチラはない。
 また自転車や、大量の荷物を詰め込んだ巨大なリュックサックを持ち込んでいる。
 中身は勉強道具、救急セット、食料、レジャーシート等で、
 最初は珍しがられていたが、後に仲間達もそれらを使いこなす。
 四魂の玉の気配を感じる、弓矢で妖怪を打ち倒す、邪気を浄化する、呪い返しを使うなど、
 桔梗譲りの様々な神通力を使える。
 その中でも破魔矢の威力は奈落でさえ命中すれば粉々になり、
 鉄砕牙の変化を解いたり瘴気を浄化する等妖力を持つ物も浄化できる(※弓術は桔梗に及ばない様子)。
 梓山の弓を手に入れて瞳子と戦った後は、盾となるものや障害物があっても、
 それをすり抜けて標的を撃ち抜く消える矢を放つことができるようになる。
 四魂の玉がある限り、四魂の玉に本来の霊力を封印される。度胸があるのか場慣れしたのか、
 凶悪な妖怪に接しても怖気づかない(※ミミズなどは苦手)。
 仮病を使って何日も学校を休んでいたり、高校受験を控えているためか、戦国にいても勉強を怠らない。
 しかし努力も空しく以前は学内試験において30番以下の順位をとった事がなかったが、
 戦国時代を行き来するようになってからは成績がどんどん低下してしまう。
 普段は大人びた言動を取る反面、年相応らしく恋愛に心を向ける時もある。
 最終決戦にて、奈落を倒したことで四魂の玉に取り込まれかけるが、
 後を追ってきた犬夜叉と共に玉の消滅を願い現代に生還する。その後は井戸が過去へ通じなくなり
 普通の高校生活を3年間送るが、卒業後、
 犬夜叉と共に生きることを望んだことで再び戦国時代に行き彼と再会、
 楓の村で巫女見習いとして生活する日々を送る。
 以後、巫女服を着用している。現代においては高校卒業後すぐに嫁いだことになっている。”となっています!

2007年11月 5日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 犬夜叉 珊瑚 コトブキヤ製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日2回目の更新は、2005年11月に発売された
アニメ・漫画も盛り上がりをみせる”犬夜叉”からコトブキヤさんのフィギュア
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 犬夜叉 珊瑚”を
売り場を整理していた発見いたしましたのでご紹介させていただきます!

 WIKIによる”雲母(きらら)の”キャラクター紹介は
”珊瑚と一緒にいる猫又。普段は可愛い子猫のような姿だが、戦闘時には巨大化し、牙を持つ化け猫になる。
 本来は珊瑚の下僕で、人間の言葉も良く分かるという賢しい妖怪。
 巨大化すると珊瑚たちを乗せて空も飛べる。
 滅ぼされた退治屋の里でただ一匹生き残っていた。
 アニメ版では、かつて翠子にも仕えていたような描写がある。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 犬夜叉 珊瑚
kotobuki_inuyasa_sango_mae.jpgkotobuki_inuyasa_sango_up.pngkotobuki_inuyasa_sango_usiro.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”珊瑚”のキャラクター紹介は
”奈落の陰謀によって滅ぼされた妖怪退治屋の里の生き残りで、
 弱冠16歳にして里一番といわれるほどの腕前を持つ見目麗しい少女。
 弟の琥珀(こはく)は奈落に囚われていた。
 雲母をパートナーとして連れている。飛来骨(ひらいこつ)という巨大ブーメランのような武器を使う。
 また腰の刀や腕に仕込んだ刃の他、妖怪退治の際の装束には毒などさまざまな武器や道具を隠し持っている。
 飛来骨は持ち主の身長くらいあるが、実際にこの大きさでもブーメランは戻ってくることが、
 映画公開記念の特別番組で実証されている
 (このとき使用された「飛来骨」は、珊瑚役の声優桑島法子にプレゼントされた)。
 非常に弟思いで、たった一人の肉親となった琥珀の事を常に気に掛けては、思い悩む日々を過ごす。
 彼が記憶を取り戻し、奈落の手から一応解放された後も、その命を繋ぐ四魂のかけらが奈落を倒す切り札となっている事、
 また四魂の玉の完成無くしての戦いの終結が見えない事への強い不安と悲しみにかられている。
 現在、弥勒との恋愛が確認されており弥勒を助けるために飛来骨に溶毒を塗り、
 妖怪を退治したこともあった(その後飛来骨は薬老毒仙のもとで直した)。
 『犬夜叉 奥義皆伝』には、弥勒にとっての唯一無二と記載がある。
 しかし、弥勒は現在でも浮気する為、
 その度珊瑚は嫉妬する(だが『子を産んで欲しい』の台詞は、プロポーズ以降口にしていない)。
 弥勒が奈落から受けた瘴気の傷は、飛来骨を直しに訪れた薬老毒仙のもとで飛来骨の魂たちに告げられるが、
 うすうす感づいていたためか驚かなかった。
 弥勒が痛みを感じなくする薬を飲んだことは知らない。年齢は16歳。”となっています!