2008年3月21日

プーリップ ローゼンメイデン 真紅 くんくん変身セットVer ジュンプランニング製 ドール(お人形)

 こんにちわ~!
本日8回目の更新は先日入荷し、瞬く間に完売してしまったジュンプラさんの新作プリプ
”プーリップ ローゼンメイデン 真紅 くんくん変身セットVer”
奇跡的にわずか数個だけですが再手配出来ましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”やはり、私とくんくんは見えない糸で
 結ばれているのだわ.....そんな気分。
 〇付属品:ゼンマイ・ヘッドドレス・ケープ・ドールスタンド・
      くんくん変身セット(探偵ステッキ・虫眼鏡・探偵帽・探偵ケープ)”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・プーリップ ローゼンメイデン 真紅 くんくん変身セットVer
jun_puripu_sinku_kunkun_1.jpgjun_puripu_sinku_kunkun_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる"真紅"のキャラクター説明(ネタバレ)は
"彼女の願いは「アリスゲーム」を自分なりのやり方で終わらせる事だったが、
 アニメでは第一期で水銀燈を倒した後悔から、第二期ではアリスゲームを放棄し、
 そのまま平和に暮らす事を望む様になる。
 しかし、「お父様」ことローゼンを騙った槐の策略に嵌り、アリスゲームに自ら参加、悲劇を招く結果となった。
 原作のPhase43では、ドールのマスターを狙う雪華綺晶から
 ジュンを護るためジュンの元に向かっていた途中、雪華綺晶の罠に掛かる。
 その際、雪華綺晶にジュンを呼ぶように言われるが彼女はジュンを雪華綺晶から護るため自ら契約を破棄。
 その瞬間に絵画に閉じ込められる。
 アニメ特別編では、昔胸元に付けていた一番の宝物であるローゼンのブローチを、
 当初仲の良かった水銀燈に破壊され、その事に対する怒りから、
 水銀燈を「ジャンク」と罵倒した事で完全に決裂するという、水銀燈との因縁のエピソードが描かれた
 (それ以降、ブローチを見ると当時の事を思い出すので、現在はその代わりに薔薇の飾りを胸元に付けている)"となっています!

2008年3月17日

ローゼンメイデンミニドールシリーズ 水銀燈 マイルストン製 ドール

 こんにちわ~!
本日4回目の更新も店内清掃での発掘商品をご紹介!
今回ご紹介する商品は、マイルストンさんから
流通限定商品として発売され話題を呼んだ”ローゼンメイデンミニドールシリーズ”の人気キャラ
”ローゼンメイデンミニドールシリーズ 水銀燈”
がわずか〇〇だけあったのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”大人気の”ローゼンメイデン”から、劇中一番人気の”水銀燈”が満を辞して
 流通限定品”ローゼンメイデンミニドールシリーズ”にて立体化!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ローゼンメイデンミニドールシリーズ 水銀燈
mile_suigin_1.jpgmile_suigin_2.jpgmile_suigin_3.jpgmile_suigin_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”水銀”のキャラクター説明は
”声:田中理恵/能登麻美子
 「ローゼンメイデン」シリーズの第1ドール。姉妹の中でも、アリスへの執着が非常に強く、
 アリスになってローゼンに会うという悲願と彼への愛情を支えにしている。
 人工精霊はメイメイ(紫色)で、その性能はホーリエと互角。
 話し方は普段、相手を小馬鹿にするような猫撫で声だが、本気になると感情的な口調になる。
 服装は逆十字の柄が入ったアシンメトリーのオーバースカートの付いた凝ったスカートに、黒と白の編み上げドレス。
 薄い紫色のバラの飾りがついた黒のロングブーツを履いている。
 背中には変異自在な黒い翼が生えており、空も飛べる。
 アニメでは服の色が黒からミッドナイトブルーに変更され、ヘッドドレスのリボンも原作では左右2本ずつ、
 アニメでは1本ずつとアニメと原作との外見での差異点が他の姉妹に比べ格段に多い。
 髪は銀色のロングヘア。瞳の色は原作では赤だが、アニメではピンクに近い色になっている。
 『水銀燈の今宵もアンニュ〜イ』によると設定年齢は本人曰く、17歳らしい。冷酷非情で好戦的な性格。
 ローザミスティカを入手するためなら手段を選ばず、契約者の事を「糧」と言って憚らない。
 反面、生来心臓病を持ち、自分をジャンクだと自虐する契約者・柿崎めぐに対しては、
 何かしら気遣う等温かい心を見せる。
 幼稚な性格が多い姉妹の中でも、より長女らしさが強調されている。
 ただ、ドラマCD内で真紅たちが夢中になっている「くんくん探偵」に偶然触れ、
 以来くんくんの熱心な隠れファンである一面も持っている。
 総じて、本編での水銀燈の性格はヤンデレに分類できるが、
 二期以降やドラマCDなどではツンデレ的な要素もプラスされたと言っていいだろう。
  ちなみに松雄監督は、「姉妹それぞれ何らかのツンデレ属性を持ってる。」と発言、
 更に「俺は水銀燈のツンデレが一番好き」とも発言している。
 戦闘法は、背中に生えている黒い翼を利用したもの。具体的には羽根を弾丸の様に飛ばして相手を切り裂く、
 ダーツのように狙った場所を突く、羽根を対象に纏わりつかせて動きを封じる、翼で身を覆い防御することが可能。
 アニメでは翼を龍に変貌させたり、翼や羽根を青い炎に変えて燃やしたり、
 自分の息吹で蒼星石を吹き飛ばしたり、バリアのようなものを張ったり、羽根を集めて剣を召喚したりする技も披露。
 このため、近距離から遠距離まで対応できる柔軟性を持つ。
 他にも鏡を利用した能力や、翠星石と蒼星石の人工精霊を奪い、攻撃させたこともある。
 アニメ第二期公式HPで行われた人気投票の結果は翠星石に次いで惜しくも第2位であった。
 アニメ第一期第8話で血圧が上がり苦しむ元治に発した言葉、「乳酸菌摂ってるぅ?」は、
 その回の脚本担当の岡田麿里の発案と松尾監督などが証言しているが、
 シュールなシーンと水銀燈の台詞にギャップがあったために一部のファンで評判となり、
 流行したものと思われる(セリフとしての印象は強烈だが、実際にはさりげなく発したものである)。
 その後もその勢いは衰えることを知らず、『作品内のセリフ』の枠を超えた存在にまでなりつつある。
 そのため、関連イベントから派生したラジオCD『水銀燈の今宵もアンニュ〜イ』など、
 いくつかのパロディにも水銀燈とヤクルトなどの乳酸菌飲料が絡むネタも多く登場し
 (演じた田中理恵がジュン役の真田アサミと共に2007年2月に開催された台湾でのイベントに出演した際にも、
 地元ファンにもそれが認知されていたほどである)、現在では水銀燈の最も有名な台詞として幅広く浸透している。
 アニメ第1期では敵キャラとしての登場であったが、
 総じてアニメ第2期以降や特にドラマCD内などではめぐやくんくんなども絡み、
 敵キャラになりきれないキャラとしての色彩が強くなっている。
 その極め付けとしては先述の『水銀燈の今宵もアンニュ〜イ』のメインパーソナリティーを務めた際、
 (ソロCD版から参加の)本編以上に掴み所のないキャラと化しためぐによって散々ペースを乱され、
 Vol.2のエンディングではすっかり精神的にグロッキー状態と化したり
 (この様が他の出演者らから『水銀燈がめぐによって(心の)ジャンクにされた』とまで言わしめた)、
 Vol.3では『どんだけ~』と言い放ったり、投稿内容に対して激怒しためぐが
 『ジャンクにしてやるわ…』と言い放った時には慌てて『私が変わりにジャンクにしてあげるわ!』とフォローするなど、
 本編と比べてキャラがかなり崩壊気味になっている(言うまでも無くこのシリーズは番外編と言う位置づけであるが)。
 彼女の熱狂的なファンを水銀党員と呼び、その集まりを「水銀党」と呼ぶことがある。
 また、水銀党員は水銀燈を「銀様」と呼ぶ。
  アニメでは、腹部が無い未完成品である事が判明。
 第一期最終話で真紅に倒されたが、ローザミスティカを真紅が奪わなかった為、第二期第6話で復活。
 アニメ第二期では、復活後、薔薇水晶と組んで真紅達を襲うが、最期には薔薇水晶の攻撃から真紅を庇い、
 ローザミスティカを奪われた。だが、終盤でローゼンに修理され復活。腹部も付け足されたようである。
 アニメ特別編では当初ローザミスティカ無しで動いており、性格も内気で純粋だった。
 特別編では、水銀燈は本来、ただの作りかけの人形でしかなかった。
 しかし、ローゼンの事を想うあまりに水銀燈はひとりでに動きだし、それを見かねたローゼンが、
 水銀燈にローザミスティカを与えたのである。
 ローゼンが自分を未完成のまま放置する一方で妹達を作り上げた過程を複雑な思いで見ており、
 真紅に対して「たまたま上手く作られただけの癖に」と毒づく場面も見られる。
 腹部が無い為立てなかったが、真紅の介護で歩ける様になる。
 だが、真紅の後を追った事が原因でアリスゲームに巻き込まれ、
 正式な「ローゼンメイデン」と勘違いした蒼星石に倒されたが、ローゼンからローザミスティカを貰い、
 正式に「ローゼンメイデン」となる。
 だが、今まで唯一信頼し、慕っていた真紅からは「ローゼンメイデン」と認めて貰えず、
 裏切られたと思い込み、結局は偽りの優しさだったと思う怒りで、背中から翼が生え、
 真紅に強烈なダメージを与えた。その際、ローゼンからブローチを貰った真紅への嫉妬の余り、
 彼女のブローチを奪い、目の前で破壊。
 その為、怒った真紅から「ジャンク」と罵られた事で、完全に決裂。以来、真紅とはライバル関係となり、今に至る。
 原作では、「背中から翼が突き破るように生えた」「契約無しでも、勝手に人から力を奪う事が出来る」等の
 特性があり、他の姉妹と違う分にも、そして精神的にもローゼンを愛する心が誰よりも大きい反面、
 思えば思う程、愛に飢えている自分を認める事になり、
 「私は実はジャンクなのでは?」と思う程に精神が不安定になっている。
 また、雪華綺晶からは「愛に縛られている」と指摘されている。Phase43では雪華綺晶がめぐを攫い、
 後を追おうと鏡に手を伸ばした瞬間に絵画の中に閉じ込められてしまう。
 小説版では相変わらずの非情さを見せるが、冒頭でジャバウォックの襲撃を受け撤退を余儀なくされる。
 その後、借りを返すという名目で、最後の戦いにおいて密かに援護を送っている。”となっています!

2008年1月 6日

SRDX ローゼンメイデン 真紅 ユージン製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日1回目の更新はユージンさんが手がける、
低価格フィギュアシリーズ”SRDX”シリーズの最新作
”SRDX ローゼンメイデン 真紅”の画像を流通業者さんに頂きましたのでご紹介させていただきます!
(ここのところ、材料などの高騰?諸般の理由で上代・下代ともにあがっちゃっているので
もはや低単価とはいわないかもしれませんが・・・・・・)

 この商品は、
”いよいよ、ついに、ようやく真打とも言える
 第五ドールの真紅がSR DXで登場いたします!
 これでアニメで登場した薔薇乙女達は、全てコンプリートできます!
 今回のポイントは、その圧倒的な存在感だけでなく、ベースにも秘密が。
 なんと、ベースに組み込まれたLEDを通して、
 流木の蔦に咲く紅い薔薇が光を放ちます!
 まさに飾るために特化した一品と言えるでしょう!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・SRDX ローゼンメイデン 真紅
yujin_srdx_sinku_1.jpgyujin_srdx_sinku_11.jpgyujin_srdx_sinku_2.jpgyujin_srdx_sinku_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる"真紅"のキャラクター説明(ネタバレ)は
"彼女の願いは「アリスゲーム」を自分なりのやり方で終わらせる事だったが、
 アニメでは第一期で水銀燈を倒した後悔から、第二期ではアリスゲームを放棄し、
 そのまま平和に暮らす事を望む様になる。
 しかし、「お父様」ことローゼンを騙った槐の策略に嵌り、アリスゲームに自ら参加、悲劇を招く結果となった。
 原作のPhase43では、ドールのマスターを狙う雪華綺晶から
 ジュンを護るためジュンの元に向かっていた途中、雪華綺晶の罠に掛かる。
 その際、雪華綺晶にジュンを呼ぶように言われるが彼女はジュンを雪華綺晶から護るため自ら契約を破棄。
 その瞬間に絵画に閉じ込められる。
 アニメ特別編では、昔胸元に付けていた一番の宝物であるローゼンのブローチを、
 当初仲の良かった水銀燈に破壊され、その事に対する怒りから、
 水銀燈を「ジャンク」と罵倒した事で完全に決裂するという、水銀燈との因縁のエピソードが描かれた
 (それ以降、ブローチを見ると当時の事を思い出すので、現在はその代わりに薔薇の飾りを胸元に付けている)"となっています!