2012年4月 1日

ねんどろいど 花咲くいろは 松前緒花 グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど 花咲くいろは 松前緒花”となります!

 この商品は、
天然パーマが特徴の明るく活発な少女。
 アニメーションスタジオP.A.WORKSが10周年の節目に制作したアニメ『花咲くいろは』より、
 温泉旅館で仲居として突然暮らすことになった主人公「松前緒花」をねんどろいど化!
 オプションパーツには仲居の仕事に欠かせない「お膳」や「竹ほうき」のほか、
 喜翆荘の周辺に居ついている「青鷺」をご用意。
 さらに、第3話で囚われの身となった際のあられもない姿を再現できる
 差し替えボディまでお付けしました。
 付属の表情パーツと組み合わせて劇中シーンをお楽しみください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ねんどろいど 花咲くいろは 松前緒花
goos_nendo_matumae_1.jpggoos_nendo_matumae_2.jpggoos_nendo_matumae_3.jpggoos_nendo_matumae_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”松前緒花”のキャラクター紹介は
”声 - 伊藤かな恵
女性主人公(メインヒロイン)。
 東京育ちの高校二年生。1994年(平成6年)11月30日生まれの16歳。
 いて座。身長147センチメートル。
 母・皐月と2人暮らしだったが、ある日、
 借金を作った恋人との逃避行(夜逃げ)に突っ走る母親から電話番号を記したメモ1枚を渡され、
 突然の成り行きでひとり東京を離れて、
 未だ面識の無い祖母である四十万スイが経営する石川県の温泉旅館「喜翆荘」に身を寄せることとなり、
 住み込みアルバイトの仲居として働くことになってしまう。
 身長は低いが、声は大きい。天然パーマで亜麻色の髪の型はウェービーヘアーで、
 左右に2つの小さな花びらのヘアピンがトレードマークになっている。
 色彩設定上、キャラクターカラーは黄色・黄緑色・水色の3色で、
 暖色系と寒色系の両方を持つ
 (ただし、私服の話であり、平の仲居および見習いの制服は洒落柿〈しゃれがき〉に近い色の小袖形)。よく鼻血を出す。
 活発で明るく前向きな性格。
 それなりに現実を見据えているが、ときどき変な妄想に走る夢想家であり、加えて、
 一本気で熱い性格ゆえに考えるより先に行動に出てしまう向きが強いため、
 それが原因で大騒動の火元となってしまうことも、数えれば一度や二度では収まらない。
 また、場の空気が読めないところがあり、本人も自覚している。
 第11話にて、短冊に記した願いが叶うという伝統神事「ぼんぼり祭り」に使う雪洞(ぼんぼり)を
 結名と一緒に手入れしていた緒花は、
 そこからの連想で「願いを叶えるために自分で頑張る」という意味の言葉「ぼんぼる」を思い付き、
 以後、頻繁に使うようになる。
 第14話では「目標に向かって頑張りたいと思う、ざっくりした気持ちです」と自ら説明している。
 幼馴染みの孝一からは東京を離れる直前に恋する気持ちを告白されながら返事をしていなかった。
 しかし、幾つかの出来事を通して彼への恋心を強く自覚するようになり、
 ぼんぼり祭りの夜、緒花は自分の気持ちを彼に告白する。
 仕事ばかりしていた母に代わって幼稚園児の頃から家事をやっており、掃除や料理も難無くこなす。
 転校先の香林高校に通い、同じ喜翆荘の学生従業員でもある民子やライバル旅館の娘である結名とは同じクラス、
 喜翆荘では教育係の菜子とも同級生である。
 喜翆荘で働くうちに旅館の仕事に大きな魅力を感じ、この仕事に誇りと愛情を抱くようになる。
 そしてその過程で、湯乃鷺と喜翆荘、そして、喜翆荘の仲間たちを愛する気持ちも芽生えてくる。”となっています!