2011年6月 7日

エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 霧谷希 メガハウス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 霧谷希”となります!

 この商品は、
”エクセレントモデル『迷い猫オーバーラン!』第2弾として、ファン待望の霧谷希が登場!
 無表情&無口ながらも勉強もスポーツも万能、
 でも実は寂しがり屋の天然猫耳少女というこの万能ヒロインを、
 劇中のイメージそのままに立体再現します! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 霧谷希
mega_ex_seirzawa_1.jpgmega_ex_seirzawa_2.jpgmega_ex_seirzawa_3.jpgmega_ex_seirzawa_4.jpgmega_ex_seirzawa_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”霧谷 希”のキャラクター紹介は
”声 - 竹達彩奈
本作のヒロインの1人。私立梅ノ森学園2年。Dクラス。身長155cm、体重40kg、スリーサイズ、
 B80(C)-W59-H83。血液型はAB型。洋菓子店ストレイキャッツのパティシエール。3人娘の1人。
 静かであまり自己主張しないようだが、いつもいいポジションにいてくっついたりなでられたりする甘え猫。
 けど怒るとかじる。
 家出してきたところを乙女に拾われた人間2号で、常に無口で感情を表に出さない美少女。
 猫の耳に見える髪の毛が特徴的。勉強、運動、ピアノ演奏などなんでもござれの万能天才少女。
 パソコンを作ったこともある他、梅ノ森家のセキュリティを掻い潜る技術まで持ち合わせている。
 だが世間知らずで天然な面もある。また自己表現行動についてさして抵抗を持たずダンスやコスプレ、
 歌などが物語中で遺憾なく発揮されている。
 特技は猫の真似と千世や猫をなだめる撫で撫で(通称:ゴールドフィンガー)、ケーキ作り。
 口癖は「にゃぁ」などの猫語。前途のゴールドフィンガー(のようなもの)は、
 漫画版では巧が使う場面が多くなっている。
 物語初めにどこかで彷徨っているところを、乙女によって連れられてくる。
 出生など自身については語らず名前だけが明かされ、
 その後の調べでは戸籍もなくあらゆる公共機関も使用した履歴がないことが明かされた。
 ストレイキャッツに来てから初めてケーキ作りに挑戦するが
 初めてとは思えないほどの腕前を発揮し乙女によって
 住み込みのパティシエールを任命されるが必要以上に心を開かず、いつか出て行ってもいいようにと過ごしている。 
 だが、しばらくそこで過ごすことによって家出してきた自分を迎えてくれた
 ストレイキャッツ(あるいは巧の隣)を居場所にしてもいいと思い始める。
 が、文乃が巧に恋心を抱いていることに気づきストレイキャッツを離れようとした。
 しかしそれに気づいたストレイキャッツメンバーに説得され戻ってくる。
 このとき巧に家族だと思って甘えて良いと言われ、今後人に対して心を開いていくことになる(1巻)。
 その後はストレイキャッツのパティシエールとともに学生生活を過ごし、
 巧の喜びそうだと思ったことや巧と一緒にできることを積極的に行っている。
 だがこの行動は一線を引いたものであると考えられ、好きだという気持ちを前面に表したものではない(2巻)。
 その後、迷い猫同好会によって作成された
 動画(希主演)を見た四摩子が希を連れ戻そうとストレイキャッツへとやってくる。
 それによって希の出生が明らかになり、もともとは孤児を集めた施設である村雨学園(研究所)におり
 優秀な子供として教育を受けていたが
 優秀すぎた自分が他の子たちの居場所を奪っていくことに気づき家出したということが判明する。
 人の居場所を奪うことや人が泣くことを嫌い、文乃や千世とともに自身が巧を好いてることに悩んだり
 体育祭で諍いを起こす文乃と千世の仲裁に入ったりするのはその経験から。
 その後の2人3脚では巧と一緒に参加し、自分が巧のことを好きであることを再認識する。
 またこのときには文乃と千世にも自身が巧に恋心を抱いていると宣言し、3竦みの関係を作り上げた(3巻)。
 これをきっかけに巧争奪戦は混迷を極めることになる。
 また、その後の四摩子(研究所)との関係は良好であり
 携帯電話を送ってもらったり(4巻)里帰りをしたり(5巻)している。
 性格としては大人しめだが行動家、好奇心旺盛、怖いもの知らず、天然。
 ただ、それによってたまに失敗することもある。チョコレートをカカオ豆から作ろうとしたが
 結局製作にかかる時間を計算し忘れてその企画が幻になったこともある他、
 漫画を書いているにもかかわらず絵が写真並みにリアルになって漫画らしくなくなってしまう事もあった。
 テニスも10年努力している夏帆には流石に敵わないなど、すごい人間ではあるものの完璧ではない表現がされた。
 文乃、千世のことは大事な友達として思っておりできれば仲が良いままでありたいと願っている。
 迷い猫同好会のメンバーはみんな好きだが、家康は普通らしい。
 世間知らずからか異性に裸を見られる事への羞恥心がない。
 入浴後タオルがなかったと言って裸でいて、巧に希が裸でいるとは知らずにドアを開けて裸を見られても平気である。
 文乃に「タオルぐらい巻きなさいよ」と言われても「何で?気にしない」と言っている。
 その後、文乃から「私が平気じゃないの」と言われている。”となっています!

エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 芹沢文乃 Ver.1.02 メガハウス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 芹沢文乃 Ver.1.02”となります!

 この商品は、
”『迷い猫オーバーラン!』から、素直になれない“ツンデレ”ヒロインの芹沢文乃が再登場します。
 好評だった表情の差し替えギミックなどはそのままに、
 二匹の猫と文乃の縞パンを彩色リニューアルしています。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 芹沢文乃 Ver.1.02
mega_ex_serizawa_saihan_2.jpgmega_ex_serizawa_saihan_3.jpgmega_ex_serizawa_saihan_4.jpgmega_ex_serizawa_saihan_5.jpgmega_ex_serizawa_saihan_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”芹沢 文乃”のキャラクター紹介は
”声 - 伊藤かな恵
 本作のヒロインの1人。私立梅ノ森学園2年。Dクラス。身長は158cmで、体重は44Kg。
 B84(D)・W58・H84。血液型はA型。洋菓子店ストレイキャッツのアルバイト。3人娘の1人。
 こっちから近づいていくとひっかく。馴れ馴れしいとひっかく。
 不機嫌だとひっかく。けどたまにすごく甘えて寄ってくるツン猫(ツンデレ)。
 見た目は赤いリボンと八重歯が目立つ極上の美少女だが、「2回死ね!」の口癖と強烈な蹴りが特徴的。
 また、「2回死ね」の亜種として「1万回死ね」・「100万回死ね」などがある。
 言いたいことの正反対のことを言ってしまう(例:大嫌い=大好き、来ないで=来て)狼少女。
 また、その性格から周囲には敵が多いとされる。
 巧と同じ孤児院で育ち、今は孤児院を運営していた芹沢シスターとともに教会に住んでいる。
 また、両親は事故で他界している。
 巧とは孤児院時代から仲が良く、当時の素直でよくいじめられていた頃は何回も助けてもらっているため、
 感謝の気持ちや恋愛の感情を抱いている。
 本人は巧のことをこれでもかというほど好いているが自分の気持ちに素直になれないことや天邪鬼な発言、
 恥ずかしがり屋の一面もあってか巧には伝わっていない(これには巧の鈍感さも作用している)。
 やきもち焼きでもあり、巧と彼を想う他の少女がなにか行動しているときはやきもきしていることが多い。
 ただ希の家出騒動の際に巧に告白(?)をしており(1巻)、
 返事を待っている(だがその後、嘘であると思われるがそれは冗談だと発言した。
 そのため物語が進むにつれて巧はその告白を幻だと思うようにしている)。
 そのため自分は想いを伝えたと考えており返事をよこさない巧に対して不満を持ち、
 それ以来巧に対する打撃力が上がっている。
 美少女であるため男子に非常に高い人気を誇る(100回単位で数えるほどの告白を受け、それを全て断った)が
 度重なる暴力や暴言(いずれも主な犠牲者は巧と家康)によって恐れられており、友人は少ない。
 気の許せる友人として千世、希、叶絵がいる。物語初め、文乃と千世は巧を巡っての、
 また相性の不一致などにより犬猿の仲であった。
 日々言い争いが絶えなかったが、希が現れることによってこの関係は徐々に解消される。
 その顕著なものとして、体育祭騒動での希の活躍が挙げられる。
 またその後、文乃は千世、希がそれぞれ巧に好意を抱いていることを知り(3巻)2人が友人でもあり
 恋敵でもあるということを認識した。
 漫画版の話ではあるが、それよりさらに10年程前には乙女だけには巧への想いを涙ながら告げていた。
 また巧のドイツ行き騒動(6巻)では2人を大切な仲間と自覚して守ろうとする描写がある他、
 その裏に潜む陰謀を見事読み取る活躍をした。世間知らずな希のストッパーでもあり、
 通学用鞄には何故かタイミングよくバスタオルが入っている。また叶絵は文乃にとって親友であり、
 体育祭での2人3脚への参加や文乃の巧への気持ちの相談など2人の仲の良さや信頼の度合いが見て取れる。
 性格としては素直の反対であるとか、恥ずかしがり屋であると言える。
 そして巧や乙女との関係も長いためか、他人への思いやりが強いという点が挙げられる。
 そのため、他人のことを考えてしまって自分のための行動ができないことや
 自分を犠牲にしても自分の仲間を守ろうとすることもある。
 また自分の考えていることを口に出さず1人で抱え込むため、巧や千世に心配されることもある。
 描写から運動や勉強は全般的に得意であるが、編み物や料理などの女性的な物事に関しては苦手と見られる。
 また体育祭の2人3脚のパートナー決めの際に、巧と自分なら体格差が少ないから有利等と発言するなど、
 瞬間的な思考能力(アドリブ)も弱いと思われる面もある(実際は体格差がかなりあるため)。
 天敵は叶絵と芹沢シスターであり巧に対する気持ちをことあるごとにからかわれ、
 そのことごとくに対して素直な反応(照れ隠しの否定、恥ずかしがっての赤面など)を返している。
 発育はとても良好な模様。”となっています!