2011年5月 3日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 オオカミさんと七人の仲間たち 大神涼子 アルター製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この連休に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 オオカミさんと七人の仲間たち 大神涼子”となります!

 この商品は、
直接打撃系ツンデレ女子高生。
 学園ラブコメディ『オオカミさんと七人の仲間たち』より、
 凶暴一匹オオカミにして新型ツンデレ女子高生「大神涼子」が1/8スケールで登場。
 スリットの入ったスカートに破れたスカーフというお馴染みの制服姿で立体化。
 前傾姿勢をとり“泣く子も黙る凛々しい目”で鋭い睨みをきかせた、
 ツンな一面をクローズアップして制作しました。
 美人でワイルドなおおかみさんの魅力に、打ちのめされてください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 オオカミさんと七人の仲間たち 大神涼子
freeing_oogami_1.jpgfreeing_oogami_2.jpgfreeing_oogami_3.jpgfreeing_oogami_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”大神涼子”のキャラクター紹介は
”声 - 伊藤静
 本作のヒロイン。
 地の文では「おおかみさん」と表記。御伽学園高等部1年F組に在籍し、
 御伽学園学生相互扶助協会(以下御伽銀行)の部員。
 モデル作品は『赤ずきん』(西洋の童話でよく悪役として描かれるオオカミ)。
 子供も怖がる程の凛々しい目と、笑うと覗く犬歯をもつ少女。
 スレンダーな体型で美脚の持ち主であるが、本人は胸がないことへ深いコンプレックスを抱いている。
 制服は深いスリットとスカーフ、ベルトなどひと昔のスケバン風のいでたちであるが、
 随所に可愛さを出そうと企む林檎の手により様々に手が加えられている。
 ボクシングを習っており(ただしサンドバッグを打つ程度でプロは目指していない)、
 不良などを相手にする時は拳の部分が猫の形をしたマジョーリカ特製のメリケンサック
 (名称「ねこねこナックル」)を装備する。
 御伽学園中等部への転校以前、当時恋愛感情を抱いていた羊飼士狼に強姦されかけたうえ、
 誰にも信じてもらえないばかりか周囲から孤立してしまう状況に追いやられたことが強烈なトラウマとなり、
 他者への不信から誰に頼ることなく自分の身と心を守る為に、ボクシングを習い、
 誰も近寄らせないよう暴力的な振る舞いや一匹狼の雰囲気を纏い、嘘で固めた「オオカミの毛皮」を被り続けている。
 そのため周囲からは敬遠され、凶暴といったイメージが際立っているが、内面は普通の女の子である。
 外面とは裏腹に純朴な少女趣味が多々見られ、最たるものとしては少女小説が大好きで、
 二重につめた本棚の奥に隠ししている。
 また、長髪は「切るのが面倒臭い」からと言うのが建前で、女の子である部分を捨てきれなかったためである。
 突発的なアクシデントに遭遇すると非常に女の子らしいかわいい悲鳴を上げる(特にゴキブリがとても苦手で、
 第5巻ではあまりの恐怖に幼児退行してしまった。)。
 動物全般、特に犬が大好きで、
 犬との戯れをエサにされて釣られる場面が多々あり、放っておいたらいつまでも遊んでいる。
 ストレートに好意を向けてくる亮士に対しては、照れ隠しからアプローチを受けると
 殴る・蹴る・罵倒といったアクションで返してしまう、いわゆるツンデレな一面もある
 (もっとも林檎によれば亮士に対して心を許しているが故でもある。)。
 学園生活や御伽銀行の活動を共にしていく中で、
 普段はヘタレでありながらもここぞというところで勇気を振り絞って物事に立ち向かっていく亮士の姿に、
 少なからず恋心を抱いてゆくようになる。
 御伽銀行に舞いこむ様々な依頼に奔走する傍ら、彼女と接した者が増えていく中で、
 またある時それまで隠そうとしていた「女の子」の一面を亮士によって
 (彼の涼子への好意ゆえの行動ではあるものの)ネット上で暴露されてしまったこともあり、
 「本当の自分」が学園生徒の知るところとなっていくことで、
 それまで距離を置かれていたクラスメイト達とも少しづつ馴染むようになる。
 同じくして亮士に対する態度も変化しはじめ、亮士が自分以外の女の子との接触を
 目にするとかなり機嫌が悪くなるなど嫉妬を見せるようになる。
 紳士達からは良いツンデレとして暖かく見守られ、
 クラスメイト達からは「いつ大神がデレになるのか」と面白半分期待半分で見られている。
 出会った頃から変わらず好意を向け続けてくれる亮士に対して、自分も亮士に惹かれていることを自覚し、
 彼を受け入れる最後の一歩を踏み出せない原因となっているトラウマを乗り越える意思を亮士に伝え、絆を確かめ合う。
 その後、因縁の羊飼士狼に襲撃され、自分に嘘をつくことで強さを保ってきた心を砕かれかけるも、
 羊飼との死闘に決着を付け彼女を救い出し、か弱い自分をも包み、
 ずっと護ると誓った亮士の想いを受け入れたことで、遂にオオカミの毛皮を脱ぎ棄て、
 ひとりの素直な女の子へと戻ることができた。晴れて亮士と恋人関係となり、
 二人きりの時は口調も女の子らしくなる「デレ」全開な姿を見せている。”となっています!

2011年4月 8日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子 アルター製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトババコンボ”となります!

 この商品は、
”お伽噺をモチーフに、個性的なキャラクターが活躍する
 学園ラブコメディ『オオカミさんと七人の仲間たち』より、直接打撃系ツンデレヒロイン“大神涼子”が登場。
 ガラの悪そうなポージングながらも頬を赤らめて照れた表情が可愛い、彼女らしい姿で立体化しました。
 スケバンを思わせるロングスカートのセーラー服や、
 腰についた「ねこねこナックル」等の特徴的な小物を細部まで再現。
 深く入ったスカートのスリットから覗く健康的な足が魅力的です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子
alter_oogami_1.jpgalter_oogami_2.jpgalter_oogami_3.jpgalter_oogami_4.jpgalter_oogami_5.jpgalter_oogami_6.jpgalter_oogami_7.jpgalter_oogami_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”大神涼子”のキャラクター紹介は
”声 - 伊藤静
 本作のヒロイン。
 地の文では「おおかみさん」と表記。御伽学園高等部1年F組に在籍し、
 御伽学園学生相互扶助協会(以下御伽銀行)の部員。
 モデル作品は『赤ずきん』(西洋の童話でよく悪役として描かれるオオカミ)。
 子供も怖がる程の凛々しい目と、笑うと覗く犬歯をもつ少女。
 スレンダーな体型で美脚の持ち主であるが、本人は胸がないことへ深いコンプレックスを抱いている。
 制服は深いスリットとスカーフ、ベルトなどひと昔のスケバン風のいでたちであるが、
 随所に可愛さを出そうと企む林檎の手により様々に手が加えられている。
 ボクシングを習っており(ただしサンドバッグを打つ程度でプロは目指していない)、
 不良などを相手にする時は拳の部分が猫の形をしたマジョーリカ特製のメリケンサック
 (名称「ねこねこナックル」)を装備する。
 御伽学園中等部への転校以前、当時恋愛感情を抱いていた羊飼士狼に強姦されかけたうえ、
 誰にも信じてもらえないばかりか周囲から孤立してしまう状況に追いやられたことが強烈なトラウマとなり、
 他者への不信から誰に頼ることなく自分の身と心を守る為に、ボクシングを習い、
 誰も近寄らせないよう暴力的な振る舞いや一匹狼の雰囲気を纏い、嘘で固めた「オオカミの毛皮」を被り続けている。
 そのため周囲からは敬遠され、凶暴といったイメージが際立っているが、内面は普通の女の子である。
 外面とは裏腹に純朴な少女趣味が多々見られ、最たるものとしては少女小説が大好きで、
 二重につめた本棚の奥に隠ししている。
 また、長髪は「切るのが面倒臭い」からと言うのが建前で、女の子である部分を捨てきれなかったためである。
 突発的なアクシデントに遭遇すると非常に女の子らしいかわいい悲鳴を上げる(特にゴキブリがとても苦手で、
 第5巻ではあまりの恐怖に幼児退行してしまった。)。
 動物全般、特に犬が大好きで、
 犬との戯れをエサにされて釣られる場面が多々あり、放っておいたらいつまでも遊んでいる。
 ストレートに好意を向けてくる亮士に対しては、照れ隠しからアプローチを受けると
 殴る・蹴る・罵倒といったアクションで返してしまう、いわゆるツンデレな一面もある
 (もっとも林檎によれば亮士に対して心を許しているが故でもある。)。
 学園生活や御伽銀行の活動を共にしていく中で、
 普段はヘタレでありながらもここぞというところで勇気を振り絞って物事に立ち向かっていく亮士の姿に、
 少なからず恋心を抱いてゆくようになる。
 御伽銀行に舞いこむ様々な依頼に奔走する傍ら、彼女と接した者が増えていく中で、
 またある時それまで隠そうとしていた「女の子」の一面を亮士によって
 (彼の涼子への好意ゆえの行動ではあるものの)ネット上で暴露されてしまったこともあり、
 「本当の自分」が学園生徒の知るところとなっていくことで、
 それまで距離を置かれていたクラスメイト達とも少しづつ馴染むようになる。
 同じくして亮士に対する態度も変化しはじめ、亮士が自分以外の女の子との接触を
 目にするとかなり機嫌が悪くなるなど嫉妬を見せるようになる。
 紳士達からは良いツンデレとして暖かく見守られ、
 クラスメイト達からは「いつ大神がデレになるのか」と面白半分期待半分で見られている。
 出会った頃から変わらず好意を向け続けてくれる亮士に対して、自分も亮士に惹かれていることを自覚し、
 彼を受け入れる最後の一歩を踏み出せない原因となっているトラウマを乗り越える意思を亮士に伝え、絆を確かめ合う。
 その後、因縁の羊飼士狼に襲撃され、自分に嘘をつくことで強さを保ってきた心を砕かれかけるも、
 羊飼との死闘に決着を付け彼女を救い出し、か弱い自分をも包み、
 ずっと護ると誓った亮士の想いを受け入れたことで、遂にオオカミの毛皮を脱ぎ棄て、
 ひとりの素直な女の子へと戻ることができた。晴れて亮士と恋人関係となり、
 二人きりの時は口調も女の子らしくなる「デレ」全開な姿を見せている。”となっています!