2012年10月23日

1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer. フリーイング製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer.”となります!

 この商品は、
今度のバニーガールはツンデレタイプ!?
 劇場版も人気の「そらのおとしもの」から、
 電子戦用エンジェロイドタイプβ『ニンフ』をセクシーなバニーガール姿で立体化。
 すらりと広がる特徴的なツインテールと
 ボディにフィットした衣装の造形にこだわり、太もも部分は生足を見せる仕様にしました。
 背を向け振り向きながらこちらをジッと見つめる、ニンフらしいポージングです。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer.
reeing_ninhu_1.jpgreeing_ninhu_3.jpgreeing_ninhu_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”ニンフ”のキャラクター紹介は
”声 - 野水伊織
 中盤以降のヒロインの1人。
 イカロスに次いでシナプスから来た第2の未確認生物。電子戦用エンジェロイドタイプβ(ベータ)「Nymph」(ニンフ)。
 智樹のことを最初は「地蟲」(むし)と呼んでいたが、
 とある一件以降は「トモキ」と呼ぶようになった。
 約6500万年前生まれ(推定)。身長139cm、体重29kg。貧乳(72-45-68)。
 七色に光る透明な翼を持つツインテールの少女の姿をしている。
 イカロス回収の命を受けて地上に派遣され、イカロスの本性である「空の女王」を畏怖かつ唾棄し、
 当初は残忍な方法で彼女を責めていたが、
 同居するうちに幸せな生活を望むイカロスと彼女を取り巻く智樹達に感化されていく。
 やがて、自分を虐げることに喜びを見出すマスターより優しさに溢れた智樹へ情が移って裏切りを決意した結果、
 ハーピーに翼をちぎられて飛行能力を失ったものの、
 智樹達に鎖を断ち切られたことでシナプスのマスターから解放された。
 その後は智樹の家の居候となるが、日常生活では比較的常識人の部類であり、
 周囲のボケに突っ込みを入れる日々を過ごすが、たまに思いもよらないボケをかますこともある。
 また、お菓子をいつも食べており、不倫系の昼ドラを好んで鑑賞している。智樹に対し素直になれず、
 嬉しいことをされても照れ隠しに彼を殴打するツンデレ
 (元々相手に奉仕するという逆の立場で制作された存在なので、自分が奉仕されることに抵抗があるのも原因の1つ)。
 エンジェロイドが泳げないのは翼が水を吸って重くなるためとされているが、
 ニンフは翼が無い状態でも溺れていた。
 さらに、イカロスと違って耐水圧装甲は積んでいない。1度だけ風邪を引いたことがある。
 歌唱においてはかなりの音痴で、その破壊力は後に記述されるパラダイス=ソングを上回り、
 歌声は地球から太陽にまで届いた(その時に人類から言語も奪った)。他のエンジェロイドを呼ぶときは名前ではなく、
 型名(イカロスなら「α」、アストレアなら「Δ」)で呼ぶが、カオスとΖは例外でありカオスは名前で、
 Ζは日和が「非」現実だったころと同様「ヒヨリ」と呼んでいる。
 エンジェロイドの性質ゆえ、誰かからの命令を求めてしまう一面がある。
 そのことを心配する智樹に対し、とある一件以降は想いを寄せるようになった。
元々はシナプスへ侵攻してくる人間と戦う際の情報戦を前提に開発されたため、
 戦闘能力は他の戦闘用エンジェロイドより低く、
 超々超音波振動子「パラダイス=ソング」といった武装はあるものの、あまり攻撃力は高くない。
 代わりにジャミングやステルスなどの能力が優れており、
 人間の記憶や感情の操作といった脳への侵入さえ可能である(それらがきっかけで、
 イカロスは記憶と感情を取り戻すこととなった)。
 ただ、翼を失ったことでレーダー性能が下がっており、美香子やアストレアからそれを無神経に嘲られながらも
 耐えていたが、マスターを持たないことと併せてニンフのコンプレックスとなっていた。
 さらには、そのコンプレックスをカオスにえぐられて深く傷ついたが、智樹の優しさにより救われた。
 また、対カオス戦後では、智樹の「マスターになってやる。」という言葉を聞いて
 むしられた羽が再生した(原因は不明)。
 対エンジェロイドタイプΖ戦では、1度はΖ(日和)の破壊を立案し、
 自ら実行しようとするが、智樹らが現れ、その場で泣き崩れる。智樹の「負けんな!」と言う命令から、
 素粒子ジャミングシステム「Aphrodite」(アフロディーテ)を展開。見事に初勝利を収めた。
 その後、「マスター」の認識をシナプスの男から智樹へ移行するようになったが、
 実際に彼がマスターになったのかは不明。以後は智樹が些細な頼みごとなどをするたびに嬉々として迫ってくる。
 ダイダロス曰くΖ戦でニンフの翼の変化は予想もされないものだったらしく
 心当たりはありそうだがまだ詳細は不明である。
 第1回キャラクター人気投票での順位は2位。”となっています!

2012年2月19日

ねんどろいど そらのおとしものf ニンフ グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど そらのおとしものf ニンフ”となります!

 この商品は、
ねんどろいどでも「イカロス」に続いて空からやってくる!?
 劇場公開も話題のアニメ『そらのおとしものf』から、
 「イカロス」を連れ帰るために来た電子戦用エンジェロイドタイプβ
 「ニンフ」がねんどろいどになって登場です。
 照れ隠しに見せる「怒り顔」や、可愛くそっぽを向いた「へたれ顔」といった、
 素直になれない、ちょっとわがままなニンフが再現できる表情パーツをご用意。
 さらに、オプションパーツにより大好物のお菓子を持っている姿や、
 翼をちぎられた状態も楽しめます。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ねんどろいど そらのおとしものf ニンフ
good_nendo_ninhu_1.jpggood_nendo_ninhu_2.jpggood_nendo_ninhu_3.jpggood_nendo_ninhu_4.jpggood_nendo_ninhu_5.jpggood_nendo_ninhu_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”ニンフ”のキャラクター紹介は
”声 - 野水伊織
 中盤以降のヒロインの1人。
 イカロスに次いでシナプスから来た第2の未確認生物。電子戦用エンジェロイドタイプβ(ベータ)「Nymph」(ニンフ)。
 智樹のことを最初は「地蟲」(むし)と呼んでいたが、
 とある一件以降は「トモキ」と呼ぶようになった。
 約6500万年前生まれ(推定)。身長139cm、体重29kg。貧乳(72-45-68)。
 七色に光る透明な翼を持つツインテールの少女の姿をしている。
 イカロス回収の命を受けて地上に派遣され、イカロスの本性である「空の女王」を畏怖かつ唾棄し、
 当初は残忍な方法で彼女を責めていたが、
 同居するうちに幸せな生活を望むイカロスと彼女を取り巻く智樹達に感化されていく。
 やがて、自分を虐げることに喜びを見出すマスターより優しさに溢れた智樹へ情が移って裏切りを決意した結果、
 ハーピーに翼をちぎられて飛行能力を失ったものの、
 智樹達に鎖を断ち切られたことでシナプスのマスターから解放された。
 その後は智樹の家の居候となるが、日常生活では比較的常識人の部類であり、
 周囲のボケに突っ込みを入れる日々を過ごすが、たまに思いもよらないボケをかますこともある。
 また、お菓子をいつも食べており、不倫系の昼ドラを好んで鑑賞している。智樹に対し素直になれず、
 嬉しいことをされても照れ隠しに彼を殴打するツンデレ
 (元々相手に奉仕するという逆の立場で制作された存在なので、自分が奉仕されることに抵抗があるのも原因の1つ)。
 エンジェロイドが泳げないのは翼が水を吸って重くなるためとされているが、
 ニンフは翼が無い状態でも溺れていた。
 さらに、イカロスと違って耐水圧装甲は積んでいない。1度だけ風邪を引いたことがある。
 歌唱においてはかなりの音痴で、その破壊力は後に記述されるパラダイス=ソングを上回り、
 歌声は地球から太陽にまで届いた(その時に人類から言語も奪った)。他のエンジェロイドを呼ぶときは名前ではなく、
 型名(イカロスなら「α」、アストレアなら「Δ」)で呼ぶが、カオスとΖは例外でありカオスは名前で、
 Ζは日和が「非」現実だったころと同様「ヒヨリ」と呼んでいる。
 エンジェロイドの性質ゆえ、誰かからの命令を求めてしまう一面がある。
 そのことを心配する智樹に対し、とある一件以降は想いを寄せるようになった。
元々はシナプスへ侵攻してくる人間と戦う際の情報戦を前提に開発されたため、
 戦闘能力は他の戦闘用エンジェロイドより低く、
 超々超音波振動子「パラダイス=ソング」といった武装はあるものの、あまり攻撃力は高くない。
 代わりにジャミングやステルスなどの能力が優れており、
 人間の記憶や感情の操作といった脳への侵入さえ可能である(それらがきっかけで、
 イカロスは記憶と感情を取り戻すこととなった)。
 ただ、翼を失ったことでレーダー性能が下がっており、美香子やアストレアからそれを無神経に嘲られながらも
 耐えていたが、マスターを持たないことと併せてニンフのコンプレックスとなっていた。
 さらには、そのコンプレックスをカオスにえぐられて深く傷ついたが、智樹の優しさにより救われた。
 また、対カオス戦後では、智樹の「マスターになってやる。」という言葉を聞いて
 むしられた羽が再生した(原因は不明)。
 対エンジェロイドタイプΖ戦では、1度はΖ(日和)の破壊を立案し、
 自ら実行しようとするが、智樹らが現れ、その場で泣き崩れる。智樹の「負けんな!」と言う命令から、
 素粒子ジャミングシステム「Aphrodite」(アフロディーテ)を展開。見事に初勝利を収めた。
 その後、「マスター」の認識をシナプスの男から智樹へ移行するようになったが、
 実際に彼がマスターになったのかは不明。以後は智樹が些細な頼みごとなどをするたびに嬉々として迫ってくる。
 ダイダロス曰くΖ戦でニンフの翼の変化は予想もされないものだったらしく
 心当たりはありそうだがまだ詳細は不明である。
 第1回キャラクター人気投票での順位は2位。”となっています!

2011年8月21日

1/6スケール PVC製塗装済み完成品 フォー・リーヴス そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ コトブキヤ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/6スケール PVC製塗装済み完成品 フォー・リーヴス そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ”となります!

 この商品は、
命令してくんなきゃ…やだ……
 お待たせしました!
 「そらのおとしものf」より、
 大人気キャラクター、電子戦用エンジェロイドタイプβ「ニンフ」がフォー・リーヴスレーベルに登場。
 大きなスケールながらも、身体にピッタリとフィットした衣装のニンフらしいスレンダーさはしっかりと再現。
 腰まわりなども服のスリットから覗くスキマ感に拘り製作しました。
 肩アーマー+マントは取り外すこともできますので、華奢な肩や背中を見せるディスプレイも可能。
 翼はクリアーパーツにパール風の塗装を施し、透明感とキラキラ感をあわせ持った表現になっています。
 ディスプレイ時に床面からフィギュアを保護するクッションベースも付属。
 フォー・リーヴスシリーズの拘りである「フェティシズム」が各所に見られるおススメの逸品です。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/6スケール PVC製塗装済み完成品 フォー・リーヴス そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ
koto_ninhu_1.jpgkoto_ninhu_2.jpgkoto_ninhu_3.jpgkoto_ninhu_4.jpgkoto_ninhu_5.jpgkoto_ninhu_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”ニンフ”のキャラクター紹介は
”声 - 野水伊織
 中盤以降のヒロインの1人。
 イカロスに次いでシナプスから来た第2の未確認生物。電子戦用エンジェロイドタイプβ(ベータ)「Nymph」(ニンフ)。
 智樹のことを最初は「地蟲」(むし)と呼んでいたが、
 とある一件以降は「トモキ」と呼ぶようになった。
 約6500万年前生まれ(推定)。身長139cm、体重29kg。貧乳(72-45-68)。
 七色に光る透明な翼を持つツインテールの少女の姿をしている。
 イカロス回収の命を受けて地上に派遣され、イカロスの本性である「空の女王」を畏怖かつ唾棄し、
 当初は残忍な方法で彼女を責めていたが、
 同居するうちに幸せな生活を望むイカロスと彼女を取り巻く智樹達に感化されていく。
 やがて、自分を虐げることに喜びを見出すマスターより優しさに溢れた智樹へ情が移って裏切りを決意した結果、
 ハーピーに翼をちぎられて飛行能力を失ったものの、
 智樹達に鎖を断ち切られたことでシナプスのマスターから解放された。
 その後は智樹の家の居候となるが、日常生活では比較的常識人の部類であり、
 周囲のボケに突っ込みを入れる日々を過ごすが、たまに思いもよらないボケをかますこともある。
 また、お菓子をいつも食べており、不倫系の昼ドラを好んで鑑賞している。智樹に対し素直になれず、
 嬉しいことをされても照れ隠しに彼を殴打するツンデレ
 (元々相手に奉仕するという逆の立場で制作された存在なので、自分が奉仕されることに抵抗があるのも原因の1つ)。
 エンジェロイドが泳げないのは翼が水を吸って重くなるためとされているが、
 ニンフは翼が無い状態でも溺れていた。
 さらに、イカロスと違って耐水圧装甲は積んでいない。1度だけ風邪を引いたことがある。
 歌唱においてはかなりの音痴で、その破壊力は後に記述されるパラダイス=ソングを上回り、
 歌声は地球から太陽にまで届いた(その時に人類から言語も奪った)。他のエンジェロイドを呼ぶときは名前ではなく、
 型名(イカロスなら「α」、アストレアなら「Δ」)で呼ぶが、カオスとΖは例外でありカオスは名前で、
 Ζは日和が「非」現実だったころと同様「ヒヨリ」と呼んでいる。
 エンジェロイドの性質ゆえ、誰かからの命令を求めてしまう一面がある。
 そのことを心配する智樹に対し、とある一件以降は想いを寄せるようになった。
元々はシナプスへ侵攻してくる人間と戦う際の情報戦を前提に開発されたため、
 戦闘能力は他の戦闘用エンジェロイドより低く、
 超々超音波振動子「パラダイス=ソング」といった武装はあるものの、あまり攻撃力は高くない。
 代わりにジャミングやステルスなどの能力が優れており、
 人間の記憶や感情の操作といった脳への侵入さえ可能である(それらがきっかけで、
 イカロスは記憶と感情を取り戻すこととなった)。
 ただ、翼を失ったことでレーダー性能が下がっており、美香子やアストレアからそれを無神経に嘲られながらも
 耐えていたが、マスターを持たないことと併せてニンフのコンプレックスとなっていた。
 さらには、そのコンプレックスをカオスにえぐられて深く傷ついたが、智樹の優しさにより救われた。
 また、対カオス戦後では、智樹の「マスターになってやる。」という言葉を聞いて
 むしられた羽が再生した(原因は不明)。
 対エンジェロイドタイプΖ戦では、1度はΖ(日和)の破壊を立案し、
 自ら実行しようとするが、智樹らが現れ、その場で泣き崩れる。智樹の「負けんな!」と言う命令から、
 素粒子ジャミングシステム「Aphrodite」(アフロディーテ)を展開。見事に初勝利を収めた。
 その後、「マスター」の認識をシナプスの男から智樹へ移行するようになったが、
 実際に彼がマスターになったのかは不明。以後は智樹が些細な頼みごとなどをするたびに嬉々として迫ってくる。
 ダイダロス曰くΖ戦でニンフの翼の変化は予想もされないものだったらしく
 心当たりはありそうだがまだ詳細は不明である。
 第1回キャラクター人気投票での順位は2位。”となっています!