2009年11月 1日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 辻本 夏美 アトリエ彩製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 辻本 夏美”となっております!

 この商品は、
”根強い人気の藤島康介原作の”逮捕しちゃぞ”から、2人のメインヒロインのうち”辻本 夏美”が登場!
 劇中イメージを忠実に再現!
 各種武器パーツが付属!!
 もちろん、ショットガンを構えたポーズも再現可能です!
 同時発売の「美幸」と対になるポーズです! ”となっています!!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 辻本 夏美
atosai_natumi_1.jpgatosai_natumi_2.jpgatosai_natumi_3.jpgatosai_natumi_4.jpgatosai_natumi_5.jpgatosai_natumi_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”辻本夏美”のキャラクター紹介は
”声:玉川紗己子/演:伊東美咲[3]
 墨東署交通課の女性警察官。階級は巡査。
 本籍地は東京都台東区浅草、現住所は江東区。
 住居は墨東区○丁目△番地○△マンション○△×号室(墨東署近辺のマンションで、
 墨東署勤務の時期には美幸と同居)。
 アニメ版1stシーズン設定資料では身長163cm、体重47.5kg、スリーサイズは上から87、58、88。
 一重瞼(または奥二重)の吊り目で巨乳だが、体の描写はシリーズ毎に異なり、
 2ndではそれほど強調は無かった。誕生日は8月13日で血液型はO型。
 陽性、豪快さは主要登場人物の中でも突出している。正義感も人一倍強く、感情がすぐ表に出る性格である。
 また、大食漢で、酒好きである。しかし、酒には決して強いとはいえず、ワンカップで泥酔[たり、
 二日酔いが原因で嘔吐する場面がある。
 飲み過ぎるとかなりの酒乱になるが、本人は飲むとすぐ記憶をなくすため自覚していない。
 テレビ観賞では時代劇(仕事人、大賀越前など)、勧善懲悪物が大好き。寝起きが悪いため遅刻しやすい。
 目覚まし時計やトレーニング関連(用具・方法)は美幸考案・手製によるものが多い。
 3歳の時に三輪車でウィリーするなど、人並外れた体力と怪力
 (本人は、普段は加減しているつもり)の持ち主である。
 普段は荷物の運搬、違反車両の移動等で役に立っているが、力を持て余しているためか破壊癖があり、
 破壊した物の多彩さでは他の登場人物の追随を許さない。
 ミニパト(トゥデイ)が横滑りした時などに、走っている車のドアを開けて地面に足を踏ん張りブレーキを補助する
 「足ブレーキ」という得意技を持つが、踏ん張りすぎると官給品の靴がすぐ使い物にならなくなる欠点がある。
 猫・爬虫類などの動物がすぐになついてくる。野性的能力に優れ、シリーズが進むごと能力に磨きがかかり、
 家の中から自分を凝視している者を闘気で感知するまでになった。
 動物のみならず、子供や地域住人とも自然に接することができる能力も具えており、
 自分の意図通りに物事を進める空気を醸し出して情報の収集を容易にし、
 それが事件の解決への糸口となることも多い。
 料理の腕は人並み以上だが、調理後は台所が壊滅的に汚れる。
 アニメ版1stシーズン中盤ではお茶くみをしても粗雑な面が目立ったが、『フルスロットル』では改善されている。 
 作品中で普通自動車免許を取得(筆記以外はほぼ一発合格)したが、
 「四輪車は性に合わない」として以後も二輪車を愛用し続けている。
 なお、スピード狂である(本人にはほとんど自覚が無い)ため、四輪車の運転は決まって「死のドライブ」と化す。
 美幸のバイク禁止令に対し「車を買う」と宣言した際には交通課内で批判された。
 免許は「自動2輪」「普通自動車免許」の他にも「小型船舶2級」も取っている。
 課長や徳野のような渋いおじさんタイプが好み。
 原作では恋人はおらず、課長や徳野を追いかけ続けるが、アニメ版では東海林将司と付き合うようになる。
 (2nd最終章では本庁の特殊部隊から墨東署交通課宛にビデオレターを送っているが、
 東海林とは依然ラブラブの様子)。しかし、フルスロットルでは基本設定がない為に、夏実の動向は不明。
 OVA(1stシーズン)FILE.1の美幸のパソコン画面のアップでは年齢が21歳となっていた
 (その時の生年月日は昭和47年8月13日)。
 家族構成は父「一浩」、母「寛美」の3人家族。アニメ版1stシーズンFILE.5以降用の公式設定では23歳、 『SECOND SEASON』では2年後という設定で25歳。
 『フルスロットル』での設定年齢は不明だが、結婚適齢期の設定らしい。
 アニメ1stシーズン終盤で一時期本庁に出向、『the MOVIE』では冒頭までの1年間本庁の交通課へ研修、
 2ndシーズンのラストで墨東署から本庁の特殊部隊へ転属、その後自衛隊に短期間出向した後、
 『フルスロットル』で交通課に復帰している
 (2ndと『フルスロットル』との間、
 一時期ではあるが美幸と共にアメリカ・ロサンゼルス市警にも出向している)。”となっています!

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 小早川 美幸 アトリエ彩製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 小早川 美幸”となっております!

 この商品は、
”根強い人気の藤島康介原作の”逮捕しちゃぞ”から、2人のメインヒロインのうち”小早川美幸”が登場!
 劇中イメージを忠実に再現!
 3種類の銃器が付属!!
 もちろん、銃は持たせる事ができます!
 同時発売の「夏実」と対になるポーズに仕上がっています!”となっています!!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 逮捕しちゃうぞ フルスロットル 小早川 美幸
atosai_miyuki_1.jpgatosai_miyuki_2.jpgatosai_miyuki_3.jpgatosai_miyuki_4.jpgatosai_miyuki_5.jpgatosai_miyuki_6.jpgatosai_miyuki_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”小早川 美幸”のキャラクター紹介は
”声:平松晶子/演:原沙知絵
墨東署交通課の女性警察官。階級は巡査。
本籍地は岡山県、千葉県出身、現住所は江東区。
 住居は墨東区○丁目△番地○△マンション○△×号室(墨東署近辺のマンションで夏実と同居)。
 同居を持ちかけた際、夏実のことをボディーガードと茶化したことがあるが、
 同居を始めた後には寝ぼけた彼女に抱擁され危うく絞め殺されかけたこともある
 (目撃者(ストライク男)によれば喜悦に震えていた模様)。
 アニメ版1stシーズン設定資料では身長160cm。中嶋に誕生日プレゼントをもらった時に
 小雪がちらついていたため冬の生まれと思われる。
 髪形は、原作では最初ショートカットであったが次第に長くなり、
 最終的におさげになった(アニメ版では当初よりおさげ)。
 頭脳明晰。力は夏実には及ばないものの、大概のスポーツはこなす。
 一方、怪談や怪物は大の苦手で聞いただけで悲鳴をあげる(フルスロットルでは、ある程度、克服している)。
 論理的思考力の高さから来る洞察力により、他人の企みを見抜く。
 機転や咄嗟の判断が利くが、一方で不安や悪い予感も的中しやすい。
 周囲からは、冷静・温和と評価され、本人もそれを自負している節があるが、夏実によれば、
 意外に感情がすぐ顔に表れる。
 能力相応にプライドも高く(後述のメカとの関係で多く描写されている)、肩に力が入り過ぎなところがあり、
 時には自然体の夏実を羨むこともある。その反面、切れると激情家である夏実すらたじろぐような、
 大胆な行動をとることもあり、それが人間としての魅力にもなっている模様。
 手先が器用でメカの創作や操縦を自在にこなす。本人はメカフェチではないと主張するが車にかなりの愛着を持つ。
 運転に関しては暴走癖があり、普段とのギャップが激しく、
 夏実曰く「本気を出せば絶叫マシン(に乗っているみたい)以上の運転をする」とのこと。
 挙句には車をラジコンカー同様に改造したこともある。
 2ndでは更に過激化し、運転中の車から身を乗り出してエアガンの狙い撃ちをしたり、
 自車の前照灯を消して車を追跡する訓練を密かに繰り返していた。
 自ら整備した車やバイク、作ったメカなどに誇りに思っており、他人に破壊・毀損されると激怒する。
 愛車はホンダ・トゥデイ(ミニパト)、トヨタ・スポーツ800(私用)。
 工学以外に文学や法学、考古学、生態学などにも興味を示し、教養の研鑚に励んでいる。
 また、モデルガンの趣味もあるらしく署内の自分のロッカーの中に大量のコレクションをしまっており、
 夏実と共に犯人確保の際に使用している。
 課長は半ば黙認しており劇場版ではこのモデルガンがキーアイテムになった。
 中嶋とは周囲公認の恋人同然の関係であるが晩熟な為、2人の仲はなかなか進展しない。
 態度をはっきりさせず鈍感なまま周囲に弄ばれる中嶋に苛立つ場面もある。
 度々中嶋があがりながらもデートに誘おうと奮闘しているにもかかわらず周りの影響でうまくいかない時もある。
 一方、中嶋が他の女性と接近しているように見えると焼き餅を焼き拗ねることも多い。
 アニメ版では夏実と警察学校同期であったことが判明。
 この頃から夏実は美幸にとって注目すべき存在だったらしく、
 これがOVA版FILE.1で夏実の転属とコンビを組むことを非常に喜んだ理由とされている。
 アニメ版1stシーズンでは23歳、『SECOND SEASON』では2年後という設定で25歳(夏実と同年齢)。
 警察学校で同期である事を勘案すれば、OVAでは21歳の可能性が高い。
 原作の最初期では、美幸が検挙者の免許証の記載生年月日を見て
 「昭和41年6月18日 まーっこいつ私より2つ年下じゃないのっ」と発言していることから、
 当初の生年設定は昭和39年だったことが窺える。
 『the MOVIE』では冒頭までの1年間本庁刑事部・科学捜査研究所で研修、『フルスロットル』1話において
 アメリカでの研修を終え、墨東署交通課に復帰している(2ndと『フルスロットル』との間、
 一時期ではあるが夏美と共にアメリカ・ロサンゼルス市警にも出向している)。
 『フルスロットル』第22話で中嶋剣よりプロポーズされ、受諾した場面が描かれた。”となっています!