2009年4月26日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 夜桜四重奏 ヨザクラカルテット 槍桜 ヒメ コトブキヤ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に向けて完売になってしまった商品などで
再手配をさせていただきました商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 夜桜四重奏 ヨザクラカルテット 槍桜 ヒメ ”となっております!

 この商品は、
”人間と妖怪が共存する町を舞台に巻き起こる、
 心揺れるストーリーが話題の本作より、ツンヘコ女子高生町長「槍桜(やりざくら)ヒメ」がフィギュアになって登場!
 「比泉生活相談事務所」メンバーに支えてもらいながら、精一杯に公務を全うする彼女。
 堕ちてしまった妖怪を討つ決意を胸に秘め、武器を手にする勇ましい姿を造形いたしました。
 右手の武器は、「ラクロス」と「龍槍逆撫(りゅうそうさかなで)」の2種類が付属いたします。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 夜桜四重奏 ヨザクラカルテット 槍桜 ヒメ
koto_hime_1.jpgkoto_hime_2.jpgkoto_hime_3.jpgkoto_hime_4.jpgkoto_hime_5.jpgkoto_hime_6.jpgkoto_hime_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”槍桜 ヒメ(やりざくら ひめ)”のキャラクター紹介は
”声:福圓美里
桜新町の女子高生町長。
 16歳。身長166cm。黒いストレートの長髪に赤紫色の目を持ち、季節や服装に関係なく長いマフラーをしている。
 趣味は見回りと自己鍛錬。
 先代町長の祖母が病に倒れた9歳の頃から町長を務めており、町の年配の人々からは孫のように思われている。
 責任感が強く、真面目な性格で常に自分のことより町や町民の事を中心に考えている。
 そのため「町を守る」ということから少々無茶をし、周りに心配をかけさせることが多い。
 基本は強気で前向きだが、しょっちゅう落ち込む=ヘコむツンデレならぬツンヘコ。
 またお腹が減ると途端に駄々っ子のような性格になる。
 一日6食も食べるほどの大食いで、自らを「麺食い」と称するほど麺類が好き。
 だが一番好きなのは秋名の作る料理。
 常人離れした能力を持ち、マッハ3のスピードで銃弾を平手で叩いて逸らすことができるほど。
 基本的に、戦闘時はラクロスのラケットや棒を槍のように振り回して戦う。
 (アニメでは伸縮できる槍を持ち歩いている)。
 実は妖怪・龍の化身で、強大な妖力を八重に抑えてもらっている。
 ヒメのマフラーは、このとき首に負った大きな傷に泣いてばかりだった彼女を慰めようと秋名が編んでくれたもの。
 しかし人と妖怪の両方の立場から物事を考られるようになるため、
 町長になった日に八重の力で皆の記憶から自分が妖怪であるということを消してもらっていた。
 現在は円神の一件により皆に記憶が戻っている。
 また記憶が戻ったことにより、桜新町の土地に宿る竜脈のエネルギー、真の龍槍「逆撫」を託された。
 カレーはライスよりもナン派。
 自分にとってのテーマソングは、『ツンツンデレツンデレツンツン』(この後『用賀インター降りてすぐ』と繋がるが、
 これは世田谷区に実在する同インターの事だと思われる。)。”となっています!