2012年5月28日

フィギュアーツZERO BLEACH 松本乱菊 バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”フィギュアーツZERO BLEACH 松本乱菊”となります!

 この商品は、
唸れ『灰猫』
 容姿妖艶なる十番隊副隊長、松本乱菊!
 Figuarts ZERO『BLEACH』第3弾として、護廷十三隊十番隊副隊長・松本乱菊が登場。
 黒崎一護、藍染惣右介とスケール感を合わせ全高約170mmにて立体化。
 死覇装や斬魄刀も全高約170mmサイズに合わせて精密かつ完全再現。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・フィギュアーツZERO BLEACH 松本乱菊
bandai_zero_rangiku_1.jpgbandai_zero_rangiku_2.jpgbandai_zero_rangiku_3.jpgbandai_zero_rangiku_4.jpgbandai_zero_rangiku_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”松本乱菊”のキャラクター紹介は
”声 - 松谷彼哉/演 - 井上晴美
 身長172cm 体重57kg 9月29日生まれ
 護廷十三隊十番隊副隊長・女性死神協会理事
 金髪で巨乳の色香漂うグラマラスな美女で、いつも死覇装の胸元が大きく開いている。
 また、首にアクセサリーをしている。マイペースでサバけており、お洒落な性格である。
 普段は明るく振舞っているが、市丸ギンのことが密かに好きだった様子。
 酒豪であり、京楽と檜佐木とは呑み友達。高い戦闘力を有し、
 日番谷に絶大な信頼を寄せていて日番谷との連携にも優れているが、デスクワークに関してはサボりがち。
 仕事をサボる度に日番谷からいつも叱られているが、本人は反省していない。
 当時の階級は不明だが、かつて幼い日番谷と出会っている。
 休日は暇人と呑みに行くか呉服屋に行って過ごしている。
 酒代が馬鹿にならず常に金欠気味で、大抵は人を誘って奢らせている。
 平時と非常時の緩急が激しく気分屋な言動が目立つ一方、姉御肌。また彼女に好意を寄せる男性も多いのか、
 単行本のオマケマンガや『カラブリ+』などでは檜佐木や射場が
 彼女に好意を寄せていることをうかがわせる描写がある。
 趣味は昼寝で特技は日本舞踊。
 作中で数度披露された豊満な制服姿は浅野啓吾・コン曰く「刃」「凶器」。
 よく現世で買い物を楽しんでいる。
 市丸ギンとは幼馴染で同期でもある。
 幼少時に行き倒れていたところを助けられ、その後同居していた。
 上記の誕生日は、市丸が自分と出会った日である。
 市丸が差し出してくれた干し柿が好物。
 アクが強すぎて肌が荒れるからタケノコが嫌い。
 行き倒れの原因は、藍染の作った崩玉の実験によって自分の魂を削り奪られたから。
 破面襲来の報を受け日番谷らと共に現世へと派遣される。
 現世滞在中は織姫を頼り、彼女の家に居候していた。
 他隊の隊長格と共に、空座町での藍染との決戦に出陣。
 日番谷をハリベルと戦わせるためアパッチたち従属官3人と戦うが、
 三人の生み出したペット「アヨン」に重傷を負わされる。
 満身創痍の中で、市丸の真意を確かめるため尸魂界に急行、
 藍染に襲われそうになったたつきとドン・観音寺を救出した後、
 市丸に真意を問い質すも、戦いに巻きこまれぬよう「白伏」で気絶させられた。
 その後、自分のために反旗を翻し倒れた市丸の死に目に遭遇し、涙する。”となっています!

2011年9月 4日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH ティア・ハリベル アルター×メガハウス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH ティア・ハリベル”となります!

 この商品は、
”絶賛放映中の人気TVアニメ『BLEACH』より、現「十刃(エスパーダ)」の紅一点。
No33の"ティア・ハリベル"が「アルファオメガ」PVC製完成品シリーズに登場。
「皇鮫后(ティブロン)」をかまえ、放つ瞬間のポーズで立体化。上着を開き、
 胸元から腰にかけてあらわになったしなやかな体躯や、鋭い眼差しをしっかり再現。
 大きくなびく服の動きと相まって、静かな迫力を感じさせます。
 顔の下半身を覆う仮面や刀など『BLEACH』の世界観を感じさせる小物も、細部まで丁寧な仕上り。
 胸部のパーツの差し替えにより、上着を閉じた状態も再現可能。
 また、開放後の頭部も付属します。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH ティア・ハリベル
alter_hariberu_1.jpgalter_hariberu_3.jpgalter_hariberu_2.jpgalter_hariberu_4.jpgalter_hariberu_5.jpgalter_hariberu_6.jpgalter_hariberu_7.jpgalter_hariberu_8.jpgalter_hariberu_9.jpgalter_hariberu_10.jpgalter_hariberu_11.jpgalter_hariberu_12.jpgalter_hariberu_13.jpgalter_hariberu_14.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ティア・ハリベル”のキャラクター紹介は
”声 - 緒方恵美
 身長175cm 体重61kg 7月25日生まれ
 破面・No.3(アランカル・トレス)/第3十刃(トレス・エスパーダ)
 司る死の形:犠牲
 現十刃の紅一点。
 金髪・褐色肌の女で睫毛が特徴的。顔の下半分は服で隠れているが、
 ファスナーを外すとマスク状の仮面の名残があり、
 それが、胸上部まで伸びている(アニメ版では、胸下部にも仮面の名残があり(解放後も同様)、
 刻印の部分のみ露出している状態となる)が、
 口元の仮面の下は特に変わった口など無く、至って普通である事が解放後で分かる。
 ファスナーを外した時の右乳房の内側に『3』の刻印があり、下腹部に虚の孔がある。
 従属官は皆女性。アニメでは服の露出度が控え目になっている。
 比較的冷静で思慮深く、戦闘面でも慎重な戦い方を取る。
 スターク・ウルキオラ両名同様藍染への忠誠心は他の十刃と比べ、比較的高いと思われる。
 自身の従属官達に対しては戦士の気構えを諭したりと気さくに接している為、彼女らにはとても慕われており、
 自身も戦いに敗れた部下達を称え、その部下の仇を取ろうとするといった部下思いの一面を覗かせている。
 その性格ゆえに、従属官を蔑ろにする傾向にある他の十刃との仲は芳しくなかった(スタークは例外)。
 また、虚化した一護の霊圧を十刃級と評するなど、探査神経にも長けている。
 アパッチら従属官達と共に藍染の現世空座町への侵攻に同行し、日番谷と交戦。
 部下が元柳斎に倒されたことを機に斬魄刀を解放して戦うも、日番谷の「氷天百華葬」で氷漬けにされ一旦は敗北。
 ワンダーワイスの介入でその状態から脱し、仮面の軍勢介入後はひよ里・リサ・日番谷と3対1の戦いを展開するが、
 バラガン、スタークが敗北したことで十刃の力を見限った藍染に切り捨てられた。
 その際彼に反旗を翻すも、逆に返り討ちにされて瀕死の重傷を負う。
 その後、一護と藍染の対決に決着がついた後、アパッチに助けを求められた織姫の治療で一命を取り留め、
 自身の従属官達と共に虚圏に帰還。
 バラガン亡き後の虚圏の王座に立ってほしいとアパッチらに薦められるもそれを拒否し、
 虚圏の終わる事のない争いの中に戻る為に旅を始めた。
 アニメ版ではヴァストローデ級だった大虚時代の過去が描かれている。
 ヴァストローデ級当時は眼以外は全て仮面で覆われている以外は解放後とよく似た姿をしているため、
 厳密に言えば未完成の破面に近いヴァストローデ級の大虚である。
 アパッチ達とはその頃から共に行動し助け合ってきたが、藍染に出会う前のバラガンに目をつけられており、
 配下になるよう強要されていたが、バラガンに迎合することはなかった。
 他の大虚を喰らう犠牲を強いて自身が強化することを望まずにいたが、
 ある時のいざこざからバラガンの部下だった破面に恨みを抱かれ、殺されそうになったところを藍染に助けられ、
 「力を得れば犠牲を生むことは無い」と語る藍染の下についた。 ”となっています!

2010年2月28日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH -ブリーチ- 猿柿 ひよ里 アルター製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH -ブリーチ- 猿柿 ひよ里”となります!

 この商品は、
”絶賛放映中の人気TVアニメ「BLEACH」より、「仮面の軍勢(ヴァイザード)」の一員である
 “猿柿 ひよ里”が「アルファオメガ」PVC製完成品シリーズに登場。
 関西弁を喋り、口癖は「ハゲ」という彼女を、親指を下に向けた威勢の良いポーズで立体化しました。
 仮面や斬魄刀など「BLEACH」の世界観を感じさせる小物も、細部までこだわった仕上がり。
 さりげない立ち姿でキャラクターの雰囲気を極めて自然に再現。
 “ひよ里”そのものを思わせる確かな造形力が光ります。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 BLEACH -ブリーチ- 猿柿 ひよ里
alter_sarugaki_1.jpgalter_sarugaki_2.jpgalter_sarugaki_3.jpgalter_sarugaki_4.jpgalter_sarugaki_5.jpgalter_sarugaki_6.jpgalter_sarugaki_7.jpgalter_sarugaki_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”猿柿 ひよ里”のキャラクター紹介は
”声 - 高木礼子
 金髪のツインテールで、八重歯とそばかすがある小柄な少女。
 猿の漢字が胸に描かれた赤ジャージと白いタンクトップを着て、ビーチサンダルを履いている。
 関西弁を喋り、口癖は「ハゲ」。態度がでかく、上下関係問わずに喧嘩腰で物を言う。
 死神と人間を嫌っている。一護が内なる虚を制御できるようになってからは一護の虚化時の戦闘訓練を行う。
 虚化時には一本角の生えた仮面が表れる。
 また、虚を制御する為の内在闘争では最長時間(69分2秒)を記録している。
 110年前は護廷十三隊の十二番隊副隊長を務めており、前隊長の曳舟を慕っていた。
 浦原が新隊長となった当初は、彼のことを認めようとせず反発していたが、
 技術開発室長になるなど嫌々ながらも浦原を手伝っていたようである。
 この頃から、平子の顔面をいきなり蹴りとばすなど、良き喧嘩仲間な関係となっていた。
 101年前に魂魄消失事件のサンプル採取のため拳西のもとへ向かうが、
 虚化した拳西達と戦い、藍染達の策略に嵌り虚化してしまう。
 空座町での藍染一派との決戦では、日番谷とリサと共に現れハリベルと対決。
 ハリベルが藍染に斬られた後、藍染の挑発に乗って斬りかかるも、
 市丸の神槍で体を両断され瀕死の重傷を負ってしまう。”となっています!