2012年2月19日

1/7スケール PVC製塗装済み完成品 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ゴスロリver(再販) グリフォンエンタープライズ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/7スケール PVC製塗装済み完成品 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ゴスロリver(再販)”となります!

 この商品は、
”待望の新刊もリリースされ、ますます人気沸騰中の「涼宮ハルヒの憂鬱」より、
 大好評を頂いた”ゴスロリハルヒ”が再登場です!
 威風堂々とした立ち姿はもちろん、コスチュームのリボンやフリルに至るまで超緻密に再現されております。
 以前の発売時に買い逃した方は是非ともお見逃しなく!!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・1/7スケール PVC製塗装済み完成品 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ゴスロリver(再販)
guriffon_haruhi_gosu_sai_1.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_2.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_3.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_4.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_5.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_6.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_7.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_8.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_9.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_10.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_11.jpgguriffon_haruhi_gosu_sai_12.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”涼宮ハルヒ”のキャラクター紹介は
”声 - 平野綾
 本作のメインヒロイン。
 北高1年5組(第9巻『分裂』より2年5組)の女子生徒であり、SOS団団長。身長158cm。
 キョンと同じクラスで、キョンのすぐ後ろの席にすわる
 (何回席替えをしても、ハルヒの能力のためか位置関係は不変である)。
 入学当初(および第4巻『消失』での消失世界)は腰まで伸びるストレートヘアで曜日ごとに髪形を変えていたが、
 キョンにそのことを指摘されて以降は肩にかかる程度の長さで揃えている。
 黄色(山吹色)のリボン付きカチューシャがトレードマークで、小学校時代から愛用している。
 黒髪黒目[10]の美少女で、プロポーションはキョン曰く「スレンダーだが、出るとこは出ている」。
 学業の成績は学年上位に位置しており、身体能力も高く入学当初はどの運動部からも熱心に勧誘されていたほど。
 また料理、楽器演奏、歌唱など多彩な才能を持っており、キョン曰く「性格以外は欠点は無い」。
 その性格は唯我独尊・傍若無人・猪突猛進かつ極端な負けず嫌いであり、
 「校内一の変人」として校内で知らない人はいないほどその名は知れ渡っている。
 感情の起伏が激しく、情緒不安定になりやすい。また、退屈を嫌っており、何か面白いことをいつも探している。
 己の目的のためには手段を選ばず、時には恐喝や強奪まがいの行為に及ぶこともある。
 東中時代は、すでに変人として名が知れていたにも関わらず美少女であるゆえに多くの男子に告白され、
 そのたびに必ずOKしていたが、相手が「普通の人間」であることを理由にことごとく振っていた。
 自分の都合のいい言葉しか耳に入らず、それ以外の言葉は聞き流す。
 朝比奈さんや鶴屋さん、生徒会長など、年上の人物に対しても敬語を使わずタメ口でものを言うが、
 北高関係者以外の者との初対面の際など、必要な場合には敬語を交えた常識的な言葉遣いで話すこともできる。
 普段は自分勝手でエキセントリックな性格が目立つが、根底には常識的な感覚も持ち合わせており、
 宇宙人等の不思議な存在がいて欲しいと思う反面、
 そんなものはいるはずない
 (少なくともそう簡単に見つかるはずがない)とも思っている矛盾した思考形態を持っており、
 第2巻『溜息』のプロローグでキョンが長門、朝比奈さん、古泉の正体を話しても全く信じなかった。
 物語が進むにつれ、人間的に成長したのか横暴さや唯我独尊さは僅かずつではあるがおさまってきており、
 キョン以外のクラスメートとの交流も見られるようになっている。
 また、長門が高熱で倒れたり、キョンが『消失』の一件で3日間意識不明に陥った際には、
 必死に看病したり体調を気遣ったりするなど、仲間思いのリーダーとしての一面を見せている。
 「恋愛感情は一時の気の迷いで精神病の一種」という持論を持つが、
 キョンの言動によって極度に大きく機嫌が左右されたり、キョンの過去の恋愛をやけに気にしたりしている。
 キョンがみくるに鼻の下を伸ばすと声を荒げて咎めたり、
 キョンとみくるを何かと理由を付けてはくっ付けない様にしている投射もある。
 実は世界に影響を与えるほどの巨大な力を持っている。詳細については現時点では明かされていないが、
 その力によって、第1巻『憂鬱』時点からみて3年前の中学1年のときに
 「情報の爆発」「時間の断層」「超能力者の発生」を引き起こした。
 情報統合思念体は、ハルヒの力は「自分の都合の良いように周囲の環境情報を操作する力」
 「何もないところから情報を生み出す力」であり、
 そのためにハルヒは「自律進化の可能性を秘めている」存在であると考えている。
 また、古泉が属する「機関」は、彼女の力を「どんな非常識なことでも思ったことを実現させる」という、
 神にもなぞらえられるほどの力であると認識している。
 一方、朝比奈みくるが所属する未来人の組織は、ハルヒの力は「世界の仕組みを変えるもの」ではなく、
 もともと存在する超自然的な存在や現象を自覚無しに発見する力であると考えている
 (ただしハルヒが時間の断層をどうやって生み出したのかについては、未来人にとっても未だに謎である模様)。
 他にも様々な組織がハルヒの力について異なる理論を持ち、
 彼女に関心を抱いていることが作品内にて示唆されている。
 いずれにせよ、ハルヒ本人は自分の持つ巨大な力を全く自覚していない。
 また、強い不満やストレスのために精神状態が不安定になると「閉鎖空間」を発生させることがある。
 これについてもハルヒ自身は自覚しておらず、
 発生頻度や大きさもやはりハルヒの精神状態に影響されるため法則性がなく、
 毎日のように発生することもあれば長期間にわたって発生しないこともある。
 ハルヒの力が際限なく発揮されたりせず、世界がいまだにバランスを保っている点について、
 古泉は「彼女自身が奇抜な言動に反し常識的な精神をしており、
 不可思議な物事を心のどこかで否定しているから」ではないかと推測している。
 なお、ハルヒに関心を抱く組織のほとんどは、
 彼女が自分の力に気づいて覚醒するのは非常にハイリスクなことであると考えており、
 そのためいずれの組織も、彼女が自らの力に気づかないようにするということを活動の大きな柱にしている。
 ただし、意図的にハルヒやSOS団に揺さぶりをかけ、
 ハルヒの力を解放させてそれを観察しようと目論む組織や派閥も少数ながら存在する。
 余談であるが、本作でハルヒを演じた事により声優としてブレイクする事になった平野だが、
 最初は涼宮ハルヒというキャラクターを初めて知った時、平野本人のハルヒに対しての第一印象は最悪だったという。
 「何だ、この子は?」と嫌悪感さえ抱いたが、
 欲望の赴くまま時に暴走もしてしまうハルヒをどう演じるか考えているうちに
 「女の子に好かれる女の子」という演技の方針が定まる。
 やがて「アニメの絵が上がってきて、ハルヒの表情を見たときに、
 やっと今のハルヒのイメージがわいたんです」とふとしたきっかけで役柄をつかんだと語っている。
 演じているうちに「ハルヒって変わった女の子に見えるけど、
 意外と身近にいる存在なのかなって思っていて」と徐々にハルヒを自身に重ね合わせていったらしく、
 「ハルヒは願望を素直に口にしているだけで、
 そんなハルヒはわたしたちの中にもいるんじゃないかなって思いますね」と共感するまでに至った。”となっています!

2011年11月 8日

ねんどろいどぷち 涼宮ハルヒの憂鬱 ハルヒ夏祭りセット グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいどぷち 涼宮ハルヒの憂鬱 ハルヒ夏祭りセット”となります!

 この商品は、
浴衣姿でかわいく夏祭り!
 アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』より、「涼宮ハルヒ」「長門有希」「朝比奈みくる」の
 3人がねんどろいどぷちセットとなって登場です!
 異色の演出がなされた「エンドレスエイト」の最後(19話)でみせた浴衣姿を立体化。
 さらに、劇中で長門有希が購入するお面もオプションパーツでお付けしました。
 劇中の夏祭りシーンを再現してお楽しみ下さい。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ねんどろいどぷち 涼宮ハルヒの憂鬱 ハルヒ夏祭りセット
good_nenuti_natumaturi_haruhi_1.jpggood_nenuti_natumaturi_haruhi_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<) 

 またWIKIによる”長門 有希”のキャラクター説明では
”北高1年6組(第9巻『分裂』より2年に進級)の女子生徒にして唯一の文芸部員。
 ハルヒが文芸部室を乗っ取った際、SOS団団員その2として組み入れられた。
 無口で無表情で無反応で無感動だが知識欲、食欲は旺盛で読書を好み、
 いつも分厚い本(当初はハードSF(アニメ版では『ハイペリオン』だった)、
 後には文学に限らず様々な専門書まで)を読んでいる。感情表現に乏しく、
 表情の変化はキョンしか判らないほど少ない。
 口を開いても淡々と短い言葉でしか話さない。ほとんどの場面で北高指定の制服を着ていて、
 冬場はその上にダッフルコートを着ている。起伏のない体型をしていて、朝比奈みくるとは対照的。
 キョンには好意を持っているようで、キョンの言う事なら素直に従うだけでなく、
 最終的な決定権を委ねることも多い。
 当初はメガネを着用していたが、第1巻『憂鬱』で、
 キョンに「眼鏡をしていないほうが可愛いと思うぞ」と言われて以来かけなくなった。
 彼女の正体は、情報統合思念体(本記事#用語参照)によって造られた、
 対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、簡単に言えば宇宙人。
 ハルヒの能力が活性化した、『憂鬱』の舞台になった時間より三年前頃に生み出された。
 キョンたちが三年前に遡行した際も現在と変わらないような姿をしていたことから、
 身体的成長という概念があるのかは不明。
 平時の動作は極めて少ないが、環境情報を改竄することが出来るため、
 いざというときには常識の範疇を越える身体能力を発揮する。
 SOS団の中でも飛び抜けて万能であるため、メンバーの信頼も厚い。
 因みに、情報操作時にSQLを使用していると思われるセリフがある。
 入学当初は情報統合思念体から与えられた多くの情報操作能力を所有していたが、
 より自由に活動をしたいという思いから、自らの能力を意図的に消失させて人間らしい一面を手に入れている。
 いつか長門が普通の女子高生になる日は遠くないと古泉は推測している。
 第5巻『暴走』からはコンピュータ研に準部員としてたまに訪れており、
 部員からは最敬礼されていて満更でもなさそうだった。
 第9巻『分裂』では自作パソコンを置いており、
 そのコンピ研部長いわく「世界最強にコンピュータと相性のいい逸材」。”となっています!

2011年4月 3日

ねんどろいど 涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒ 消失Ver グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど 涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒ 消失Ver.”となります!

 この商品は、
だって、そのほうが断然面白いじゃない!
 大ヒット劇場版アニメーション『涼宮ハルヒの消失』より、「涼宮ハルヒ」がねんどろいどになって登場です。
 ロングヘアと光陽園学院の制服が特徴的な改変後の世界のハルヒをかわいらしく再現。
 3種類の表情パーツや差し替え用腕パーツはもちろん、既にご案内中の「ねんどろいど 長門有希 消失ver.」に
 組み合わせられるオプションパーツまでお付けしました!
 長門と合わせて、「消失」の世界観をお楽しみください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいど 涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒ 消失Ver.
good_nendo_haruhi_syouhitu_1.jpggood_nendo_haruhi_syouhitu_2.jpggood_nendo_haruhi_syouhitu_3.jpggood_nendo_haruhi_syouhitu_4.jpggood_nendo_haruhi_syouhitu_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”涼宮ハルヒ”のキャラクター紹介は
”声 - 平野綾
 本作のメインヒロイン。北高1年5組(第9巻『分裂』より2年5組)の女子生徒であり、SOS団団長。
 身長158cm。キョンと同じクラスで、キョンのすぐ後ろの席に座る
 (何回席替えをしても、ハルヒの能力のためか位置関係は不変である)。
 入学当初は腰まで伸びるストレートヘアで曜日ごとに髪形を変えていたが、
 キョンにそのことを指摘されて以降は肩にかかる程度の長さで揃えている。
 黄色いリボン付きカチューシャがトレードマークで、小学校時代から愛用している。
 黒髪黒目[9]の美少女で、プロポーションはキョン曰く「スレンダーだが、出るとこは出ている」。
 学業の成績は学年上位に位置しており、身体能力も高く入学当初はどの運動部からも熱心に勧誘されていたほど。
 また料理、楽器演奏、歌唱ど多彩な才能を持っており、キョン曰く「性格以外は欠点は無い」。
 その性格は唯我独尊・傍若無人・猪突猛進かつ極端な負けず嫌いであり、
 「校内一の変人」としてその名は知れ渡っている。感情の起伏が激しく、情緒不安定になりやすい。
 また、退屈を嫌っており、何か面白いことをいつも探している。己の目的のためには手段を選ばず、
 時には恐喝や強奪まがいの行為に及ぶこともある。
 また、東中時代はすでに変人として名が知れていたにも関わらず、美少女ゆえに多くの男子に告白され、
 そのたびに必ずOKしていたが、相手が「普通の人間」であることを理由にことごとく振っていた。
 自分の都合のいい言葉しか耳に入らず、それ以外の言葉は聞き流す。
 朝比奈みくるや鶴屋さん、生徒会長など、年上の人物に対しても敬語を使わずタメ口でものを言う。
 ただし、北高関係者以外の者との初対面の際など、
 必要な場合には敬語を交えた常識的な言葉遣いで話すこともできるため、敬語を知らないというわけではない。
 普段は自分勝手でエキセントリックな性格が目立つが、根底には常識的な感覚も持ち合わせており、
 宇宙人等の不思議な存在がいて欲しいと思う反面、そんなものはいるはずない
 (少なくともそう簡単に見つかるはずがない)とも思っている矛盾した思考形態を持っている。
 物語が進むにつれ、人間的に成長したのか横暴さや唯我独尊さは僅かずつではあるがおさまってきており、
 キョン以外のクラスメートとの交流も見られるようになっている。
 また、長門が高熱で倒れたり、キョンが『消失』の一件で3日間意識不明に陥った際には、
 必死に看病したり体調を気遣ったりするなど、仲間思いのリーダーとしての一面を見せることも。
 「恋愛感情は一時の気の迷いで精神病の一種」という持論を持つが、
 キョンの言動によって極度に大きく機嫌が左右されたり、キョンの過去の恋愛をやけに気にしたりしている。
 キョンがみくるに鼻の下を伸ばすと声を荒げて咎める。
 実は世界に影響を与えるほどの巨大な力を持っている。詳細については現時点では明かされていないが、
 その力によって、第1巻『憂鬱』時点からみて3年前の中学1年のときに
 「情報の爆発」「時間の断層」「超能力者の発生」を引き起こした。
 情報統合思念体は、ハルヒの力は「自分の都合の良いように周囲の環境情報を操作する力」
 「何もないところから情報を生み出す力」であり、
 そのためにハルヒは「自律進化の可能性を秘めている」存在であると考えている。また、古泉が属する「機関」は、
 彼女の力を「どんな非常識なことでも思ったことを実現させる」という、
 神にもなぞらえられるほどの力であると認識している。一方、朝比奈みくるが所属する未来人の組織は、
 ハルヒの力は「世界の仕組みを変えるもの」ではなく、
 もともと存在する超自然的な存在や現象を自覚無しに発見する力であると考えている
 (ただしハルヒが時間の断層をどうやって生み出したのかについては、未来人にとっても未だに謎である模様)。
 他にも様々な組織がハルヒの力について異なる理論を持ち、
 彼女に関心を抱いていることが作品内にて示唆されている。
 いずれにせよ、ハルヒ本人は自分の持つ巨大な力を全く自覚していない。
 また、強い不満やストレスのために精神状態が不安定になると「閉鎖空間」を発生させることがある。
 これについてもハルヒ自身は自覚しておらず、発生頻度や大きさもやはりハルヒの精神状態に影響されるため
 法則性がなく、毎日のように発生することもあれば長期間にわたって発生しないこともある。
 ハルヒの力が際限なく発揮されたりせず、世界がいまだにバランスを保っている点について、
 古泉は「彼女自身が奇抜な言動に反し常識的な精神をしており、
 不可思議な物事を心のどこかで否定しているから」ではないかと推測している。
 なお、ハルヒに関心を抱く組織のほとんどは、彼女が自分の力に気づいて覚醒するのは
 非常にハイリスクなことであると考えており、そのためいずれの組織も、
 彼女が自らの力に気づかないようにするということを活動の大きな柱にしている。
 ただし、意図的にハルヒやSOS団に揺さぶりをかけ、
 ハルヒの力を解放させてそれを観察しようと目論む組織や派閥も少数ながら存在する。”となっています!