2010年5月 4日

ねんどろいど こどものじかん 宇佐美々 グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、このゴールデンウィークに向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど こどものじかん 宇佐美々”となります!

 この商品は、
長い三つ編みのメガネっ娘!
 コミックハイ!にて大好評連載中の人気作『こどものじかん』より、
 仲良し3人組のトリとなる優等生「宇佐美々」をねんどろいど化!
 3種の表情パーツに加え、座り用足パーツが付属。取り外し可能なランドセルに
 付属シールを貼り付けることで劇中シーンを再現します。
 三つ編みも可動するので、アニメED「ハナマル☆センセイション」のダンスももちろん可能。
 仲良し3人組をそろえてレッツダンシング。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいど こどものじかん 宇佐美々
good_nendo_usamimi_1.jpggood_nendo_usamimi_2.jpggood_nendo_usamimi_3.jpggood_nendo_usamimi_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”宇佐 美々”のキャラクター紹介は
”声 - 門脇舞以
 りんと黒のクラスメイトで親友。10歳の小学4年生。バストはFカップ。
 非常に内気な少女で、親友2人とクラス担任の大介以外とはほとんど話さない。
 前クラス担任の教師・中村から事あるごとに自分の欠点を中傷されたことが元で、
 長らく登校拒否をしていたが、家まで訪れて熱心に呼び掛けた大介のことを信頼出来る教師として認め、
 彼に対し心を開くようになった。
 その翌日からは学校にも来るようになり、りん達を安心させた。
 登校拒否期間中もりん達が携帯電話のメールを通じて学校の様子を知らせていたため、
 その間学校で何があったのかはある程度把握していた。
 カーキ色の、ボリュームのあるロングヘアを2本の大きな三つ編みにし、眼鏡を掛けている。
 学業の成績は極めて優秀で、登校拒否になる前はオール5を取っていた。
 本を読むのが好きな文学少女でもある。
 一方で、異常にませている親友2人とは対照的に性に関する知識は殆どない。
 同時にやや天然ボケ気味で、
 それ故に授業中に突然大介に「何でおちんちんが大きくなるんですか?」などと質問したことがある。
 身体面の発育は極めて早熟で、小学3年生にして既に第二次性徴期を迎えている。
 特に胸に関してはクラスで唯一ブラジャーを必要としているほどで、これが本人の大きな悩みになっている。
 そのため、自分同様に大きな胸を持つ大人の女性・京子に対し、
 悲観的な意味でシンパシーを感じている。
 また、りんの保護者で出会う機会が多く、
 自分の心の内を読み取ってくれるレイジに対してはほのかな恋愛感情を抱いている。
 4人家族で、父親は単身赴任している。
 所持する携帯電話には、2ちゃんねるで使われる
 アスキーアートキャラクターらしきマスコット付きのストラップを付けている。”となっています!

2009年4月27日

ねんどろいど こどものじかん 九重りん グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に完売になってしまった人気商品を
若干数ずつですが再手配をかけさえていただきましたのでご紹介させていただきます!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど こどものじかん 九重りん”となっております!

 この商品は、
過激に、かわいく、癒しを、あ・げ・る♥
 OVAの発売も決まり、まだまだ話題の『こどものじかん』より、
 おませなヒロイン「九重りん」がねんどろいどとなって登場です。
 長いツインテールにももちろん可動を仕込み、TVアニメED「ハナマル☆センセイション」で魅せたダンスも再現可能。
 鋭意製作中「鏡黒」「宇佐美々」と仲良し3人組をそろえてレッツダンシング。
 ランドセルは取り外し可”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいど こどものじかん 九重りん
good_nendoroido_kokonoe_a1.jpggood_nendoroido_kokonoe_a2.jpggood_nendoroido_kokonoe_a3.jpggood_nendoroido_kokonoe_a4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”九重 りん”のキャラクター紹介は
”声 - 喜多村英梨
 双ツ橋小学校に通う児童で、本作品のメインヒロイン。
 大介が受け持つ3年1組に所属している(後に4年1組に進級)。
 大介が学校に赴任してきたばかりの頃は大介のことを色々と試すようなことをしてきたが、
 彼の不器用ながらも誠意ある行動と優しさを目にした途端に彼に惹かれて行くようになる。
 以来、大介の彼女になろうと積極的にアタックし続けている。
 しかし、当の大介からは子供扱いしかされていない。
 性格は、表面上は明るく活発。それだけに、ショートパンツや裾の広いスカートなど動きを妨げない服装を好む。
 異常にませており、子供がすることとは思えないような色っぽい仕草を見せて大介の気を惹こうとしている。
 性に関する知識も豊富で、同じく性知識の豊富な親友の黒と一緒になってはウブな大介をからかっている
 (本当の意味を理解しているのかは不明)。
 目はツリ目で、小悪魔らしい笑みを浮かべて迫っては大介を困惑させる。
 朱鷺色でボリュームのある超ロングヘアーを、
 大きな玉が2個ずつ付いた髪留めゴムでまとめてツインテールにしている。
 また、それぞれのテールの先端付近も同じ玉つきの髪留めゴムでまとめている。
 体格は、身長に関しては小学4年生としては標準的だがやや痩せている。
 胸もまだほとんど膨らんでいない。
 成績は普段はあまり良くないが、実は頭は非常に良く、本気になれば簡単にテストで100点を取れる。
 しかし、嫌いな科目に関しては全く勉強しないのか、大介から「教科によってムラがあり過ぎる」と注意された。
 所持している携帯電話で黒や美々たちと頻繁にメールのやり取りをしており、
 携帯電話には「RIN」というロゴが入ったストラップを付けている。
 家では母親の従弟のレイジと2人で暮らしており、保護者でもある彼に対しては子供らしく素直に懐いている。
 母親は既になく、また、実の父親とは別居中。
 幼少期に母親を失ったことで一転して鬱ぎ込むようになり、
 また、心因的な失語症を併発したことにより全く喋ることができなかったという時期があった。
 小学校に入学してからも同級生たちのすることに対し微塵も反応せず、誰に対しても心を開くことはなかったが、
 この当時から同級生だった黒や美々、そして当時のクラス担任の存在によって救われた。
 黒や美々とは今でも親友で、どこへ行くのにも3人一緒につるんでいる。非常に友達思いで、
 親友がいじめられたりすると相手が教師でも容赦せず、
 自分が正しいと思うことに対してそれを主張するためにあらゆる手段を使う。
 自分が小学校女子児童という社会的弱者の立場にあることさえも利用するなど、
 大人(特に教師)を効果的に恐怖に陥れる術にも長けており、実際に大介もそれで肝を冷やした経験がある。
 時折酷い残忍性をのぞかせることがあり、前担任の中村をノイローゼにし辞職に追いやったのを始め、
 大介の耳をかじったり、恋敵になりそうな京子を階段から突き落とそうとしたこともある。
 りんは自分がこうした状態に陥ることを「黒くなる」と表現している。
 4年進級時には学級委員長に就任した。3年生の頃とは違いクラスをうまくまとめる役となっていたが、
 今までに蓄えていた弱さも時折見せる様になり黒や美々を心配させている。
 また、大介から子供扱いしかされていない現状を顧みては寂しく思うこともある。”となっています!

2009年2月10日

1/4スケール PVC&ABS製塗装済み完成品 こどものじかん 九重 りん 体操服Ver フリーイング製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に完売になってしまった商品などで
再手配をさせていただきました商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただく商品は、
”1/4スケール PVC&ABS製塗装済み完成品 こどものじかん 九重 りん 体操服Ver”となっています!
 
 この商品は、
ちっちゃいけど、ビッグスケール。
 OVAの発売も決まり、まだまだ話題の多い『こどものじかん』より、小学生ヒロイン「九重りん」を体操服姿で立体化!
 1/4のビッグスケールに加え、体操服とブルマは布製でよりリアルに再現しました。
 体育座りでみせるその表情には、小学生とは思えぬ色っぽさ。
 体操マットを模した専用台座にも注目です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/4スケール PVC&ABS製塗装済み完成品 こどものじかん 九重 りん 体操服Ver
freeing_kokonoe_1.jpgfreeing_kokonoe_2.jpgfreeing_kokonoe_3.jpgfreeing_kokonoe_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”九重 りん”のキャラクター紹介は
”声 - 喜多村英梨
 双ツ橋小学校に通う児童で、本作品のメインヒロイン。
 大介が受け持つ3年1組に所属している(後に4年1組に進級)。
 大介が学校に赴任してきたばかりの頃は大介のことを色々と試すようなことをしてきたが、
 彼の不器用ながらも誠意ある行動と優しさを目にした途端に彼に惹かれて行くようになる。
 以来、大介の彼女になろうと積極的にアタックし続けている。
 しかし、当の大介からは子供扱いしかされていない。
 性格は、表面上は明るく活発。それだけに、ショートパンツや裾の広いスカートなど動きを妨げない服装を好む。
 異常にませており、子供がすることとは思えないような色っぽい仕草を見せて大介の気を惹こうとしている。
 性に関する知識も豊富で、同じく性知識の豊富な親友の黒と一緒になってはウブな大介をからかっている
 (本当の意味を理解しているのかは不明)。
 目はツリ目で、小悪魔らしい笑みを浮かべて迫っては大介を困惑させる。
 朱鷺色でボリュームのある超ロングヘアーを、
 大きな玉が2個ずつ付いた髪留めゴムでまとめてツインテールにしている。
 また、それぞれのテールの先端付近も同じ玉つきの髪留めゴムでまとめている。
 体格は、身長に関しては小学4年生としては標準的だがやや痩せている。
 胸もまだほとんど膨らんでいない。
 成績は普段はあまり良くないが、実は頭は非常に良く、本気になれば簡単にテストで100点を取れる。
 しかし、嫌いな科目に関しては全く勉強しないのか、大介から「教科によってムラがあり過ぎる」と注意された。
 所持している携帯電話で黒や美々たちと頻繁にメールのやり取りをしており、
 携帯電話には「RIN」というロゴが入ったストラップを付けている。
 家では母親の従弟のレイジと2人で暮らしており、保護者でもある彼に対しては子供らしく素直に懐いている。
 母親は既になく、また、実の父親とは別居中。
 幼少期に母親を失ったことで一転して鬱ぎ込むようになり、
 また、心因的な失語症を併発したことにより全く喋ることができなかったという時期があった。
 小学校に入学してからも同級生たちのすることに対し微塵も反応せず、誰に対しても心を開くことはなかったが、
 この当時から同級生だった黒や美々、そして当時のクラス担任の存在によって救われた。
 黒や美々とは今でも親友で、どこへ行くのにも3人一緒につるんでいる。非常に友達思いで、
 親友がいじめられたりすると相手が教師でも容赦せず、
 自分が正しいと思うことに対してそれを主張するためにあらゆる手段を使う。
 自分が小学校女子児童という社会的弱者の立場にあることさえも利用するなど、
 大人(特に教師)を効果的に恐怖に陥れる術にも長けており、実際に大介もそれで肝を冷やした経験がある。
 時折酷い残忍性をのぞかせることがあり、前担任の中村をノイローゼにし辞職に追いやったのを始め、
 大介の耳をかじったり、恋敵になりそうな京子を階段から突き落とそうとしたこともある。
 りんは自分がこうした状態に陥ることを「黒くなる」と表現している。
 4年進級時には学級委員長に就任した。3年生の頃とは違いクラスをうまくまとめる役となっていたが、
 今までに蓄えていた弱さも時折見せる様になり黒や美々を心配させている。
 また、大介から子供扱いしかされていない現状を顧みては寂しく思うこともある。”となっています!