2008年6月11日

1/8スケール 彩色済みフィギュア エム×ゼロ 柊 愛花 集英社 フィギュア

 こんにちは~!
本日3回目の更新は、先日入荷してきました集英社さんのフィギュアで、
好評のまま週刊少年ジャンプの連載も終了いたしました”エム×ゼロ”のヒロイン、
”1/8スケール 彩色済みフィギュア エム×ゼロ 柊 愛花”
再手配致しましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”大好評!集英社が贈るフィギュアシリーズ「SSS」第3弾は、
 週刊少年ジャンプ好評連載中の魔法学園コメディ『エム×ゼロ』より、ヒロインの柊愛花(ひいらぎ・あいか)です。
 コミックス2巻収録の愛花の初期設定画をもとに、
 なんとこの立体化に際し、原作者の叶恭弘先生自らが細部の設定を提供!
 彼女の得意魔法:声震砲(ボイスワープ)の瞬間を、同心円状に吹きつける複雑な動きの風に
 ひるがえった制服の造型で再現した、今にも声が聞こえてきそうな勢いの良い仕上がりです。
 普段は笑い上戸でキュートな愛花が見せる「本気」の表情をご堪能下さい! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール 彩色済みフィギュア エム×ゼロ 柊 愛花
capkon_hiiragi_1.jpgcapkon_hiiragi_2.jpgcapkon_hiiragi_3.jpgcapkon_hiiragi_5.jpgcapkon_hiiragi_4.jpgcapkon_hiiragi_6.jpgcapkon_hiiragi_7.jpgcapkon_hiiragi_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”柊 愛花”のキャラクター説明は
”柊愛花(ひいらぎ あいか)
 RI(レッドアイアン)プレート→WI(ホワイトアイアン)プレート(M:27)→RB(レッドブロンズ)プレート(M:94)
 ヒロイン。学校の魔法主任教師、柊賢二郎の娘。
 極度の笑い上戸なほか、単純な性格で人の言う事を信じ込みやすい。天然である。
 その性格のために入試の面接で九澄の答えを聞いて笑ってしまい、それ以来九澄の事が気になっていた。
 校内では三国久美・乾深千夜と行動を共にすることが多い。ちなみ、恋愛スキルはかぎりなく0に近い。
 また、本人は気づいていないようだが、愛花自身も九澄に対して恋心を寄せるようになってきており、
 徐々に両想いになっているようである。
 母親がいないため家事の一切を任され、料理の腕は中々のもの。
 九澄を始めとして実は多くの男子生徒から想いを寄せられているが、父を恐れて誰からも告白されていない。
 幼い頃に亡くなった母に会うという願いを叶える為にゴールドプレートクラスになろうとしている。
 得意魔法は物に視覚的な変化を加える魔法と「声震砲(ボイスワープ)」。
 声震砲は強力だがMP消費が大きく、一年生には不釣り合いな魔法であるが、
 父が護身用にと入学当初から覚えさせた。
 魔法クラスマッチではS・C(スパイ)。
 夏休み中盤、父に付き添いで布敷島に旅行をかねて滞在し、帰宅する直前、九澄に頼み、
 執行部の九澄の補佐になる(形式上はボランティア)。
 文化祭では、九澄と共に魔法執行部の代表としてイベントキングレースに参加する。
 将棋が強く、アマチュア初段の腕前である大門との対決では一手先行で勝ち切り
 (話の前後状況から恐らくは敢えて棋力を押さえそうしたと見られるフシがある)、
 アマ三段である刺客との対決では「こんな所でモタモタしていられない」と隙も与えず圧勝。
 少なくともアマチュア三段以上の実力があるものと考えられる。
 魔法試験2ndでは、愛花、三国、乾の3人の合体魔法を使いみごとクリアー、
 その後正式な魔法執行部の一員となる。”となっています!