2011年3月 5日

ストーリーイメージフィギュアEX こみっくパーティー 高瀬 瑞希 やまと製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ストーリーイメージフィギュアEX こみっくパーティー 高瀬 瑞希”となります!

 この商品は、
”大人気コンテンツ”こみっくパーティー”より高瀬瑞希を
 Cerberus Project TMのFrench Doll氏が立体化。
 インク瓶やノートなどのディテールも可愛い、
 爽やかさいっぱいの瑞希を是非お手に取って下さいね~☆”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ストーリーイメージフィギュアEX こみっくパーティー 高瀬 瑞希
yamato_sif_takase_1.jpgyamato_sif_takase_2.jpgyamato_sif_takase_3.jpgyamato_sif_takase_4.jpgyamato_sif_takase_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”高瀬瑞希”のキャラクター紹介は
”声:茶山莉子、佐久間紅美(『Revolution』第2話のみ)
 年齢 - 18歳 / 誕生日 - 5月12日(牡牛座) / 身長 - 160cm / スリーサイズ - B91/W60/H88(cm)
 血液型 - A / テーマ曲 - 「風はいつも春一番」
 本作のメインヒロインで、和樹や大志と同じ大学に通う大学生。赤毛と、
 右側に寄せ上げた横ポニーテールの髪型が特徴。和樹とは高校時代からの腐れ縁で、
 家事全般の面で何かと世話を焼く間柄。
 同じく腐れ縁の大志の影響もあってオタク的サブカルチャーを毛嫌いしており、
 和樹が同人漫画の道へ進むことに強く反発する。
 少々思い込みの激しい性格。スポーツ万能で、得意な競技はテニス。紅茶に関してはこだわりをもつ。
 左利き。
 和樹を理解し、自らも積極的にこみパを楽しむようになって以降はコスプレに興じることとなる。
 転げ具合はDC版、OVA版と進むごとに拍車がかかっている。となっています!”

2008年6月20日

SMILE800 V.I.P トレーディングフィギュア グッドスマイルカンパニー トレーディングフィギュア

 こんにちは~!
本日1回目の更新は、チョット前に入荷してきましたグッスマさんの話題のトレーディング
”SMILE800 V.I.P トレーディングフィギュア”
を若干数ですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”2Dを3Dに!V.I.Pトレーディングフィギュア!
 人気イラストレーターを一同に介してお送りしているトレーディングフィギュアシリーズ「V.I.P」から、
 厳選されたキャラクター立ちをトレーディングフィギュア化。
 「こみっくパーティー」「To Heart」「To Heart2」とアクアプラスの人気ゲームを
 またにかけたファン納得のコレクションとなりました。 ”となっています!

 ラインナップされたキャラクターは
”大庭 詠美、袖原 このみ、まーりゃん先輩、
 高瀬 瑞希、小牧 愛佳、マルチ、神岸 あかり”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・SMILE800 V.I.P トレーディングフィギュア
goods_vip_tf_1.jpggoods_vip_tf_2.jpggoods_vip_tf_3.jpggoods_vip_tf_4.jpggoods_vip_tf_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIに”マルチ”のキャラクター紹介は
”3月19日ロールアウト 星座:うお座 身長:147cm 3サイズ:68/52/73
 主人公の呼び方:「[名前]さん」【浩之さん】 テーマ曲:「夢見るロボット」
 HMX-12“マルチ”は来栖川重工(もしくは来栖川エレクトロニクス)で
 一般家庭向けメイドロボットとして開発されたアンドロイド。
 試作機のAIには「感情表現に対するフィードバック」及び「人間とのコミュニケーションにおけるAIへの影響」に
 関する実証試験のために「感情」が試験的にインストールされているため、
 ロボットとは思えない行動をとるだけでなく「夢」すら見る。
 しかし、主人公が通う学園で実施されたこの実証試験の結果、
 興奮状態になった場合にOSや機体にかかる負荷が大きく、場合によっては機能停止に陥ることや、
 量産化の際に「“作業機械”に感情は必要ない」という上層部の判断もあったことから、
 高性能機種であるHMX-13“セリオ”の廉価版メイドロボとして不必要な機能は排除されたため、
 量産型の感情表現機能はセリオと同じ程度になっている。
 ロボット三原則はインストールされていない。
 また、試作機には普通の人間と同じ外見の“耳”があるが、
 アンドロイドとしての特徴を際立たせるため「ギアレシーバー(アンテナ型のヘッドギア)」を装着させている。
 食事は採らず、動力源は家庭用電源からの充電に依るが、
 補助的に水素発電も行っており、生じた水はトイレで排泄を行う。
 ドジや失敗が多いものの、健気で一生懸命なところに萌えを喚起された人は数知れず、
 作中でも主人公もその姿を見て興味を抱くようになる。
 また、同人誌、パロディ4コマ漫画などにもよく取り上げられ、
 アニメ『To Heart 〜Remember my Memories〜』では実質上のメインヒロインになっている。
 他にも、後発の同類ゲームなどを始め、内容的にもビジネスモデル的にも
 (メディアミックス的展開、コンシューマー機への移植、アニメ化など)多大な影響を与えたとも言われる。
 続編である『ToHeart2』の開発においても彼女の影響は強く、
 「メイドロボを登場させない」「ヒロインを緑髪(マルチの髪色)にしない」といった、
 マルチとイメージが重複するキャラクターを作らない方針が採られた。
 メイドロボに関しては原画のみつみ美里の強い要望によってサブキャラとして登場した。
 また、『ToHeart2』本編中においてもキャラクターのセリフ中に名前が登場しており、
 数少ない2において名前が登場する本作のキャラクターの一人となっている。
 名前の由来は、当時晩年期に入っていたNEC PC-9800シリーズのエントリーライン
 「98MULTI」からと推定されている。
 しかし、メディアミックス展開が本格化する頃には、PC-9800シリーズはほぼ撤退が完了し、
 PC98-NXシリーズに移行していた。
 1999年頃、BeOSの公式サイトでマスコットキャラクターのネット投票を行ったところ、
 冗談でエントリーされていた“マルチ”に大量の票が集まり、最終的には全体の約80%もの得票率を得たことがある。
 1996年に陸上自衛隊で制式採用された96式多目的誘導弾システムの公募で決定された
 「96マルチ」という愛称が、一部では「HMX-12“マルチ”」から取られた
 (パソコン98MULTiをもじって名づけられたとの説も有り)のではないかという噂もあったが、
 実際には96式多目的誘導弾システムの開発時からの略称である
 MPMS(Multi-Purpose Missile System)のマルチから取られたというのが真相である。
 ちなみに、型式番号の「HMX」は「HomeMaid(ホームメイド)」から取られており、
 試作機には「HM」の後に試作機であることを示す共通コード「X」が付けられている
 (来栖川グループ製のメイドロボに関しては全機種共通で、
 試作機は「HMX-○○」、量産型は「HM-○○」という型式番号が付けられることになる)。”となっています!

2008年5月16日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 こみっくパーティー 芳賀 玲子 コトブキヤ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日5回目の更新は、こちらも店内清掃で発見した懐かしい商品から
美少女フィギュアメーカーさんの老舗”コトブキヤ”さんが大分前に手がけました
人気アダルトゲーム”こみっくパーティー”からの
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 こみっくパーティー 芳賀 玲子”
を見つけましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”アニメや漫画も好評の人気作品「こみっくパーティー」より芳賀 玲子を、
 シリーズ久々の新作として登場です!
 コスプレ姫” 芳賀 玲子”がボディーラインもくっきりのセクシーなチャイナ服姿で立体化です!”

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 こみっくパーティー 芳賀 玲子
kotobuki_komikku_haga_0.jpgkotobuki_komikku_haga_1.jpgkotobuki_komikku_haga_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる””のキャラクター説明は
”声 - むたあきこ
 年齢 - 18歳 / 誕生日 - 10月31日(蠍座) / 身長 - 165cm / スリーサイズ - B82/W58/H82(cm) / 血液型 - A
 短大生で、こみパ会場では人気のコスプレイヤー。
 対戦型格闘ゲームの男性キャラクターのコスプレが得意。
 サークル「チーム一喝」の主催でもあり、メンバーの3人とはよくつるんでいる。
 同人誌を出す際は、ボーイズラブ(いわゆるやおい系)が主。
 飾らない性格のため、男性である和樹とも気さくに会話する。
 口癖は「にゃはは☆」、「にゅふふ☆」など。普段はゲームセンターでアルバイトをしている。
 短大は和樹の大学の併設校であり、一般教養科目は同じキャンパスで受講している。
 彼女達のサークル名「チーム一喝」は、グラフィッカー・きむらやりょうのサークル名「Team十勝」のもじり。”となっています!