2008年10月 7日

1/7スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス 水着Ver ニューライン製 フィギュア

こんにちは~!
本日5.回目の更新は、ニューラインさんから8月に発売された
”1/7スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス 水着Ver”
を若干数ですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”アニメ終了後も未だにゲーム、小説、
 コミック等で熱烈なファンに支持され続ける「神曲奏界ポリフォニカ」は、精霊と人とが共存する世界の物語。
 そのヒロインである“紅き精霊”コーティカルテ・アパ・ラグランジェスを、
 人気の少女バージョン、しかもPVC初となる水着姿で立体化。
   キャラクター原案を手掛けた神奈月昇氏によるビジュアルファンブック用描き下ろしイラストを元に、
 奔放で快活なコーティのイメージを意識したポージングへとアレンジ。
 少女らしさに拘ったボディラインをはじめ、特徴的な髪型や浮き輪、
 フリルなどの細部の作り込みにも力を注ぎ、情報量の不足しがちな水着姿としては
 飾り映えのする造型に仕上がっています。
 真夏のビーチを活き活きと飛び回るコーティを、ぜひともご堪能ください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/7スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス 水着Ver
newline_kamikyoku_1.jpgnewline_kamikyoku_2.jpgnewline_kamikyoku_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”コーティカルテ”のキャラクター紹介は
”声:平井理子/戸松遥
 「赤」のヒロインで、フォロンの契約精霊。「始祖精霊」の一柱で、桁違いの力を持つ精霊の女王。
 フォロンにのみ、コーティという愛称で呼ぶことを許している。
 紅の殲滅姫<クリムゾン・アニヒレイタ>、我が侭な紅<ウェイワード・クリムゾン>、
 血塗れの公爵夫人<ブラッディ・ダチェス>、紅の女神等、数多くの異名を持つ。
 姫と冠されている事や数々の異名からも窺える様に、気位が高く非常に我が侭で短気で尊大な性格。
 本来の姿は美しい成人女性なのだが、様々な事情からその姿は封印されていて、
 普段は13~14歳くらいの少女の姿を採っている。
 フォロンの神曲の支援がある時だけ本来の姿に変身し、その強大な力を「制限無く」振るう事が可能になる。
 最古の精霊として、精霊達の中でも知らない者の方が多い様な事柄まで知っており、
 人間達がいつか真相に辿り着くのを楽しみに待ち続けている。
 「白」で明かされた男性の好みはフォロンそのものであり、
 ブランカを人間に変装させる際にそっくりの容姿にした事がある。
 フォロンとの出会いは、第一次<嘆きの異邦人>動乱の最中。
 当時、彼女は異邦人の盟主クチバ・カオルの契約精霊としてその強大な力で猛威を振るっていたが、
 四楽聖相手の戦で遂に敗走し後は消滅を待つだけにまで衰弱していた。
 その身を救ったのが、当時孤児院に居た幼いフォロンの「歌声」だった。
 この運命の出会いで、コーティカルテはそれまでの全てを棄てて光の下を歩む決心をする。
 しかし、フォロンとの精霊契約の途中、レイトスに捕まりフォロンと引き離されてしまう。
 それから12年後、フォロンの専門課程への進級に合せて封印を解かれ再会を果すが、
 中途半端な契約と長きに渡る封印による飢餓状態の影響で存在が不安定となり、
 安定を保つ為その姿は少女のものへと変化していた。
フォロンに心底惚れており、常に彼の存在を独占しようとする。
 その為にフォロンは他の精霊を一切呼べず神曲楽士としての仕事の幅を狭めているのだが、
 その事を理解していてもなお気持ちを抑える事が出来ないでいる。
 その独占欲は当然人間の異性にも適用される為、大変なやきもち焼き。
 現在は、精霊としてだけでなく女性としてもフォロンを独占するに足る存在になろうと、
 人間の子供を生む方法を捜している。
 ちなみに、「白」で明かされた男性の好みはフォロンそのものであり、
 ブランカを人間に変装させる際にそっくりの容姿にした事がある。”となっています!

2008年3月30日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス ムービック製 フィギュア

 おはようございま~す!
本日1回目の更新は、今月27日に入荷してきましたムービックさんの新商品
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス”
の追加手配分が本日入荷してきましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”人と精霊が共に生きる世界を舞台に繰り広げられる物語
 『神曲奏界ポリフォニカ』より、強力無比な本来の姿の「コーティカルテ」を完全立体化!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 神曲奏界ポリフォニカ コーティカルテ・アパ・ラグランジェス
movic_kotexikarute_1.jpgmovic_kotexikarute_2.jpgmovic_kotexikarute_3.jpgmovic_kotexikarute_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”コーティカルテ”のキャラクター紹介は
”声:平井理子/戸松遥
 「赤」のヒロインで、フォロンの契約精霊。「始祖精霊」の一柱で、桁違いの力を持つ精霊の女王。
 フォロンにのみ、コーティという愛称で呼ぶことを許している。
 紅の殲滅姫<クリムゾン・アニヒレイタ>、我が侭な紅<ウェイワード・クリムゾン>、
 血塗れの公爵夫人<ブラッディ・ダチェス>、紅の女神等、数多くの異名を持つ。
 姫と冠されている事や数々の異名からも窺える様に、気位が高く非常に我が侭で短気で尊大な性格。
 本来の姿は美しい成人女性なのだが、様々な事情からその姿は封印されていて、
 普段は13~14歳くらいの少女の姿を採っている。
 フォロンの神曲の支援がある時だけ本来の姿に変身し、その強大な力を「制限無く」振るう事が可能になる。
 最古の精霊として、精霊達の中でも知らない者の方が多い様な事柄まで知っており、
 人間達がいつか真相に辿り着くのを楽しみに待ち続けている。
 「白」で明かされた男性の好みはフォロンそのものであり、
 ブランカを人間に変装させる際にそっくりの容姿にした事がある。
 フォロンとの出会いは、第一次<嘆きの異邦人>動乱の最中。
 当時、彼女は異邦人の盟主クチバ・カオルの契約精霊としてその強大な力で猛威を振るっていたが、
 四楽聖相手の戦で遂に敗走し後は消滅を待つだけにまで衰弱していた。
 その身を救ったのが、当時孤児院に居た幼いフォロンの「歌声」だった。
 この運命の出会いで、コーティカルテはそれまでの全てを棄てて光の下を歩む決心をする。
 しかし、フォロンとの精霊契約の途中、レイトスに捕まりフォロンと引き離されてしまう。
 それから12年後、フォロンの専門課程への進級に合せて封印を解かれ再会を果すが、
 中途半端な契約と長きに渡る封印による飢餓状態の影響で存在が不安定となり、
 安定を保つ為その姿は少女のものへと変化していた。
フォロンに心底惚れており、常に彼の存在を独占しようとする。
 その為にフォロンは他の精霊を一切呼べず神曲楽士としての仕事の幅を狭めているのだが、
 その事を理解していてもなお気持ちを抑える事が出来ないでいる。
 その独占欲は当然人間の異性にも適用される為、大変なやきもち焼き。
 現在は、精霊としてだけでなく女性としてもフォロンを独占するに足る存在になろうと、
 人間の子供を生む方法を捜している。”となっています!