2009年10月19日

電撃文庫magazine VOL.9 ホロ にいてんご限定ver.付録 メディアワークス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、さきの土日で倉庫整理をしていたら発掘できました
懐かしの?商品をご紹介させていただきます!
こちらの商品は、恐らく問屋様には在庫が既にありませんので当社在庫のみとなります。
数に限りがありものもありますので、ご入用の商品がありましたらお早めに御願いいたします!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”電撃文庫magazine VOL.9 ホロ にいてんご限定ver.付録”となっております!

 この商品は、
”ホロ にいてんご限定ver.!
 大人気フィギュアシリーズ にいてんご 発売に先行し、
 電撃マガジンオリジナルバージョンホロが付いてくる!
 サイズ全高約75mm(ベース含まず)
 狼と香辛料 特大ポスター付き(594×841ミリ) ”となっています!!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・電撃文庫magazine VOL.9 ホロ にいてんご限定ver.付録
medexiaworks_dengekibunko_9_horo_1.jpgmedexiaworks_dengekibunko_9_horo_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ホロ”のキャラクター紹介は
”声 - 小清水亜美
 普段は、亜麻色の長い髪、赤い琥珀色の瞳、
 そして先の白い尻尾と立った獣耳を持つ10代中頃の少女の姿をしている。
 しかしその正体は、何百年も歳を重ねた、人を丸呑みにできるほど巨大な狼である。
 「わっち(私)」「ぬし(貴方)」「~ありんす」「〜かや」などの廓詞を使い、ときおり達観した物言いをする。
 相手の声色から嘘を見抜き、触れあった硬貨の音から純度の差を聞き分ける優れた耳を持ち、
 鋭い洞察力や、麦を瞬く間に成長させる能力なども持つ。
 もっとも、ロレンスと出会うまで何百年もパスロエ村に「麦の神」として拘束されていたため、
 少々世間からズレたところもある。
 故郷ヨイツをはなれ各地の伝承にその名を残したが、
 悪魔憑き(人狼の類)と誤解され騒がれるのを嫌って人目に触れるのをはばかるようになっており、
 気を許した相手のほかには耳や尻尾を見せることはない。
 その各地の伝承では、ホロ以外にホロウという名で記録が残されている場合がある。
 教会からは迫害を受けて追われ、村人からは神として扱われ、対等に話せる相手に恵まれぬ半生であった。
 そのため畏敬されることを好まず、ロレンスが張り合ってくることを内心では喜び、老獪な知恵で助けようとする。
 狼の習性で丸呑みすることもあるが基本的には美食家で、特に甘い物には目がなく林檎は大好物。
 その上、大酒飲みでもある。
 必要となれば生き血か、数粒の麦粒を食べることで狼に戻る。麦に「宿る」ことで自らの命をながらえ不死となり、
 その麦は腐ることなく温もりを保つという。
 自分が宿った麦粒を収めた皮袋をロレンスに作ってもらい、首から下げて大切にしている。”となっています!

2009年5月 1日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 狼と香辛料 ホロ グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に完売になってしまった人気商品を
若干数ずつですが再手配をかけさえていただきましたのでご紹介させていただきます!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 狼と香辛料 ホロ”となっております!

 この商品は、
亜麻色の長い髪と見事な尻尾!
 TVアニメ第2期制作も決定した電撃文庫の大人気作『狼と香辛料』から、
 狼の耳と尻尾を持ったヒロイン「ホロ」が登場です。
 アニメのキービジュアルをモチーフに、元気いっぱいの姿を表現しました。
 頭部は獣耳とスカーフの2パターン、衣装はスカートとズボンの2パターンに変更が可能。
 お好みの組み合わせで“豊作の神”をお手元に!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 狼と香辛料 ホロ
good_horo_1.jpggood_horo_2.jpggood_horo_3.jpggood_horo_4.jpggood_horo_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ホロ”のキャラクター紹介は
”声 - 小清水亜美
普段は、赤い琥珀色の瞳に先の白い尻尾と立った獣耳、亜麻色の長い髪を持つ10代の少女の姿をしている。
 しかしその正体は、何百年も歳を重ねた、人を丸呑みにできるほど巨大な狼である。
 「わっち(私)」「ぬし(貴方)」「~ありんす」などの廓詞を使い、ときおり達観した物言いをする。相
 手の声色から嘘を見抜いたり、触れあった硬貨の音から純度の差を聞き分ける程の耳や、鋭い洞察力、
 麦を瞬く間に成長させる力を持つが、ロレンスと出会うまで
 何百年もパスロエ村に「麦の神」として拘束されていたため、少々世間からズレたところがある。
 故郷ヨイツをはなれ各地の伝承にその名を残したが、
 悪魔憑き(人狼の類)と誤解され騒がれるのを嫌って人目に触れるのをはばかるようになっており、
 気を許した相手のほかには耳や尻尾を見せることはない。
 教会からは迫害を受けて追われ、村人からは神として扱われ、対等に話せる相手に恵まれぬ半生であった。
 そのため畏敬されることを好まず、ロレンスが張り合ってくることを内心では喜び、老獪な知恵で助けようとする。
 狼の習性で丸呑みすることもあるが基本的には美食家で、特に甘い物には目がなく林檎は大好物。
 その上、大酒飲みでもある。
 必要となれば生き血か、数粒の麦粒を食べることで狼に戻る。
 麦に「宿る」ことで自らの命をながらえ不死となり、その麦は腐ることなく温もりを保つという。
 自分が宿った麦粒を収めた皮袋をロレンスに作ってもらい、首から下げて大切にしている。”となっています!

2008年3月13日

1/6スケール キャストオフ フィックスフィギュア 狼と香辛料 ホロ オリジナルイラストVer タキコーポレーション製 フィギュア

 こんにちは~!
本日8回目は本日から予約を開始させていただきます、
タキコーポレーションさんの、定番フィギュアシリーズ”キャストオフ フィックスフィギュア ”!
”1/6スケール キャストオフ フィックスフィギュア 狼と香辛料 ホロ オリジナルイラストVer”の
画像を手のいれましたので合わせてご紹介させていただきます!

 この商品は、
”イラストはキャラデザイン黒田和也氏の描き下ろし!!
 足首のアンクレットが魅力を引き立たせます。
 胸元に下げた革袋も再現。
 大人気アニメ「狼と香辛料」の
 主人公ホロがオリジナルイラストを元にしたフィギュアで登場!
 このフィギュア以外では見られないホロの姿をご堪能ください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
1/6スケール キャストオフ フィックスフィギュア 狼と香辛料
taki_horo_1.jpgtaki_horo_2.jpgtaki_horo_3.jpgtaki_horo_4.jpg
taki_horo_5.jpgtaki_horo_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ホロ”のキャラクター説明は
”声 - 小清水亜美
 一見、栗色の髪を伸ばした15歳ほどの少女の姿だが、赤褐色の目で先の白い狼の尻尾と大きな獣耳を持つ。
 その正体は成人を3人は背に乗せて走り、また成年男性を丸呑みにできるほどの巨狼である。
 遙か北の地にある故郷『ヨイツ』を離れての放浪中に、ある青年と交わした約束からパスロエ村の麦に宿り、
 半ば土地に縛られながらも数百年に渡り豊作を司る神と崇められる存在であった。
 しかし、時代の変遷による人心の変化を倦み、次第に村との離別の意を深めていた。
 村の収穫祭の始まるとなる最後の刈り入れの時、
 偶然通りかかった荷馬車に積まれた麦束に移ることで村からの脱出を果たした。
 その夜に出会った荷馬車の持ち主ロレンスに、故郷を目指しつつも見聞を広めるための二人旅をねだる。
 その後、ロレンスを様々にからかったり、現代知識の差でやり込められたりといった軽妙な会話を繰り広げながら、
 道すがら尋ねる言い伝え頼りの道中を楽しんでいる風である。
 「わっち」(私)「ぬし」(貴方)「~でありんす。」などという廓詞口調の言動は概ね冷静かつ老獪であり、
 年経たモノに相応しい知恵で、しばしばロレンスを助ける。
 自らを神とは思ってはいないものの「賢狼」と称する尊大な性格であるが、
 故郷で暮らしていた昔でさえ奉れていた自らの孤独を倦み、取り残されることを恐れる余り取り乱すこともある。
 故郷を出てしばらくは、人の姿で耳と尻尾を隠すことなく人前に現れて土着の伝承の中に行状を残すが、
 現在の教圏では悪魔憑きして忌むべき存在とされている。
 過去に教会関係者に追い回された経験もあり、気を許した相手以外の前では耳と尻尾を巧みに隠す。
 本来の狼の姿を人間に恐れられたり崇め奉られるのを嫌い、また、子供が畏敬の念抜きに接してくるのを喜ぶ。
 最高級の葡萄酒をそうと知らずに飲み「これぐらいが普通と思った」と言い放つ肥えた舌を持ち、
 美味しい食べ物、特に甘い物に目がなく、また二日酔いも辞さない大酒飲みである。
 何よりの自慢は美しい毛並みの尻尾で、ノミ取りから櫛梳きまで常に手入れを怠らない。
 この尻尾を誉められると世辞と判ってさえ大層喜ぶ。
 その耳は人の姿を取っていても狼のそれで、僅かに異なる組成の硬貨の音色を聞き分け、また声色から嘘を見抜く。
 いつも胸元に下げている皮袋に収めた自らが宿る麦は、決して腐ることなく温もりを保っている。
 また、麦粒を瞬く間に実るまで成長させることができる。”となっています!