2008年3月15日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード カルメン99 マックスファクトリー製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日4回目の更新とは店内清掃で見つけた懐かしい商品をご紹介!
 今回ご紹介する商品は、DIAGOも深夜枠の包装ながら嵌ってみていた
2005年のDAIGO的ヒット番組”ガン×ソード”から
美少女フィギュア業界の雄”マックスファクトリー”さんの商品で
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード カルメン99 ”
を見つけましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
99は大人の魅力、悩ましげなポージングで貴方を悩殺!
 2005年後半を嵐のように駆け抜けた傑作、痛快娯楽復讐活劇 『ガン×ソード』 から
 99cmのバストと99の謎を持つ女 『カルメン99』 が登場です。
 原型を担当しているのは、プラギルドの「See」氏。
 カルメンの魅力を、腰に手を当てた悩ましげなポーズで、美しい体のラインを強調しつつ見事に表現しています。
 セクシーな衣装と腰周りの造形美は必見です!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード カルメン99
max_karumen_,1.jpgmax_karumen_,2.jpgmax_karumen_,3.jpg
max_karumen_,4.jpgmax_karumen_,5.jpgmax_karumen_,6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”カルメン99”のキャラクター説明は
”本名はカルール・メンドゥーサ。23歳。ヴァンとウェンディの前に現れる謎の女情報屋。
 「タンダー」と呼ばれるホバースクーターを使用し、多々な情報収集を行っている。
 危険に巻き込まれた場合は、4枚の刃が出るヨーヨー状の武器で応戦する。
 金に強い執着を持ち、金目と思われるものは持ち帰り、
 それらの鑑定や解析を依頼する際にも依頼料を強引に値切っている。
 通り名の末尾の“99”については、99cmのバストを持ち、99の謎を持つ等のいわれがあるらしい。
 ちなみに、第一の秘密は好きな人の名前である。
 情報屋を志す以前に一時ダイナーでウェイトレスをしていた経験から、コーヒーを淹れるのは巧いらしい。
 本名に対して少々のコンプレックスを感じていて、「カルールさん」と呼ばれる度に「カルメン99」と釘を刺している。
 ヴァンに好意を抱いていると思われる描写があるが、想いを表現することはほとんどない。
 なお、第9話のエンディングは彼女に合わせた特別版となっている。”となっています!

2007年9月 7日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード ウェンディ 着替えVer マックスファクトリー製 フィギュア

 こんにちわ~!
本日7回目の更新は、マックスファクトリーさんの新作フィギュア!
人気の"POLOシステム"搭載の"1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード ウェンディ 着替えVer"を
本日から予約を募らせていただきますので合わせてご紹介させていただきます!

maxfac_uxenndexi_polo_pop.jpg
 この商品は、 "『ガン×ソード』よりマックスファクトリー2体目となるウェンディが登場。  キャラクターデザインの木村貴宏氏が描き下ろしたイラストを元に、柔らかさをもった質感表現に注力して立体化しました。  下着の隙間や太ももなど13歳らしからぬ色気を醸し出す造形にも注目。  着替え中の無防備な一瞬を切り取った、ヴィネット風フィギュアです。"となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 ガン×ソード ウェンディ 着替えVer
maxfac_uxenndexi_polo_mae.jpgmaxfac_uxenndexi_polo_usiro.jpg
maxfac_uxenndexi_polo_up.jpgmaxfac_uxenndexi_polo_up2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 そして、お待ちかねPOLOシステムは!・・・・・すいません後ろ姿だけすが・・・・・
maxfac_uxenndexi_polo_oplo.jpg

 WIKIによる"ウェンディ"の説明は
"ヴァンと共に旅をする少女。13歳。こちらも「カギ爪」を追っているが、目的は誘拐された兄ミハエルを探すためである。
 叔父に引き取られ、その死後からずっと兄と二人で生活していたため、兄妹の絆は深い。
 後にカギ爪の思想に染まってしまったミハエルに再会し絶望するが、それを乗り越えて、
 何が正しくて何が悪いのかを自らの目で確かめるために旅を続ける。
 「兄の大切なもの」だった背中の銃は、ミハエルとの再会後は「自分の物」として捉えることができるようになり、
 以後、この銃は兄の思惑を離れて自分の考えで前へ進むというウェンディの意志を表すシンボルとなった。"となっています!