2010年11月14日

1/10スケール PVC製塗装済み完成品 らき☆すた 泉こなた(水着Ver) ウェーブ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/10スケール PVC製塗装済み完成品 らき☆すた 泉こなた(水着Ver) ”となります!

 この商品は、
”これまでにも、泉かなた&こなた等、数々のらき☆すたのキャラクターを製作し、
 絶賛されてきた原型師・千鶴氏が満を持して水着姿で泉こなたをフィギュア化致しました。
 クリアー成型のビーチボールが付属します。本製品は頭部に
 シリーズ統一のネックジョイント【H】規格を搭載しており、
 可動させることで微妙なしぐさの変化を楽しむことが出来るようになっています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/10スケール PVC製塗装済み完成品 らき☆すた 泉こなた(水着Ver)
wave_konata_beach_1.jpgwave_konata_beach_2.jpgwave_konata_beach_3.jpgwave_konata_beach_4.jpgwave_konata_beach_5.jpgwave_konata_beach_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”らき☆すた”の概要は
”小柄でアニメやゲームが大好きなオタクな女子高生泉こなたとその友人でゆったりした性格の柊つかさ、
 つかさの双子の姉でしっかりものでツッコミ役の柊かがみ、
 容姿端麗で博識ながら天然な所がある高良みゆきの4人を中心として、
 その周囲の人々も含めたまったりとした普段の生活を描いている。
 タイトルは“Lucky Star(ラッキー スター)”が原義であり単行本表紙のロゴにもそうデザインされている。
 作者の美水によれば「女の子が学園生活を送る漫画のタイトル」としてイメージした結果、
 女優が演じるという意味合いの「スター」と「幸運」と「気まぐれ」という意味を持つ「ラッキー」をあわせたとしている。
 そもそもは連載を予定していた作品ではなくコンプティーク誌で急に生じた空きページを埋めるための
 掲載だったが人気を博したため連載される運びとなり、
 その後少年エースやコンプエースなど、掲載誌も増えていった。
 2005年8月24日にドラマCDが発売された。
 さらに2005年12月1日にはニンテンドーDSで『らき☆すた 萌えドリル』が、
 2007年5月24日には同じくニンテンドーDSで続編の『真・らき☆すた萌えドリル 〜旅立ち〜』が発売された。
 そして、2007年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、
 それに連動する形で2007年1月からラジオ番組『らっきー☆ちゃんねる』も放送が開始。
 また『真・らき☆すた』の予約特典であった
 恋愛アドベンチャー「らき☆すら -Lucky☆Star RAvish Romance-」が2008年1月24日に
 プレイステーション2用アドベンチャーゲーム
 『らき☆すた 〜陵桜学園 桜藤祭〜』というタイトルに変えて発売された。
 またサイドストーリーとして、登場人物の一人で情報ページ『らっきー☆ちゃんねる』の
 キャプテン・小神あきらを主人公にした『あきらの野望』『あきらの王国』がコンプエースで、
 『萌えドリル』シリーズのオリジナルキャラクター、
 宮河ひなた・ひかげ姉妹を主人公にした『宮河家の空腹』がコンプH'sでそれぞれ連載されている。
 主な登場人物4名はマンガ連載開始時は高校1年生であり、当初は実際の年度が進むに従って
 リアルタイムに進級(現在は3年生)していた。
 ただし、編集部の方針によって、高校3年生の2学期以降は時間の流れが実質的に停止している。
 なお、アニメでは第13話までは2年生、第14話からは3年生である。”となっています!

2010年9月 9日

ねんどろいど ぷち らき☆すた×ストリートファイター セット グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいど ぷち らき☆すた×ストリートファイター セット”となります!

 この商品は、
”『コンプティーク』誌上で実現した「らき☆すた」と
 「ストリートファイター」とのコラボレーション企画が、
 ねんどろいどぷち4体セットとなって登場です!
 美水かがみ先生が描き上げたイラストを忠実に再現。
 さらに可動箇所を追加することでそれぞれの必殺技ポーズも可能となりました。
 観て、遊んで、そのかわい~い姿に癒されちゃってください! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいど ぷち らき☆すた×ストリートファイター セット
good_nenputi_st_rakisuta_1.jpggood_nenputi_st_rakisuta_2.jpggood_nenputi_st_rakisuta_3.jpggood_nenputi_st_rakisuta_4.jpggood_nenputi_st_rakisuta_5.jpggood_nenputi_st_rakisuta_6.jpggood_nenputi_st_rakisuta_7.jpggood_nenputi_st_rakisuta_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ガイル”のゲーム上の特徴は
”隙の少ない飛び道具「ソニックブーム」を撃ち、
 それに対する相手の対応を各種通常技で潰していく。
 下溜めが完了していれば対空は出始めに無敵のある「サマーソルトキック」で
 万全という防御面に優れた対応型のキャラクター。
 2つの必殺技がタメコマンドであった事もこの戦い方とうまく合致し、
 待ちガイルという言葉も生まれ、このスタイルは初心者でも簡単に実行でき、
 かつ隙が少ないため対戦では嫌われた。
 また、このときの強烈なイメージから、
 2005年に発売された攻略DVD『THE STARTING OVER HYPER STREET FIGHTER II』の
 パッケージイラストには、
 全キャラクターに睨まれながら無表情でしゃがみ込む
 ガイルのイラストが採用されたというエピソードがある。
 近寄られたら中足払いやソニックで追い払って、
 飛んだらサマーソルトもしくは通常技対空という戦法が強力だった。
 初代『ストII』では(プレイヤーの技術を考慮に入れなければ)直接対決で
 ガイルと互角に渡り合える相手はダルシム以外におらず、
 (プレイヤーの技術が高ければ)ザンギエフなどは比較的健闘できたものの
 ブランカや春麗などジャンプ攻撃を主体にしたキャラクターは苦戦を強いられた。
 『ストリートファイターII'』(以下『ダッシュ』と表記)以降はシリーズが進むごとに
 弱体化が図られた。 『ストリートファイターII'ターボ』以降においては、
 必殺技のサマーソルトキックの威力がリュウの弱パンチ程度になる、
 同じく必殺技のソニックブームが4回連続ヒットしても敵がピヨリにならない、
 反面リュウの強パンチ→強キックの2回でこちらはピヨリに陥るなど、
 甚だ不当なほどに弱体化させられている。
 『ストII』は最初から北米でのマーケットも国内同様に重視されており、
 アメリカでの主人公キャラクターという位置づけで作られたキャラクターなので、
 クセがなく使いやすい操作系に設定されている。
 ストーリーに関して言えば、ラスボスのベガと直接関係のないリュウやケンと違い、
 春麗とともにストーリー上の中心的キャラクターになっている。”となっています!

2010年2月22日

figma(フィグマ) TVアニメ らき☆すた 柊 かがみ 夏服ver. マックスファクトリー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末などに完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”figma(フィグマ) TVアニメ らき☆すた 柊 かがみ 夏服ver.”となります!

 この商品は、
おなじみ「らき☆すた」より、柊姉妹のしっかり者の姉「柊かがみ」が夏服姿で登場です!
 スムーズ且つカチッと決まるfigmaオリジナル間接パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現。
 軟質素材をスカートやセーラー服に使う事でプロポーションを崩さずに可動域を確保。
 豊富な手首パーツには「持ち手」や「サムズアップ手」なども付属します。
 表情は「笑顔」とかがみらしい「怒り顔」、付属のシールでお好みの表情が作れる
 「のっぺら顔」の3種類をご用意しました。
 さらに同じクラスの友人「日下部みさお」の頭部パーツが付属。
 これまで通り、表情パーツは他すべての「らき☆すた」figmaキャラクターとの交換が可能です。
 さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・figma(フィグマ) TVアニメ らき☆すた 柊 かがみ 夏服ver.
max_figuma_kagami_natu_1.jpgmax_figuma_kagami_natu_2.jpgmax_figuma_kagami_natu_3.jpgmax_figuma_kagami_natu_4.jpgmax_figuma_kagami_natu_5.jpgmax_figuma_kagami_natu_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”柊かがみ”のキャラクター紹介は
”声 - 小清水亜美 / 加藤英美里
7月7日生まれ。血液型はB型。身長は159cm。左利き[8]。胸ランクは中。埼玉県在住。柊家の三女で、
 つかさの二卵性双生児の姉。両親姉妹との6人家族。
 3年C組所属(1年度は不明、2年度はD組所属)、第6巻で卒業。成績優秀で、得意科目は英語。
 弁護士志望で、卒業後の進路希望は法学部。
 努力家で見栄っ張り。苦手科目は家庭科で、料理はあまり上手くない。
 性格は現実的かつシビアで、おみくじに関する感想を述べたときはこなたに
 「関係者の台詞じゃない」とまで言われている。他人にはやや厳しく、自分にはやや甘め(特にダイエット関連で)。
 外見は、やや癖のあるライトパープルのロングヘアで、
 リボンでツインテールにしている。初期には小さいアホ毛がつくことがあった。瞳は薄い青紫色。
 ツリ目で、典型的なツッコミキャラ。その一方で寂しがり屋な所もあり、
 本人は否定するもののツンデレキャラとされることが多い。
 こなたやつかさ、みゆきと同じクラスになることを強く望んでいるにもかかわらず、
 自分一人が別のクラスに配属されてしまう事に不満を持っている。
 趣味はゲーム(特にシューティングゲームを好むが知識を競うジャンルも得意)と読書で、
 主にライトノベルを読むことが多く、特に「フルメタル・パニック」にハマっている。
 そのためかこなたからはオタクと見なされている。
 原作では「涼宮ハルヒシリーズ」も好きだが、アニメ版ではこなたの付き合い程度にしか接していない。
 実はこなたほどではないがゲームやアニメに関する知識は意外と豊富。
 こなたのコミケに関するマナーに「専門用語」交じりでチェックを入れるなど、
 こなたと接するうちにオタクな知識が増えていっているが、オタク自体には偏見を持っている。
 また、自身がオタクと見なされる事に嫌悪感を抱いており、
 こなたのオタク的発言に注意したり、オタク的な行動に呆れたりしている。
 ペットとして、縁日で手に入れた金魚を飼っている(原作では「たま」、アニメ版では「ぎょぴちゃん」と命名)。
 こなたから上記のとおり「ツンデレキャラ」扱いを受ける他「凶暴な性格」だと言われたり、
 「髪を切る」「ダイエットする」と言い出すと「男絡みだ」と言われ、
 更にお菓子や料理を作ったら「不味そう」と言われる等挑発的な発言をされている。
 人一倍体重に気を使っているが、大好きなお菓子を食べすぎたり、
 正月にお餅をいっぱい食べたりで、体重がらみで嘆くことが多い。
 こなた、つかさ、みゆきに対しては下の名前で呼ぶが、
 みさお、あやのに対しては中学の頃から呼び慣れているためか「日下部」「峰岸」と名字で呼んでいる
 (自身も2人から名字で呼ばれている)。
 また、こなたからは時折「かがみん」、時に茶化されて「かがみ様」と呼ばれることもある。
 こなたやみさおに対しては言葉遣いが荒くなることが多い。
 同じクラスの生徒には「柊(さん)」と呼ばれているが、
 こなた達のクラスの生徒には「かがみ(さん)」と呼ばれている。
 好きな物はお菓子(特にチョコ菓子)。嫌いな物は貝類、体重計。
 好きな色は菫(すみれ)色と黒。動物に例えるとウサギ(寂しがり屋でツインが耳にみえるから)。”となっています!