2010年11月24日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲 -Saki- のどっち アルター製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲 -Saki- のどっち”となります!

 この商品は、
”・美少女達の本格麻雀ストーリー『咲 -Saki-』より、“原村 和”をネット麻雀で
 伝説的な強さを誇る“のどっち”の姿で立体化。
 あどけない表情と自然なポーズの中に、芯の強さを感じさせます。
 クリアパーツで再現された羽根や天使の輪、衣装のパール塗装等、細部にこだわって再現。
 天使を思わせる衣装から覗く胸元がセクシーな仕上がりです。
 髪や衣の穏やかななびきが、優しい雰囲気を感じさせます。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲 -Saki- のどっち
alter_nodotti_1.jpgalter_nodotti_2.jpgalter_nodotti_3.jpgalter_nodotti_4.jpgalter_nodotti_5.jpgalter_nodotti_6.jpgalter_nodotti_7.jpgalter_nodotti_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”原村和”のキャラクター紹介は
”声 - 小清水亜美
10月4日生まれ。1年生。巨乳が特徴の美少女。
 全国中学生麻雀大会(インターミドル)個人戦優勝の経験を持つ実力者で、
 運に頼らない完全理論派(デジタル)の打ち手。そのため、感性派の打ち手に対しては否定的になりがちである。
 勝負に真面目で、手加減されることを嫌う。普段から年上年下無関係で丁寧語や敬語を多用する。
 「のどっち」のハンドルネームでネット麻雀では伝説的強者として知られ、
 世間では運営スタッフが用意したプログラムと言われるほど。
 自室には自動卓やパソコン、高級デスクチェア「アーロンチェア」などがある。
 優希とは高遠原中学校時代からの友達で、
 麻雀無名校である清澄高校に進学したのは彼女と同じ高校を希望したためである。
 父親からは東京の進学校に進むことを拒否してまで麻雀を続けることを反対されたが、
 友達が出来た今の町を離れるのを拒み、
 高校生麻雀大会を優勝することで清澄高校に残ることを検討してもらう約束をした。
 当初は咲のことをやや嫌っていたが、麻雀を通じて友情を深めていき、親友となる。久に対しては、
 その打ち方を理解できないとしながらも、「あの人に任せて悪くなったことなんてない」、
 「中堅戦は部長だから心配ない」など、強い信頼も寄せている。
 呼び名は、「原村さん」「のどかちゃん」「原村」「和」「のどちゃん」「はらむらののか」「おっぱいさん」と多数ある。
 軽い少女趣味でエトペンという名前のペンギンのぬいぐるみを抱き枕として愛用している。
 リアルでの麻雀ではイージーミスが多かったが、久の「ペンギンを抱くと自宅と同じように眠れるのなら、
 ペンギンを抱けば自宅と同じように打てるかもしれない」という思い付きにより
 エトペンを抱いて打つようになってからは集中力が増し、
 ミスも大きく減った。その集中力がある点を超えるとのぼせたような雰囲気(覚醒状態)になり、
 リアルの麻雀をデジタルのゲーム画面のように知覚し、他者の気配に影響を受けることもなくなる。
 麻雀は基本的に右手で打つのがマナーであるため、作中では分かりにくいが、左利きである。
 県予選団体戦では副将。”となっています!

2010年9月11日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲-Saki- 天江 衣 アルター製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲-Saki- 天江 衣”となります!

 この商品は、
”美少女達による本格麻雀ストーリー『咲-Saki-』より、
 「牌に愛された子」の一人`天江 衣`が登場です。
 麻雀では異能の力を持ち、場を支配する恐ろしい面もある彼女。
 覗き込むように首を少し傾けた仕草や表情で
 彼女本来のあどけなく可愛い姿で立体化しました。
 トレードマークの大きな赤いリボンやフリルの付いた服、
 懐中時計など特徴的な小物もこだわって再現。
 柔らかく広がった髪の動感が穏やかな印象を与えてくれます。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 咲-Saki- 天江 衣
alter_amae_1.jpgalter_amae_2.jpgalter_amae_3.jpgalter_amae_4.jpgalter_amae_5.jpgalter_amae_6.jpgalter_amae_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”天江 衣(あまえ ころも)”のキャラクター紹介は
”声 - -- / 福原香織
 9月6日生まれ。2年生。透華とは従姉妹。ロングヘアーにうさぎの耳のようなカチューシャが特徴。
 かなり幼い外見と性格をしているが、
 力を見せるときは独特の自信にあふれた態度と威圧感で相手を圧倒する。
 かなりの毒舌家だが、根は素直。
 見た目や性格からか子供扱いされることが多いが、本人は嫌がっており、
 「こども」という単語に過剰反応する。
 アニメ版では就寝前に本を読んでもらわないと眠れないといった描写も見られる。
 舌っ足らずな口調だが、国文学者だった父の影響か、
 古典中国語や古典日本語の単語を多く鏤めた独特の話し方をする。
 前年度は素人同然の打ち方ながら県予選を制し、
 インターハイで最多獲得点数記録を樹立した全国でもトップクラスの高校生雀士である。
 プロアマ親善試合ではプロである靖子も参加していたが、優勝している。
 「海底牌にどの牌が埋まっているかを確実に察知する」能力を持ち、
 海底撈月を連続で和了ることも可能。
 一見咲と類似するが、あくまでこれは場を支配するという大きな能力の一部である。
 彼女の支配に置かれた場では最終的に必ず自分が海底牌をツモる流れとなり、
 その間、他家は副露さえほとんど出来ず、聴牌率も異常に下がってしまう。
 しかし、王牌はこの支配外にあるため、咲の嶺上牌で手が進む能力などには影響を与えない。
 また他家の聴牌気配を感じ、手の値段の高さをある程度察することも出来る。
 この他、既に副露している牌に槓ドラが乗ることも多く、
 相手の手牌をかなり正確に把握していると思われるシーンもある。
 透華によれば、満月の夜に近づくことで最高の状態となり、
 試合開始時間が遅い方が最大限の力を発揮できるとのこと。
 県予選団体戦では2年連続で大将を務める。
 和とはインターハイ県予選において、
 今宮女子の田中と門松がエトペンに悪戯をしようとした件を通じて知り合う。
 6年前に両親を事故で失い、親戚である龍門渕家に引き取られたが、
 そこでも龍門渕家当主(透華の父)に恐れられ、
 龍門渕邸の別館に幽閉同然の状態で住まわされていた。
 麻雀を打つことで他者に恐怖を与えることに孤独を感じ、麻雀の楽しさを感じられずにいるが、
 それでも自己の存在意義は麻雀を打つことにのみにあると思い込んでおり、
 藤田からは「麻雀を打つのでなく打たされている」と評されている。
 決勝戦において咲に大逆転負けを喫するも、
 初めて自分の意思で牌を打ち始めたことに喜びを見出す。
 咲とはこの時に打ち解けたようで、四校合宿ではすぐに咲と和を囲って麻雀を打ち始める。
 単行本カバー裏の物語にはエルフ風の姿で登場している。”となっています!