2012年10月23日

1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer. フリーイング製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer.”となります!

 この商品は、
今度のバニーガールはツンデレタイプ!?
 劇場版も人気の「そらのおとしもの」から、
 電子戦用エンジェロイドタイプβ『ニンフ』をセクシーなバニーガール姿で立体化。
 すらりと広がる特徴的なツインテールと
 ボディにフィットした衣装の造形にこだわり、太もも部分は生足を見せる仕様にしました。
 背を向け振り向きながらこちらをジッと見つめる、ニンフらしいポージングです。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/4スケール PVC製塗装済み完成品 劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ バニーVer.
reeing_ninhu_1.jpgreeing_ninhu_3.jpgreeing_ninhu_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”ニンフ”のキャラクター紹介は
”声 - 野水伊織
 中盤以降のヒロインの1人。
 イカロスに次いでシナプスから来た第2の未確認生物。電子戦用エンジェロイドタイプβ(ベータ)「Nymph」(ニンフ)。
 智樹のことを最初は「地蟲」(むし)と呼んでいたが、
 とある一件以降は「トモキ」と呼ぶようになった。
 約6500万年前生まれ(推定)。身長139cm、体重29kg。貧乳(72-45-68)。
 七色に光る透明な翼を持つツインテールの少女の姿をしている。
 イカロス回収の命を受けて地上に派遣され、イカロスの本性である「空の女王」を畏怖かつ唾棄し、
 当初は残忍な方法で彼女を責めていたが、
 同居するうちに幸せな生活を望むイカロスと彼女を取り巻く智樹達に感化されていく。
 やがて、自分を虐げることに喜びを見出すマスターより優しさに溢れた智樹へ情が移って裏切りを決意した結果、
 ハーピーに翼をちぎられて飛行能力を失ったものの、
 智樹達に鎖を断ち切られたことでシナプスのマスターから解放された。
 その後は智樹の家の居候となるが、日常生活では比較的常識人の部類であり、
 周囲のボケに突っ込みを入れる日々を過ごすが、たまに思いもよらないボケをかますこともある。
 また、お菓子をいつも食べており、不倫系の昼ドラを好んで鑑賞している。智樹に対し素直になれず、
 嬉しいことをされても照れ隠しに彼を殴打するツンデレ
 (元々相手に奉仕するという逆の立場で制作された存在なので、自分が奉仕されることに抵抗があるのも原因の1つ)。
 エンジェロイドが泳げないのは翼が水を吸って重くなるためとされているが、
 ニンフは翼が無い状態でも溺れていた。
 さらに、イカロスと違って耐水圧装甲は積んでいない。1度だけ風邪を引いたことがある。
 歌唱においてはかなりの音痴で、その破壊力は後に記述されるパラダイス=ソングを上回り、
 歌声は地球から太陽にまで届いた(その時に人類から言語も奪った)。他のエンジェロイドを呼ぶときは名前ではなく、
 型名(イカロスなら「α」、アストレアなら「Δ」)で呼ぶが、カオスとΖは例外でありカオスは名前で、
 Ζは日和が「非」現実だったころと同様「ヒヨリ」と呼んでいる。
 エンジェロイドの性質ゆえ、誰かからの命令を求めてしまう一面がある。
 そのことを心配する智樹に対し、とある一件以降は想いを寄せるようになった。
元々はシナプスへ侵攻してくる人間と戦う際の情報戦を前提に開発されたため、
 戦闘能力は他の戦闘用エンジェロイドより低く、
 超々超音波振動子「パラダイス=ソング」といった武装はあるものの、あまり攻撃力は高くない。
 代わりにジャミングやステルスなどの能力が優れており、
 人間の記憶や感情の操作といった脳への侵入さえ可能である(それらがきっかけで、
 イカロスは記憶と感情を取り戻すこととなった)。
 ただ、翼を失ったことでレーダー性能が下がっており、美香子やアストレアからそれを無神経に嘲られながらも
 耐えていたが、マスターを持たないことと併せてニンフのコンプレックスとなっていた。
 さらには、そのコンプレックスをカオスにえぐられて深く傷ついたが、智樹の優しさにより救われた。
 また、対カオス戦後では、智樹の「マスターになってやる。」という言葉を聞いて
 むしられた羽が再生した(原因は不明)。
 対エンジェロイドタイプΖ戦では、1度はΖ(日和)の破壊を立案し、
 自ら実行しようとするが、智樹らが現れ、その場で泣き崩れる。智樹の「負けんな!」と言う命令から、
 素粒子ジャミングシステム「Aphrodite」(アフロディーテ)を展開。見事に初勝利を収めた。
 その後、「マスター」の認識をシナプスの男から智樹へ移行するようになったが、
 実際に彼がマスターになったのかは不明。以後は智樹が些細な頼みごとなどをするたびに嬉々として迫ってくる。
 ダイダロス曰くΖ戦でニンフの翼の変化は予想もされないものだったらしく
 心当たりはありそうだがまだ詳細は不明である。
 第1回キャラクター人気投票での順位は2位。”となっています!

超ワンピーススタイリング GREAT DECISIVE BATTLE バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”超ワンピーススタイリング GREAT DECISIVE BATTLE”となります!

 この商品は、
”スタイリングシリーズ最新弾!
 魚人島編での戦闘時の勇ましい姿を立体化!【ゾロ】は上着を脱ぎ、抜刀した勇ましい姿、
 【チョッパー】は新たな戦闘形態のホーンポイント、
 【ナミ】は腰にバックルを装備し、新クリマタクトを構えた姿で立体化となります。
 また、人気急上昇の【しらほし姫】もラインナップに加え、
 スタイリングシリーズの更なる広がりを目指します。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・超ワンピーススタイリング GREAT DECISIVE BATTLE
bandai_tyouonep_great_1.jpgbandai_tyouonep_great_2.jpgbandai_tyouonep_great_3.jpgbandai_tyouonep_great_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”しらほし”のキャラクター紹介は
”声 - ゆかな
 リュウグウ王国王女。ネプチューン家長女で末っ子。巨魚ビッグキスの人魚。
 「人魚姫」と称されるほどの絶世の美女だが、父のネプチューン程もある巨体。
 ピンク色の長い髪を、たい焼きのような髪留めで留めている。
 10年前からバンダー・デッケン九世の執拗な求婚を受けており、彼の能力による攻撃から逃れるため、
 硬殻塔での軟禁生活を強いられている。
 それ故性格は非常に憶病かつ泣き虫だが、素直で優しく、芯の強い面もある。
 誰に対しても「様」付けで呼び、非常に丁寧な口調で話す。
 島民からは「しらほし姫」と呼ばれている。
 ルフィからは当初「弱虫」と呼ばれていたが、後に「よわほし」と呼ばれる。16歳。誕生日は4月4日(「し」らほ「し」)。
 数百年に一人生まれるという「海王類と会話ができる人魚」であり、古代兵器「ポセイドン」の名を継ぐ存在。
 人を救おうとすれば幾千もの命を救えるが、
 悪意を持ってその力を使えば「世界」を海に沈めてしまえるとまで言われている。
 母・オトヒメが暗殺されてから数年後に、暗殺犯が人間ではなくホーディであることを愛鮫のメガロから知ったが、
 犯人を決して憎んではいけないという母との約束のため、そのことを誰にも言わず一人胸の奥に仕舞いこんでいた。
 塔の中に入ったルフィを当初刺客と勘違いしたが、デッケンの斧から救われたことで信頼するようになる。
 ルフィから外に出ようという誘いを受け、メガロの口の中に隠れて硬殻塔から脱出。
 サンゴが丘でデッケンから直接求婚されるが、「タイプじゃないんです」と言い断った。
 海の森で念願であった母の墓参りを済ませると、ルフィらと捕えられた父を救出すべくギョンコルド広場に乗りこむ。
 デッケンが飛ばした方舟「ノア」を島から逸らすため、
 自ら囮となり船の破壊を試みるルフィに協力し、必死の叫びで海王類の助けを招いた。
 クーデター終結後の宴中、自身の秘密を知ったカリブーに攫われそうになるも、ルフィに助けられた。
 ルフィ達が旅立つ際、いつか一緒に地上を散歩することを約束した。”となっています!

アーマーガールズプロジェクト いまどきのムスメカ 御坂美琴 バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”アーマーガールズプロジェクト いまどきのムスメカ 御坂美琴”となります!

 この商品は、
”いまどきのムスメカ 立体プロジェクト第1弾は”御坂美琴”!
 「月刊娘TYPE」にて連載中の、
 メカを装備した美少女を明貴美加氏が描くイラストコラム「いまどきのムスメカ」を、
 「月刊娘TYPE」×「電撃ホビーマガジン」×「魂NATIONS」のコラボによって『アーマーガールズプロジェクト』で立体化!
 シリーズ第1弾は、「とある魔術の禁書目録II」より御坂美琴です。
 明貴氏によるイラストをメカ、美少女共に再現。表情パーツは2種類、
 背中のアーマーは可動式&取り外し可能で、
 パーツ差し替えにて「レールガン」ポーズも再現可能です! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・アーマーガールズプロジェクト いまどきのムスメカ 御坂美琴
bandai_tam_imadoki_mikoto_1.jpgbandai_tam_imadoki_mikoto_2.jpgbandai_tam_imadoki_mikoto_3.jpgbandai_tam_imadoki_mikoto_4.jpgbandai_tam_imadoki_mikoto_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”御坂美琴”の人間関係は
”上条とは本編開始より1ヶ月ほど前に、不良に絡まれていた所を彼が助けに入る形で出会った。
 その際に自分の能力を打ち消された事からレベル5のプライドを傷つけられとして目の敵にしていたが、
 「絶対能力進化実験」の阻止以降は恋心を抱いた行動を取るようになる。
 その後上条とテッラの会話を携帯電話で偶然聞き彼の記憶喪失を知り、
 後にそのことを知ったと打ち明けたが、逆に彼の信念を打ち明けられた事で彼への恋愛感情を自覚する。
 現在ではそれが美琴の大きな行動原理となっている。
 自分に憧れを抱き強引にルームメイトとなった後輩の黒子には友人兼パートナーとしては信頼しているが、
 彼女の過剰なアプローチには度々電撃の制裁を与えている。
 初めて婚后光子と出会った際には、お互い名前も知らない初対面にも関わらずすんなり友達と呼べる仲になった。
 また、友人関係を派閥の繋がりと勘違いしていた婚后に対して、
 友達は派閥を作らなくても自然と繋がっていくものと諭している。
 学校では上下を問わず尊敬の眼差しを向けられており、皆から慕われている。
 それ故、輪の中心に立つことは出来ても輪に混じることが出来ないため、特定の派閥には加わっていない。
 同じく常盤台中学に通うレベル5の食蜂操祈に対しては、彼女の陰湿な能力の使い方故に信用しておらず、
 また食蜂も美琴が派閥に属していないにも拘らず(本人の知らないところで)少しずつ勢力が拡大していく事を
 快く思っていないため、互いに犬猿の仲。美琴曰く「馬が合わない」。
 母・美鈴との親子仲は良好で、美鈴の容姿も合さって傍から見ると姉妹のように見える。
 「妹達」とは実験阻止以降も交流を続けているが、打ち止めの存在を知っているかは不明で、
 9月30日に目撃した際は特に反応を示すことはなかった。
 「絶対能力者進化実験」にて衝突した一方通行とは
 新約3巻にて「お互い加害者」という共通認識の元、戦時下で共闘した。”となっています!