2010年11月16日

北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.023 ラオウ”北斗無双Ver” 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.023 ラオウ”北斗無双Ver””となります!

 この商品は、
『新設定の豪華装備を徹底再現!
 北斗無双版拳王、遂にあらわる!』
 痛快格闘ゲームの決定版『北斗無双』に登場するキャラクターたちは、
 原作のデザインとは異なるディテールが設定され、豪華なコスチュームとなっています。
 その【無双版】キャラが北斗の拳レボリューションに参戦!
 圧倒的な存在感を放つ新コスチュームを装い、遂に世紀末覇者ラオウが登場です。
 豪華甲冑を緻密な造形と彩色で徹底的に再現しました。
 シリーズ最大級の巨体にして、派手な無双アクションを可能にするのは、
 関節随所に搭載された17個のリボルバージョイント。
 巨大マントは4ピース構成の可動式で、あらゆる動きに追従。
 マントは取り外すこともでき、ゲーム中で俊敏かつ豪快に暴れまわる様子も再現可能。
 戦闘モードのオプションヘッドを装着すれば、力でねじふせる「剛の拳」の演出も迫力満点。
 拳王を象徴する兜が付属。
 首には新たに2重関節を採用し、より繊細な表情をつけることが可能。
 オプションハンド4種と専用飾り台が付属”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.023 ラオウ”北斗無双Ver”
kai_rivo_raou_musou_1.jpgkai_rivo_raou_musou_2.jpgkai_rivo_raou_musou_3.jpgkai_rivo_raou_musou_4.jpgkai_rivo_raou_musou_5.jpgkai_rivo_raou_musou_6.jpgkai_rivo_raou_musou_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ラオウ”のキャラクター説明は
”作品ラオウ編終盤では、愛ゆえの哀しみ、強敵達との戦いゆえの哀しみを背負い、
 北斗神拳究極奥義 無想転生を体得したケンシロウに対し、
 何者にも、神すらも恐れず力で全てをねじ伏せてきたラオウが初めて恐怖を覚え、
 それを克服せんと苦悩するラオウの人間らしさが見て取れる。
 最終的に「俺を恐怖させた物それは…愛か!」という結論に至り、自らが愛するユリアを手にかけ、
 自身も哀しみを背負って無想転生を体得し、恐怖を乗り越え、
 万全の体勢でケンシロウを北斗練気闘座へ導き、最終決戦に臨む。
 互いに無想転生を纏った前代未聞の大激闘の末、ラオウはケンシロウの無想の拳の前に膝を着き、
 自分を倒したケンシロウを「弟」として褒め称える(この際、ケンシロウもラオウを「兄さん」と呼んでいる)。
 その時、殺されたはずのユリアが目覚める。
 驚愕するケンシロウとユリアに、ラオウは不治の病に冒されているユリアの秘孔を突き、
 あと数ヶ月だったユリアの命を数年にまで延ばした事を告げ、
 残る余生は二人で静かに幸せに暮らせと声をかけ、最期は自らの秘孔を突き、
 体内の全エネルギーを天に放出して立ったまま大往生を遂げる。
 この自決の様と、その間際に叫んだ台詞
 『わが生涯に一片の悔いなし!!』は彼の象徴としてあまりにも有名である。”となっています!

北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.022 レイ 黒髪版 ”北斗無双Ver” 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.022 レイ 黒髪版 ”北斗無双Ver””となります!

 この商品は、
”痛快格闘ゲームの決定版『北斗無双』に登場するキャラクターたちは、
 原作のデザインとは異なるディテールが設定され、豪華なコスチュームとなっています。
 その【無双版】キャラが北斗の拳レボリューションに参戦!
 優美で華麗な南斗水鳥拳のレイが、
 原作版とは一味違う硬質的な防具を身につけての登場です。
 鋭利な刃物と化した五指で、敵を切り裂く豪快エフェクトが左右の手に標準装備。
 手首のリボルバージョイントを介して自由に動かせるので、爽快な無双アクションにピッタリ。
 美しい弧を描いて敵を両断する大型真空派エフェクトパーツも付属。
 脚と腕の両方に装着でき、数々の奥義を再現。
 南斗水鳥拳によって切り裂かれるモヒカンヘッドがスペシャル特典として付属。
 リボルテックの他のキャラクターの首に付け換えて遊べます。
 攻撃モードのオプションヘッドを装着すれば、壮絶な戦闘シーンもリアルに演出。
 首には新たに2重関節を採用し、より繊細な表情をつけることが可能。
 後ろ髪にもリボルバージョイントを搭載し、空中戦で風になびく様を再現。
 オプションハンド6種と専用飾り台も付属。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・北斗の拳 REVOLUTION シリーズ No.022 レイ 黒髪版 ”北斗無双Ver”
kai_rivo_rei_kuro_1.jpgkai_rivo_rei_kuro_2.jpgkai_rivo_rei_kuro_3.jpgkai_rivo_rei_kuro_4.jpgkai_rivo_rei_kuro_5.jpgkai_rivo_rei_kuro_6.jpgkai_rivo_rei_kuro_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”レイ”のキャラクター紹介は
”南斗六聖拳「義星」の男。人のために生き、命を懸ける宿命を背負う。
 指や手刀による斬撃を主体とする南斗水鳥拳の使い手であり正統伝承者。
 彼の使う水鳥拳は、優美にして華麗、見るものを魅了し、そのためにユダから激しい妬みと逆恨みを買い、
 後にマミヤの運命を賭けて戦う事になる。奥義には「飛翔白麗」「飛燕流舞」「朱雀展翔(アニメ版)」 がある。
 登場時には、家族を惨殺し、妹アイリを連れ去った「胸に七つの傷のある男」
 (のちにジャギであったことが判明する)への復讐の念に凝り固まり、非道で孤独な旅を続けていた。
 当初はかなり荒んだ表情で、リンには「あの目は人を助けるような目じゃない」、
 バットには「大悪党のツラ」とまで言われ、
 ケンシロウも「自分の利益以外では動かない男」との人物評を下していた。
 マミヤ達の村へも最初は用心棒として訪れ、ケンシロウ達ともそこで知り合った。
 村人の前で弟の死にも冷徹さを貫く姿勢を見せながらも、
 陰でその弟の死を嘆き涙するマミヤの姿に動かされ、やがて利害を超えてマミヤ達のために戦う姿勢を見せる。
 更にはケンシロウ達の協力で妹アイリとの再会を果たし、
 以降、本来の「義星」であるべき輝きを取り戻していき、
 ケンシロウ達への無償の友情や愛のために奔走することになる。
 マミヤ達の村に侵攻したラオウに挑むも、馬上からの闘気による攻撃に圧倒されてしまう。
 なんとしてもラオウを葬り、ケンシロウに借りを返したいレイは、南斗究極奥義「断己相殺拳」で相打ちを狙うが、
 命を賭したこの勝負もラオウには指一本触れる事も叶わず、
 3日後に全身から血を吹き出して死に至る秘孔「新血愁」を突かれて敗北した。”となっています!

2010年5月17日

リボルテック 北斗の拳レボリューション No.0018 名も無き修羅 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテック 北斗の拳レボリューション No.0018 名も無き修羅”となります!

 この商品は、
『多彩な武器で七変化、名も無き修羅登場!』
 修羅の国の門番で、ファルコに瀕死の重傷を負わせた名も無き修羅が【北斗の拳レボリューション】に登場。
 豊富なオプションパーツの組み合わせで様々なタイプの修羅に早変わり。
 スキンヘッドに挿げ替えて、鎌を装備すれば、カイオウ滅殺隊所属の修羅になります。
 こん棒のエクステンションを装着すれば、伸縮も調整可能で、
 「忍棍妖破陣」を再現可能です。修羅によって使う武器も様々。
 剣とナイフも標準オプション。
 14個のリボルバージョイントを搭載し、アクロバティックなポージングも思いのままです。
 辮髪には軟質素材を使用し、結び目を可動式にすることで、あらゆるアクションに対応します。
 胸のプロテクターはリボルバージョイントで可動式とし、腕の可動範囲を確保。
 下級の修羅が装着している仮面は着脱可能。
 オプションハンド4種と飾り台も付属。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・リボルテック 北斗の拳レボリューション No.0018 名も無き修羅
kai_rivo_nanakisyura_1.jpgkai_rivo_nanakisyura_2.jpgkai_rivo_nanakisyura_3.jpgkai_rivo_nanakisyura_4.jpgkai_rivo_nanakisyura_5.jpgkai_rivo_nanakisyura_6.jpgkai_rivo_nanakisyura_7.jpgkai_rivo_nanakisyura_8.jpgkai_rivo_nanakisyura_9.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”修羅の国”の社会制度の説明は
”統治形態は封建制に近く、羅将と呼ばれる3人の男を頂点に、
 准将、郡将、村長、修羅、一般人…という階級を形成する。
 また羅将同士にも序列が示唆されており、事実上はカイオウを中心とした絶対王政と見ることもできる。
 男子には12歳から15歳までの間に100回の死闘を行う通過儀礼が義務付けられており、
 このため「男子の生存率は1%」と評される。
 これを完遂した者は「修羅」と呼ばれ、国名の由来ともなっている。
 修羅になってある程度の戦績を積むと、名前、花嫁、領主権などを与えられる。
 12歳以降に敗北した者は基本的に対戦相手に殺害されるが、
 死亡に至らず生き残った場合は両足を切断された上で生存を許される。
 この脱落者は「ボロ」と呼ばれ、各種特権を失って低階級に置かれる。
 女子はリンを見るに物品に近い扱いを受けているが、
 これはこの時代においては修羅の国に限ったことではない(例:アイリ)。
 修羅の国の女性は、一定の年齢に達すると修羅の花嫁候補として為政者たちの管理下におかれる。
 当然これを拒むことは許されず、命を奪われることもある。
 また、修羅でもボロでもない男子が見られ、国民全員が100戦をするわけではないようである。
 このことについては「カイオウの法が末端地域には及んでいない」
 「100戦は市民だけの義務」など様々な考察がある。”となっています!