2010年2月 3日

ねんどろいどぷち デスノート Case File #02 グッドスマイルカンパニー製 トレーディングフィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ねんどろいどぷち デスノート Case File #02”となります!

 この商品は、
デスノートを巡る、癒し系最終決戦!
 ちっちゃかわいい癒し系アクションフィギュア『ねんどろいどぷち』にデスノートシリーズ第2弾が登場です!
 「Case File #02」では新規造形の月・L・海砂に加え、
 Lの後継者であるニアとメロ、さらにキラ崇拝者である魅上をラインナップ!
 作中でおなじみの小物も付属し、作中の様々な名シーンが楽しめます!
 「Case File #01」と合わせて、デスノートを巡る頭脳戦を再現してください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいどぷち デスノート Case File #02
good_nenputi_desunmote_2_1.jpggood_nenputi_desunmote_2_2.jpggood_nenputi_desunmote_2_3.jpggood_nenputi_desunmote_2_4.jpggood_nenputi_desunmote_2_5.jpggood_nenputi_desunmote_2_6.jpggood_nenputi_desunmote_2_7.jpggood_nenputi_desunmote_2_8.jpggood_nenputi_desunmote_2_9.jpggood_nenputi_desunmote_2_10.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”魅上照”のキャラクター紹介は
”声 - 松風雅也
 1982年(アニメ版では1985年)6月7日生(27歳) 身長175cm(185cmの説も) 体重56kg 血液型 A型
 検察庁西京都検事。
 幼い頃から正義を貫くことでひたむきに「悪」と戦い続けてきたが、
 成長するに連れてそれが報われなくなっていき、
 次第に「悪」はこの世から完全に「削除」されるべきだと考えるようになった。
 検事就任時にキラ事件が発生し、キラを「神」と呼んで極端に心酔し、
 崇拝・信奉すると同時に自身も検事として出来る限りの時間と労力を費やしていった。
 やがてキラである夜神月にそのことを見込まれ、海砂の所有権放棄後にデスノートを与えられ、
 新たなノートの所有者(ニア曰く「Xキラ」)となる。
 キラのために死神の目の取引をしてキラの代理人として世界中の犯罪者に裁きを下していく。
 基本的にキラの胸中を察して独断で行動するが、その正義感は月を上回り、
 裁きの対象は前科を持つ者から果ては社会貢献を怠る者にまで及ぶ。
 卓越した頭脳と分析力を持ち、月の予想以上の働きをする。病的なほど規則正しい生活を行う潔癖症で、
 毎日同じことを同じ順番で繰り返す。
 元々は眼鏡を着用していたが、
 死神の目の取引で視力が3.6以上に上がったためか、それ以降は外している場合が多い。
 京土大学法学部卒。
 ノートで裁きをする際に、「削除」と口にする奇癖がある。尊敬する人物はウィンストン・チャーチル。
 高田がメロに誘拐された際、月が自由に動けないと判断していたため、
 今まで地方銀行の貸金庫に保管していた本 物のノートを出し、月と同様に高田の名前と死因(焼身自殺)を書く。
 この行動をジェバンニに監視されていたことで、ジェバンニに本物のノートの偽装を許す。
 月とニアの対峙の際にそのことに気付かず、月以外の名前をノートに書いて出てきたことから、
 とうとうニアにボロを出してしまい、SPKに逮捕される。
 やがて、ニアに追い詰められて悪あがきを見せる月を、
 もはや自分の信じていた神ではないと失望し、「クズ」と罵倒する。
 月の死後、投獄され、その10日後(2010年2月7日)に獄中で発狂死。
 なお、彼の死については不審な点も多く、松田は「ニアが偽物にすりかえた後、
 本物のノートに彼の名前と獄死するまでの行動を書いた」と憶測しているが、真偽は不明。
 アニメ版では、月を罵倒せず、ペンで心臓を刺し自殺する。
 SP『リライト2 Lを継ぐ者』ではヒステリックな一面が描かれている。
 彼のモデルは、読切版の主人公『鏡太郎』から。”となっています!

2008年7月 8日

デスノート リアルフィギュアコレクション 日テレサービス製 トレーディングフィギュア

 こんにちは~!
本日3回目の更新は、国内外問わず大人気を博した”デスノート”から
主要キャラクターを立体化し爆発的ヒットになった
”デスノート リアルフィギュアコレクション”
若干数ですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”リアルタイプの精巧なフィギュアが登場!
 各キャラクターのパーツが可動する構造になっていて、
 いろいろな楽しみ方ができます。(シークレットもあります。)
 カラーはフルカラータイプとモノクロタイプ(それぞれ色が違います。)の2タイプです。
 誰が出るかはおたのしみ!! ”となっています!

 ラインアップされているキャラクターは
”夜神月、L×2、弥海砂、、リューク、レム”
 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・デスノート リアルフィギュアコレクション
nittere_desuno-to_1.jpgnittere_desuno-to_2.jpgnittere_desuno-to_3.jpgnittere_desuno-to_4.jpgnittere_desuno-to_5.jpgnittere_desuno-to_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”レム”のキャラクター紹介は
”声 - 斉藤貴美子(アニメ版)/池畑慎之介(実写映画版)
 弥海砂にデスノートを与えた死神。性別はメス。死神ランクは4。好きな物は「愛情」、嫌いなものは「夜神月」。
 体格はほぼリュークと似ているが、色は白。
 髪の毛は、ゴムのような質の太い毛が数十本ほど生えている。身長は237cm。
 人間界を見通す場所でたまたまジェラスと遭遇し、一緒に死神界からミサこと、弥海砂を見続けていた。
 ジェラスの死後、彼のノートをミサに届けようと人間界に降りる。
 デスノートのルールや死神界の掟を逐一記憶していたりと、
 他の死神と比較してかなり生真面目な性格で、死神界でのランクも高い方。
 ミサに親心のような強い好意を抱き、
 自分の見えている寿命の前にミサが死んだら月が殺したと判断し月を殺すと宣言し、月の大きな障害となる
 (後に単行本に、「デスノートに関わると名前をノートにかかれなくても寿命が減る人間はいる」、
 というルールが出たため、それを考えればこのレムの発言はかなり無理がある。
 そもそも、自分が落としたもの以外のノートを持っている人間は殺すことができない、
 というルールも後に設定された)。
 全ての行動は海砂のために行い、海砂の頼みごとは可能な範囲内で行う。
 そのため状況によって月に対して嫌悪感を持ったり好感を抱いたりし、協力をすることもある。
 映画では高田清美にジェラスのノートを渡した理由を説明する際、
 キラに憧れる高田が海砂の恋敵になると見抜いたのか、高田の殺害を捜査本部に促している。
 原作では月の策略により海砂が窮地に追いやられたのを見て月の策略を知りつつも、
 海砂の逮捕を防ぐためにLとワタリの名前をノートに書き、死亡。ノートは灰と化した彼女の亡骸にそのまま残った。
 実写映画版では原作同様Lとワタリの名前も書きつつも、
 死後に自分のノートが月に利用されることを防ぐため、ノートを焼却。この行為が、ラストで重要な意味を持つ。
 (犯罪撲滅を望む月とは違った、ヨツバキラの火口の様な卑劣漢に出会わなかったため、
 原作ではわずかにあった月に対しての好印象を、映画版では抱くことがなかった様子。)”となっています!

2008年7月 7日

ねんどろいど 夜神月 サンタVer.&L トナカイVer.(2種1セット) グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日1回目の更新は、デスノートファンから問い合わせが発売された頃殺到していた
アマゾンさんなどで限定発売されていた、
グッスマさんの話題のフィギュア”ねんどろいど 夜神月 サンタVer.&L トナカイVer.”が
なんと若干数ですが特殊ルートで当社入荷が決定いたしました!
 
 数は限りなく少ないのでご入用のお客様はお早めにお願いいたします!

 この商品は、
”好評の「ねんどろいど デスノート」シリーズより、
 クリスマスに合わせてトナカイ姿の「ねんどろいど L トナカイVer.」が登場です!
 「冷静顔」に加え、やる気なさ漂う「やさぐれ顔」の表情パーツ、
 さらにおまけパーツとしてサンタのソリが付属します。
 トナカイの可愛い姿にマッチしたねんどろいどのユル可愛さ。
・好評の「ねんどろいど デスノート」シリーズより、
 クリスマスに合わせてサンタ姿の「ねんどろいど 夜神月サンタVer.」が登場です!
 「したり顔」に加え、冷静沈着な月には珍しい「驚愕顔」の
 表情パーツでサンタらしからぬ可愛さを表現しました。
 もちろん通常版との付け替えも可能。
 さらにはサンタのプレゼント袋まで付属した完全クリスマス仕様です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ねんどろいど 夜神月 サンタVer.&L トナカイVer.(2種1セット)
good_nendoroido_desu_kurisumasu_1.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_2.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_3.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_4.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_5.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_6.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_7.jpggood_nendoroido_desu_kurisumasu_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”L”のキャラクター紹介は
”数々の世界中の迷宮入り事件を解決し、「影のトップ」「最後の切り札」といわれている世界一の探偵。
 解決した事件は3500にも及び、全世界の警察を動かせる唯一の存在。
 自分自身は事件現場には赴かず、ワタリをはじめとする部下や協力者に指示を出して集めた情報や、
 各国の捜査機関から提供された資料、証拠などをもとに真相を推理し、
 事件解決の指揮をとる、所謂、安楽椅子探偵である。
 作中で「世界三大探偵」と評されるLとドヌーヴとエラルド=コイルは全てLである
 (DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件では
 これらの探偵と探偵合戦をした結果この3つの名を勝ち取ったといわれている)。
 ちなみに、世界三大探偵の元ネタは、ミステリー愛好家などの間でよく言われる世界三大探偵
 (シャーロック・ホームズとアルセーヌ・ルパンとエルキュール・ポアロ)や
 日本三大探偵(金田一耕助と明智小五郎と神津恭介)と思われる。
 ワタリが創設した養護施設『ワイミーズハウス』にはLの後継者を担う子供達が存在しており、
 第二部では2人の後継者候補が登場する。
 大場つぐみ自身も、ミステリー雑誌などで「初代Lより前にLがいたかもしれない」という発言をしているが、
 詳細は不明である。
 目の下に隈があり、猫背で親指をしゃぶっている姿は一見幼児的である。
 眉毛はあるが、殆ど髪に隠れて見えない(実写映画版では完全に剃っている)。
 服装は一年を通してゆったりとした白い長袖シャツにジーンズ
 (実写映画の撮影においては同じ白シャツが何着も用意された)。
 他人に対しては常に敬語を心がけ、本作中でも特別な存在感を放っている。初期はパーマがかかっていた。
 日本捜査本部の刑事達や、彼の補佐役であるワタリには外部に自分がLであることを悟られぬよう
 「竜崎」と呼ばせたり、東応大学に入学した際には、
 作戦のひとつとして流河旱樹(りゅうが ひでき)という作中に登場する
 人気アーティストと同姓同名を名乗るなど、様々な偽名を持つ。
 また、無類の甘党であり、ことあるごとに菓子やデザートを食べている。
 さらに紅茶やコーヒーなどの飲み物には砂糖を大量に入れる事などから、その顕著な嗜好が見てとれる。
 独特な仕草が特徴で、椅子に座るときでさえ、膝を曲げて胸に抱え込むような特徴的な座り方をしている
 (本人曰く、この座り方でないと思考力が40%落ちるらしい)。
 また大胆かつエキセントリックな行動力の持ち主で、テレビを通じて「私を殺してみろ」と挑発したり、
 自ら月に近づき自分の素性を明かしたりしている。
 表情をまったく変えずにいきなりすねて見せたり、
 キラ容疑者として注意している夜神月を友達だと宣言したりと意表を付くことも。アニメでは自分は「足のマッサージが得意」と言っている。
 さらに、探偵としての明晰な頭脳だけでなく、夜神月にも引けをとらない卓越した身体能力を持つ。
 本人は、イギリスに5年程の在住経験があり、そこでテニスのJr.チャンピオンになったと語っている。
 作品中で格闘技のカポエイラを披露。西尾維新によるノベライズ作品『ロサンゼルスBB連続殺人事件』では、
 南空ナオミからカポエイラのことを聞き、ビデオを見てほぼマスターしたというエピソードも語られている。
 基本的に事件解決のためには(非合法的なものも含め)手段を選ばず、キラに勝つためには、
 (基本的には人命を尊重するが)多少の犠牲もやむをえないと考えている節がある。
 アニメ版ではL自身もワイミーズハウスで育てられた孤児かのようなシーンがある
 (原作も同様の設定かどうかは不明)。
  またアニメスペシャル版では、潔癖症と思われるシーンがある(ファンの間では不評らしい)。
 出生に関して原作者の大場は
 「私のイメージでは日本人、イギリス人、ロシア人、フランス人かイタリア人がそれぞれ1/4」とコメントしている。
 尚、「L」後継者候補のニア、メロは単独では「L」に敵わないと認識している
 (正確には最終話近くで、ニアがメロの精神世界を推量し、キラに語った。
 これにはキラに更なる精神的なダメージを与える狙いもあったと思われる)。”となっています!