2012年10月22日

S.H.フィギュアーツ アクセル・ワールド シルバー・クロウ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”S.H.フィギュアーツ アクセル・ワールド シルバー・クロウ”となります!

 この商品は、
”・2012年4月スタートのアニメ『アクセル・ワールド』より、
 主人公ハルユキのデュエルアバターである「シルバー・クロウ」がS.H.Figuartsで登場!
 スタイリッシュなフォルムを再現した本体に、劇中登場する武装パーツや武装が映えるエフェクトパーツが付属します。
 本体にはダイキャスト、及びクリアパーツを使用。
 その名が表す通りの美しいシルバー塗装仕上げで、劇中のイメージそのままに立体化。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・S.H.フィギュアーツ アクセル・ワールド シルバー・クロウ
bandai_sh_sirubakurou_1.jpgbandai_sh_sirubakurou_2.jpgbandai_sh_sirubakurou_3.jpgbandai_sh_sirubakurou_4.jpgbandai_sh_sirubakurou_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WKIによる”有田 春雪(アリタ・ハルユキ) / シルバー・クロウ”のキャラクター紹介は
”本作の主人公。杉並区にある私立梅郷中学に通う。
 中学1年生→2年生。2033年4月23日生まれ。
 共働きの両親が育児を省力化するため、幼時からニューロリンカーを装着させられていた。
 趣味はゲーム全般で、自宅にはあらゆるジャンルのゲームやハードがコレクションされている。
 FPSを主戦場とする凄腕のゲーマーであり、黒雪姫にその並はずれた反応速度を見込まれバーストリンカーになる。
 一人称は基本的に「僕」だが、
 タクムとチユリの前や興奮した時、および「災禍の鎧」の影響下にある際は「オレ」になる。
 小柄かつ肥満な体型と内向的な性格により小学校の頃からイジメを受けており、
 耐え切れなくなると男子トイレの個室に逃げ込み学校ローカルネットに接続し、
 設置されていたスカッシュゲームをやりこんでストレスを発散していた。
 ゲームで培われた反応速度から驚異的なスコアを叩き出しており、
 後にそのスコアは加速世界から退き隠遁生活を送っていた黒雪姫に興味を抱かせる切っ掛けになっている。
 イジメを受けてきた過去から自分(特に肉体的特徴)に自信がなく、自分に向けられる好意を深く疑っていた。
 しかし本質的には他者への気遣いを怠らない心優しい性格の持ち主で、
 かつブレイン・バーストを何よりも「ゲームとして明るく楽しむ事」を第一義とする正道のゲーマーであり、
 それを損なう行いを強く拒む。
 幼馴染であるチユリやタクム、黒雪姫を始めとするブレイン・バーストを通じて関わった人物達からは
 その人間性を評価され好感を持たれている。
 バーストリンカーになってから経験したあらゆる出来事を通して多少前向きになり、
 「大切な人達を守りたい」「失くしたものがあるならば、
 一つずつ取り戻せばよい」と訴えるなど人間的成長が見られる。
 自分のことで怒ることはほとんどなくある意味で大らかであるが、
 仲間やブレイン・バーストの対戦環境を荒らされた際には激しい怒りを露わにし、
 制御が利かなくなる(タクムからは「キレたら突っ走る」と評されている)。
 「心傷殻」の中に何を込めたままかは未だ不明だが、激烈な感情を内に秘めている。
 2年への進級でチユリやタクムと同じクラスになり、直後の能美との戦いをきっかけに、
 クラス内では「無害な丸っこいヤツ」というポジションを確立しつつある。
 6巻ではふとしたことからクラス代表で飼育委員になってしまい、
 流れから飼育委員長に任命されてしまうが投げ出さず仕事を全うしている。
 「動物に好かれる質ではない」との自己評価だが、ホウからは信頼されている模様。
 通常アバターは本来自作の格好いいものだったらしいが、荒谷たちにそれを奪われ「ピンクの豚」を強制された。
 イジメから解放された後も、「使い慣れている」という理由から引き続き使用している。
 デュエルアバターは、現実とは正反対の小柄で細身な格闘型のメタルカラー。
 メタルカラーチャートにおいて(今まで登場した中で)最も貴金属寄りの「シルバー」であり、
 熱・冷気・毒など多くの特殊攻撃に耐性を持つ。
 その反面、平均的なメタルカラーの特徴として腐食に弱く、また装甲が薄いため打たれ弱い。
 タクムとの戦いで、加速世界初の『飛行(アビエーション)』アビリティに覚醒し、
 アバター名とその能力から「銀翼の鴉」の二つ名を持つ。
 高高度からの加速度を威力に転換した「急降下重攻撃(ダイブ・アタック)」、
 翼の瞬間推力を利用した変則的な三次元格闘「空中連続攻撃(エアリアル・コンボ)」が主な戦術。
 また前述の通り反応速度、及び空間認識能力が非常に優れているため、相手の攻撃を見切り紙一重でかわしたり、
 攻撃の流れを変えて受け流す「受け返し(ガード・リバーサル)」も得意とする。
 後に大天使メタトロン攻略のための修行により、
 光線技を受けて別方向に受け流すアビリティ『光学誘導(オプティカル・コンダクション)』にも目覚めた。
 登場している通常技は、『パンチ』『キック』の2つ。また必殺技に光属性を併せ持つ打撃技『ヘッドバット』があるが、
 リーチが短く大振りなため滅多に使わない。
 心意の適性は射程拡張・移動能力拡張の2つで、
 修行により射程距離拡張系の心意攻撃技『光線剣(レーザーソード)』を会得、
 その後より射程を強化した『光線槍(レーザーランス)』、
 『光線投槍(レーザージャベリン)』、さらに心意飛行技『光速翼(ライトスピード)』を編み出している。
 ヘルメス・コード縦走レースにて「加速研究会」の非道な手段への怒りから、
 「災禍の鎧」に寄生され六代目クロム・ディザスターへと変貌してしまう。
 その後仲間達の尽力と、
 「災禍の鎧」に宿る『獣』やサフラン・ブロッサムの残留思念との対話を経て鎧に残留していた
 負の心意の解呪に成功した。”となっています!