2012年7月15日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 METROID Other M サムス・アラン ゼロスーツver マックスファクトリー製 フィギュア

 こにちは~!本日の更新は、この連休に向けて完売になっておりました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 METROID Other M サムス・アラン ゼロスーツver”となります!

 この商品は、
試練の中に身を置く、最強のバウンティ・ハンター!
 メトロイドシリーズ最新作『METROID Other M(メトロイド アザーエム)』より、
 主人公「サムス・アラン」がゼロスーツ姿で登場です。
 ミッション中は重厚なパワードスーツに身を包み、伺うことの出来なかったその素顔。
 彼女の美しく力強い一面を、右手に銃を携えた凛とした立ち姿で表現しました。
 また、ストーリーの中でも特に重要な役割を果たす「ベビーメトロイド」を付属。
 作品世界をより堪能できるアイテムに仕上げています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 METROID Other M サムス・アラン ゼロスーツver
maxfac_samu_zero_1.jpgmaxfac_samu_zero_2.jpgmaxfac_samu_zero_3.jpgmaxfac_samu_zero_4.jpgmaxfac_samu_zero_5.jpgmaxfac_samu_zero_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”サムス・アラン”の人物像は
”普段は男勝りで強気な口調で話し、
 『フュージョン』の独白では「普段は女性扱いされることはあまり好まない」とも言っており、
 事実『アザーエム』では女性だからとしてか弱く見られるのではという不安が
 自身の過去と共に強がりを見せる要因だったと語っている。
 しかし、本質的には母性の強くて優しさや慈しみを持つ性格であり、
 柔らかい顔立ちをしていながらも凜々しい目つきという表情からもそれが伺える。
 実際に『II』では、全滅の指令を受けていながらも、
 自分に懐いてきたベビーメトロイドを殺すことができなかった。
 特に実親やそれに当たる存在を幼くして失っていった過去から「家族」に対して強い思い入れがあるようで、
 ベビーメトロイドを殺害された際に凄まじい怒りを見せている。
 『アザーエム』では母に当たる人物に見捨てられたと解釈し
 反乱を起こしたアンドロイド・メリッサに対して同情的に捉えており、
 アダムが未来をサムスに託して死ぬ道を選んだことを知った際は、
 それが最善策と分かりながらもどうにか止めようとしてミッション終了後も苦悩が残っていた。
 また、悲惨な過去を送ってきたことから自分の弱みを表に出すことを嫌うとともに、
 優しさゆえに精神的な脆さを見せることが度々あり、
 『マガジンZ』の漫画版では青年期に育ての親であるオールドバードら鳥人族たちや
 マザーブレインとの衝突が描かれた。
 『アザーエム』で描写された連邦軍時代では更にその傾向が強く、
 捻くれ者といえるほど常に強がりを見せて意地を張り、
 アダムからの命令に快諾する際は他のメンバーがサムズアップでサインする中、
 彼女のみはサムズダウンで応えるというのが常であった。
 それを笑いながら優しく見守る仲間たちの意図も理解しきれず衝突しており、
 サムスは当時を「私は幼すぎた」と回想している。
 現在では冷静沈着な面を見せることが多く、
 実際にも強靭な精神力が無ければ装着できない伝説のパワードスーツを装備できるだけの心の強さを持つ。
 だが、これもまた現在も持つ優しさゆえの脆さを自ら抑えるための振る舞いという面もあり、
 命令を無視してのベビーメトロイドの保護やその死に対する怒り、
 『アザーエム』のストーリー各所の描写からも、
 あくまで豊かな感情を抑えた上での冷静さということが伺える。
 ただし、『アザーエム』におけるアダムの死によって精神的には成長を遂げた要素が見られ、
 同作のエピローグや『フュージョン』では以前よりも落ち着いている。
 例外はあるものの、基本的には他者の指図を受けることをあまり好まず、
 そのためフリーのハンターという体系をとっているということが
 『フュージョン』作中におけるサムス自身の独白から判明している。
 『コラプション』においては信頼関係にあるデーン提督とのやり取りも素っ気ない反応をすることが多いが、
 デーン提督も彼女を理解しているようで、
 ミッション終了後そのまま去るサムスに無言で敬礼していた。”となっています!