2011年10月17日

リボルテックヤマグチ No.109 るろうに剣心 緋村剣心 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテックヤマグチ No.109 るろうに剣心 緋村剣心”となります!

 この商品は、
”飛天御剣流の技をヤマグチアクションで極めろ!
 作者・和月伸宏が太鼓判を押す本格可動フィギュア 。
 2011年アニメ化15周年となる『るろうに剣心』より緋村剣心が登場。
 劇中の剣術アクションの再現を考慮し、山口独自の大胆なパーツ分割で全身を構成。
 飛天御剣流の抜刀術を決められるのは、リボルテックヤマグチだからこそ。
 ディスプレイスタンドを利用して、空中でのアクションも思うままです。
 左右をにらみつける2種の表情と交換可能。
 はかまの左脚裾を取り外して、座り姿も再現できます。
 付属の逆刃刀は形状重視のディスプレイ用と、抜き差しできる抜刀アクション用の2種が付属。
 剣をにぎる、鞘をつかむ、構える等の表情がついた6種の交換手首が付属。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・リボルテックヤマグチ No.109 るろうに剣心 緋村剣心
kai_rivo_himura_1.jpgkai_rivo_himura_2.jpgkai_rivo_himura_3.jpgkai_rivo_himura_4.jpgkai_rivo_himura_5.jpgkai_rivo_himura_6.jpgkai_rivo_himura_7.jpgkai_rivo_himura_8.jpgkai_rivo_himura_9.jpgkai_rivo_himura_10.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”緋村剣心”の人物像は
”短身痩躯で赤い髪の優男、左頬に大きな十字傷がある。
 元長州派維新志士で幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客。
 明治維新後は「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人(るろうに)として全国を旅していた。
 神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵たちとの戦いを通じて、
 贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。
 生来より争いごとを好まないが、戦国時代に端を発する
 古流剣術飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)の使い手で、ひとたび戦いとなれば逆刃刀という、
 峰と刃が逆転した刀で人智を越えた剣技を繰り出し、
 軍の一個大隊(当時の陸軍一個大隊は約1000~2000人)をも遥かに超える戦闘能力を発揮する。
 流浪人としての剣心は温和な性格のようであるが、
 作品序盤では感情が高ぶったりした時に人斬り抜刀斎の状態に戻り、人が変わったようになっている。
 流浪人になってからの1人称は「拙者」、語尾はござる口調をしているが、
 感情的になり我を忘れた時の1人称は「俺」に戻る。
 口癖はおろ(主に「え?」や「うわ!」などのかわり)。
 基本的に、女性には「~殿」と尊称で呼んでいる。
 唯一の例外は亡き妻である巴だが、薫の事も一度だけ呼び捨てで呼んだ事がある。
 ちなみに抜刀斎時代は女性にさん付けする事もあった。作者同様に字が下手。
 年齢は満年齢で28歳→29歳だが、そうとは見えないほど若々しい容姿を保つ。
 尚、本作では基本的に登場人物の年齢は数え年で表記されているが、剣心だけは満年齢で歳を数えている。
 これは「少年誌の主人公の年齢が30代なのはマズイ」という作者の考えによるものである。
 尤も、後に作者は剣心について、「標準的な少年誌の主人公像とはかけ離れすぎ」と述べてる。
 人斬りという明治維新の暗部を良く知る人間でありながら、
 その人柄からか山縣有朋ら長州派維新志士の多くから
 (大久保利通のような薩摩派の維新志士からも)未だに強い信頼を寄せられており、
 剣心がその気になれば陸軍の将軍になる事や、
 財政界の長州派権力を動かす事すら出来る事が蒼紫や谷十三郎の口から語られており、
 剣心自身もそれを自覚しているようである。
 また、山縣有朋から実際に帝国陸軍の大幹部に誘われた事もあるが丁重に断っている。
 尤も、彼を「人斬り」と蔑む維新志士も多く、また彼の口から維新の暗部が漏れる事を恐れた
 一部の維新志士により、暗殺組織に命を狙われた事がある。
 前述の通り小柄な体格であり、原作終盤における雪代縁との最終決戦後、
 高荷恵によって剣心の体格では飛天御剣流を操るには不適格である事が告げられる。
 恵によると飛天御剣流は比古のような筋肉を持ってして初めて使える流派であり、
 小柄な剣心が使うには反動が大き過ぎたらしい。
 特に奥義である天翔龍閃が剣心の身体にかける負担は大きく、
 天翔龍閃の会得を機に徐々に体調を悪くしていった。
 剣心自身も奥義を会得してからは戦いに影響はないものの体に淀みのようなものを感じるようになった。
 恵からは「普通に剣を振るい続けること自体は問題はないけれど、
 飛天御剣流は確実にあと5年以内に打てなくなる」と告げられ、
 その通り明治15年の段階では飛天御剣流のほとんどの技を撃てなくなっている。
 完全版1巻の再筆では後ろ髪が短くなり、細めの2本に束ねている。
 十字傷は巴に付けられた横傷が長くなり、服装は多少洋風。
 逆刃刀は強度重視かつシンプルな造りで、
 黒南蛮鉄の拵えに鉄金具、さらに鞘走りを補助するためにハバキが長くなっている。
 完全版15巻にて「緋村剣心」とは別に、維新志士「人斬り抜刀斎」として再び表紙を飾っている。
 再筆では人斬り時代は髪を黒く染め(地毛で活動するようになったのは遊撃剣士になってから)、
 新井赤空作初期型殺人奇剣「全刃刀」(峰と鍔にも刃がある)を使うとされている。
 なお再筆版の剣心同様、後ろ髪は二本でまとめている(束ね方は異なる)。
 また目つきが相当に鋭くなっている。
 抜刀斎時代の彼が同時期の世界観である格闘ゲーム
 『月華の剣士』シリーズにゲスト出演する案があったが没になった。”となっています!

リボルテックヤマグチ No.110 るろうに剣心 緋村抜刀斎 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテックヤマグチ No.110 るろうに剣心 緋村抜刀斎”となります!

 この商品は、
伝説の維新志士・抜刀斎がヤマグチアクションで甦る!
 作者・和月伸宏が太鼓判を押す本格可動フィギュア
 2011年アニメ化15周年となる『るろうに剣心』より緋村抜刀斎が登場
 劇中の剣術アクションの再現を考慮し、山口独自の大胆なパーツ分割で全身を構成。
 飛天御剣流の抜刀術を決められるのは、リボルテックヤマグチだからこそ
 ディスプレイスタンドを利用して、空中でのアクションも思うままです
 左右をにらみつける2種の表情と交換可能
 はかまの左脚裾を取り外して、座り姿も再現できます
 付属の日本刀は形状重視のディスプレイ用と、抜き差しできる抜刀アクション用の2種が付属
 剣をにぎる、鞘をつかむ、構える等の表情がついた6種の交換手首が付属”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・リボルテックヤマグチ No.110 るろうに剣心 緋村抜刀斎
kai_rivo_battousai_1.jpgkai_rivo_battousai_2.jpgkai_rivo_battousai_3.jpgkai_rivo_battousai_4.jpgkai_rivo_battousai_5.jpgkai_rivo_battousai_6.jpgkai_rivo_battousai_7.jpgkai_rivo_battousai_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”緋村剣心”の人物像は
”短身痩躯で赤い髪の優男、左頬に大きな十字傷がある。
 元長州派維新志士で幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客。
 明治維新後は「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人(るろうに)として全国を旅していた。
 神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵たちとの戦いを通じて、
 贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。
 生来より争いごとを好まないが、戦国時代に端を発する
 古流剣術飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)の使い手で、ひとたび戦いとなれば逆刃刀という、
 峰と刃が逆転した刀で人智を越えた剣技を繰り出し、
 軍の一個大隊(当時の陸軍一個大隊は約1000~2000人)をも遥かに超える戦闘能力を発揮する。
 流浪人としての剣心は温和な性格のようであるが、
 作品序盤では感情が高ぶったりした時に人斬り抜刀斎の状態に戻り、人が変わったようになっている。
 流浪人になってからの1人称は「拙者」、語尾はござる口調をしているが、
 感情的になり我を忘れた時の1人称は「俺」に戻る。
 口癖はおろ(主に「え?」や「うわ!」などのかわり)。
 基本的に、女性には「~殿」と尊称で呼んでいる。
 唯一の例外は亡き妻である巴だが、薫の事も一度だけ呼び捨てで呼んだ事がある。
 ちなみに抜刀斎時代は女性にさん付けする事もあった。作者同様に字が下手。
 年齢は満年齢で28歳→29歳だが、そうとは見えないほど若々しい容姿を保つ。
 尚、本作では基本的に登場人物の年齢は数え年で表記されているが、剣心だけは満年齢で歳を数えている。
 これは「少年誌の主人公の年齢が30代なのはマズイ」という作者の考えによるものである。
 尤も、後に作者は剣心について、「標準的な少年誌の主人公像とはかけ離れすぎ」と述べてる。
 人斬りという明治維新の暗部を良く知る人間でありながら、
 その人柄からか山縣有朋ら長州派維新志士の多くから
 (大久保利通のような薩摩派の維新志士からも)未だに強い信頼を寄せられており、
 剣心がその気になれば陸軍の将軍になる事や、
 財政界の長州派権力を動かす事すら出来る事が蒼紫や谷十三郎の口から語られており、
 剣心自身もそれを自覚しているようである。
 また、山縣有朋から実際に帝国陸軍の大幹部に誘われた事もあるが丁重に断っている。
 尤も、彼を「人斬り」と蔑む維新志士も多く、また彼の口から維新の暗部が漏れる事を恐れた
 一部の維新志士により、暗殺組織に命を狙われた事がある。
 前述の通り小柄な体格であり、原作終盤における雪代縁との最終決戦後、
 高荷恵によって剣心の体格では飛天御剣流を操るには不適格である事が告げられる。
 恵によると飛天御剣流は比古のような筋肉を持ってして初めて使える流派であり、
 小柄な剣心が使うには反動が大き過ぎたらしい。
 特に奥義である天翔龍閃が剣心の身体にかける負担は大きく、
 天翔龍閃の会得を機に徐々に体調を悪くしていった。
 剣心自身も奥義を会得してからは戦いに影響はないものの体に淀みのようなものを感じるようになった。
 恵からは「普通に剣を振るい続けること自体は問題はないけれど、
 飛天御剣流は確実にあと5年以内に打てなくなる」と告げられ、
 その通り明治15年の段階では飛天御剣流のほとんどの技を撃てなくなっている。
 完全版1巻の再筆では後ろ髪が短くなり、細めの2本に束ねている。
 十字傷は巴に付けられた横傷が長くなり、服装は多少洋風。
 逆刃刀は強度重視かつシンプルな造りで、
 黒南蛮鉄の拵えに鉄金具、さらに鞘走りを補助するためにハバキが長くなっている。
 完全版15巻にて「緋村剣心」とは別に、維新志士「人斬り抜刀斎」として再び表紙を飾っている。
 再筆では人斬り時代は髪を黒く染め(地毛で活動するようになったのは遊撃剣士になってから)、
 新井赤空作初期型殺人奇剣「全刃刀」(峰と鍔にも刃がある)を使うとされている。
 なお再筆版の剣心同様、後ろ髪は二本でまとめている(束ね方は異なる)。
 また目つきが相当に鋭くなっている。
 抜刀斎時代の彼が同時期の世界観である格闘ゲーム
 『月華の剣士』シリーズにゲスト出演する案があったが没になった。”となっています!