2011年9月12日

figma(フィグマ) 逆境無頼カイジ 伊藤カイジ マックスファクトリー製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”figma(フィグマ) 逆境無頼カイジ 伊藤カイジ”となります!

 この商品は、
熾烈を極める、生死を懸けた博奕……! figma伊藤カイジ登場! ギャンブルの世界を舞台に描いたアニメ『逆境無頼カイジ』より、
 窮地でこそ輝く無類のギャンブラー「伊藤カイジ」をfigma化!
 スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現。
 要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保。
 表情は「通常顔」のほか、歯を食いしばり相手を見据える「睨み顔」、
 弱々しい「泣き顔」といったカイジらしい3種類をご用意しました。
 「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」といった
 辛くも潜り抜けた数多の名場面を、豊富な付属物で再現できます。
 鉄骨渡りの時に身に付けるゼッケンや、作品を象徴する擬音をイメージしたペーパークラフトもお付けしました。
 さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・figma(フィグマ) 逆境無頼カイジ 伊藤カイジ
maxfac_fig_kaizi_1.jpgmaxfac_fig_kaizi_2.jpgmaxfac_fig_kaizi_3.jpgmaxfac_fig_kaizi_4.jpgmaxfac_fig_kaizi_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”カイジ”のキャラクター紹介は
”声 - 萩原聖人(アニメ版)、矢尾一樹(パチンコ版) 演 - 藤原竜也
 本作の主人公。
 高校卒業後に上京したが、定職に就かずしょぼい酒と博奕に明け暮れ、
 街で見かけた高級車(主にベンツ)を悪戯でパンクさせエンブレムを盗むことで憂さを晴らす、
 行き詰まった最低な日々を過ごしていた青年。
 友人・古畑の借金の保証人になった為に肩代わりをする羽目となりその返済の為に
 遠藤にギャンブル船エスポワールに招待されたことを機に、危険なギャンブルの世界に足を踏み入れていく。
 初登場時(1996年3月)は推定21歳。
 遠藤の調べでは父親はいないがパート勤めの母親と公務員の姉がいるとされている。
 平穏な環境では怠惰で自堕落なダメ人間だが、
 命が懸かった極限の状態に置かれると並外れた度胸と博才を発揮し、思考を積み重ねた果ての論理と、
 天才的な発想による「勝つべくして勝つ策略」を以って博奕地獄を必死に戦い抜いていく。
 石田はカイジについて「土壇場で奮い立つことが出来る人間」「勝てる人間」と評しており、
 利根川や兵藤などの強大な相手に対しても臆することなく勝ちをもぎ取らんとする闘争心の持ち主でもある。
 どんな状況であろうと信頼した人間を裏切ることは決してせず、己の利を蹴ってでも救おうとする、
 良く言えば心優しい、悪く言えば甘い性格である。
 その為、信頼を寄せた人間に裏切られる経験を何度も繰り返しており、度々苦い思いを味わされている。
 数々の死闘を経て、左頬など体の複数の箇所に痛々しい傷跡がつき、
 ギャンブル中毒になっている一方で、裏世界では多少名を馳せるようになった。
 また、偶然・必然を問わず、挑む勝負には悉く「帝愛」の存在があり、
 死闘を重ねる度に切るに切れない縁を痛感している。”となっています!