2011年8月15日

ROBOT魂 -ロボット魂- パーマン コピーロボット バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、このお盆(連休)に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 -ロボット魂- パーマン コピーロボット”となります!

 この商品は、
”藤子・F・不二雄キャラクター第1弾としてパーマンの”コーピーロボット”から始動します!
 コアな作品ファンは元より、世界的認知度が非常に高く、より多くのユーザーに請求いたします!
 シンプルなデザインながら、劇中のギミック再現も拘っており、”ハナ”にはバネを内蔵、押すことが出来ます!
 また、”パーマン”の証である”パーマンバッジ”も付属します!
 この”コピーロボット”が”アクション玩具”の幅を広げます!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ROBOT魂 -ロボット魂- パーマン コピーロボット
bandai_robot_kopirobno_1.jpgbandai_robot_kopirobno_2.jpgbandai_robot_kopirobno_3.jpgbandai_robot_kopirobno_4.jpg
購入はこちらからになります(>.<) 

 WKIによる”コピーロボット”の紹介は
”パーマン達が活動する間、留守のアリバイとして身代わりに使うロボット。
 通称:コピー。旧作では、普段は黒い鼻しか付いていないのっぺらぼうの白っぽい
 (幾つかのカラーバリエーションがある)人形(新作では鼻の色に違いはない)だが、
 その鼻を押すことで押した人間や動物そっくりのコピーになり、記憶も引き継がれる。
 コピーするときに本人が持っていたものもコピーできる。パーマンセットをコピーした場合、
 旧作ではその能力もコピーされる代わりに元のセットの能力は大幅ダウンしてしまうが、
 新作では機能は受け継がれない。
 またコピーロボットの記憶は、元に戻る前に本人とおでこをくっつけることで本人に引き継ぐことが可能。
 2作目のアニメでは赤色で表示。新原作では色の区別を付けなくなったため、
 3作目のアニメでは色の区別がなくなった。
 旧作ではミツ夫と同じくらいのサイズだったが、新作では小脇に抱えられるほどまで小型化された。
 ロボットはそれぞれ自我を持っており、時折主人に逆らうこともある。
 主人以外に変身しても基本的な個性は保たれたままで、自分はあくまでも誰かのコピーとして、
 自分の主人が誰であるかが認識出来ているようであるが、時折自分がコピーだという認識を忘れていることがある。
 もう一度鼻を押すと元に戻ってしまう上、鼻がスイッチになっているだけに、たびたびアクシデントで鼻が押され、
 人形に戻ってしまったり全くの他人になってしまったりしてトラブルの種になる。
 それらの問題を解消するためのロック機能や、
 二度押しで別の者に変わることのできる道具が新作においてバードマンより支給されている。
 担当する声優は本人役と同じであるが、本物に比べて少々かん高い声で演じている
 (TV1作目では電話の音声のようなエフェクトがかかっている)。
 ミツ夫コピー以外のコピーロボット達の声も、他のパーマンメンバーの担当声優達がそれぞれ演じている。
 また、『ドラえもん』にも、コピーロボットが秘密道具として登場し、
 のび太が「パーマンが使っているやつだね」という発言をしている。”となっています!

S.H.フィギュアーツ パーマン1号 バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、このお盆(連休)に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”S.H.フィギュアーツ パーマン1号”となります!

 この商品は、
”SHフィギュアアーツからの藤子・F・不二雄キャラクターの第1弾として、”パーマン”よりパーマン1号登場!
 首伸縮ギミックやバース用の大きな手首パーツを搭載し、おなじみの飛行ポーズもバッチリ再現可能です!
 パーマンのコミカルな表情を再現する口・瞳パーツも豊富にご用意。
 さらに、みつ夫くんに換装可能な頭部パーツも付属し、遊びの幅が広がります!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・S.H.フィギュアーツ パーマン1号
bandai_sh_paman_1.jpgbandai_sh_paman_2.jpgbandai_sh_paman_3.jpgbandai_sh_paman_4.jpgbandai_sh_paman_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”パーマン1号/須羽満夫(すわ みつお)”のキャラクター紹介は
”小学5年生。身長144cm。
 アイドル歌手、星野スミレの大ファン。
 藤子作品の主人公キャラクターとしては珍しく兄弟(妹のガン子)がいる。
 ガン子とは喧嘩することもあるが、非常に妹思いな性格でもある。
 また実力は及ばないものの、ガキ大将のカバ夫に立ち向かったり、
 パー子とよく衝突したりするなど意外に負けず嫌いで気は強い。
 大好物はホットケーキ。苦手なものは、勉強、ママ、ユーレイ、ゴキブリ。
 しかし勉強は本気になってやればできる。
 学業成績はあまり良くないが、パーマン活動で身に着けたせいか社会科の成績は割りとよい。
 月にもらっている小遣いは、原作では300円と、1960年代でも安い金額。
 須羽満夫という名前は「スーパーマン」を漢字化して名づけられた。
 また、平成映画版では公開された時代における子供文化に合わせる形で
 ゲーム好きで大得意という新設定が付与され、PS2とGBA風のハードを所有している。
 そんな彼のもう一つの姿が正義のヒーローパーマン1号である。
 マスクの色は青で、マントとバッジの色は赤。
 近所の空き地でバードマンとたまたま出会ったことからパーマンに無理やり任命されることとなる。
 元来のドジな性格も災いして5人のパーマンの中では最も頼りない存在であり、
 何度か正体が知られそうになったこともある。
 しかし日常のパトロールなどに対する怠け癖はあるものの、元々困っている人を放って置けないなど正義感は強く、
 ひとたび事件が起こればパーマンとして勇敢に活躍する。
 また、潜在的な能力は5人の中でもかなり高いようであり、薬で凶暴化したり、
 強敵相手に腹を括った場合には3号や4号を上回る強さを見せることもある。
 1号の時は冴えないミツ夫の時と異なり、
 ミッちゃんをはじめとする同年代の子供や女の子からは非常に人気があり、素顔を美男子と想像されるなど、
 お人良しな部分も相まってか世間的な人気はパーマン仲間の中でも最も高いようである。
 パーマン仲間からは単に「1号」と呼ばれている。
 最終回では気弱な心を奮い立たせる勇気と無い知恵を絞って人々を守る功績が認められ、
 次期スーパーマン(バードマン)候補としてスーパー星(バード星)へと旅立つ(原作のみ)。
 後述の星野スミレが後の時代である『ドラえもん』の時代に帰りを待っている描写があることから、
 まだ地球に帰ってきていないようである。”となっています!