2010年7月19日

リボルテックヤマグチ No.092 トライガン ニコラス・D・ウルフウッド 海洋堂製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”リボルテックヤマグチ No.092 トライガン ニコラス・D・ウルフウッド”となります!

 この商品は、
”2010年の劇場版トライガンより、さすらいの巡回牧師“ニコラス・D・ウルフウッド”が、
 原作者・内藤泰弘氏の完全監修でリボルテック化。
 内藤氏が設立した[トイトライブ]ブランドの
 アクションフィギュア(01年発売)から、約10年ぶりの登場。
 内藤氏自身の発案である「リボルバージョイント」を組み込み、
 可動アクションを前面に押し出した、新発想・新設計のフィギュアです。
 超絶兵器、巨大十字架“パニッシャー”付属。
 展開部を差し替えて、マシンガン形態およびロケットランチャー形態へ変形可能。
 全身14箇所搭載のジョイントで興奮のアクション性を発揮。
 跳ぶ、走る、構える、させてみたいどんなポーズもとれます。
 胸元シャツ部を分割し6mmジョイントを搭載、前後可動で細やかな演出が可能。
 二丁拳銃ハンド付属で、ド派手ガンアクション炸裂。
 穏やかな表情、シリアス顔、戦闘顔の3種の表情に差替え可能。
 サングラスつき前髪にも差替え出来ます。
 汎用保持ハンド2種を含む5種のオプションハンドが付属。タバコも持てます。
 2種の銃発射エフェクトパーツが付属し、アクションを演出。
 透明ディスプレイスタンド、スタンド延長パーツ、エフェクトパーツが付属。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・リボルテックヤマグチ No.092 トライガン ニコラス・D・ウルフウッド
kai_nikorasu_rivo_1.jpgkai_nikorasu_rivo_2.jpgkai_nikorasu_rivo_3.jpgkai_nikorasu_rivo_4.jpgkai_nikorasu_rivo_5.jpgkai_nikorasu_rivo_6.jpgkai_nikorasu_rivo_7.jpgkai_nikorasu_rivo_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ニコラス・D・ウルフウッド”のキャラクター紹介は
”声:速水奨
 関西弁(?)を喋り、巨大な十字架を背負う牧師。
 砂漠で行き倒れになりかかっていたところ、ヴァッシュと奇妙な出会いを果たす。
 情に篤い反面、冷酷なリアリストでもある。
 自らの悲惨な生い立ちから、ヴァッシュの「全ての命を尊ぶ」姿勢に反発し苛立ちながらも、
 彼と同じように軽くあしらえる相手に対しては急所を外し殺さないようになる。
 その正体は、ナイブズと関わりを持つ暗殺者集団ミカエルの眼にて戦闘訓練と生体機能強化手術を受け、
 人外の戦闘能力と身体能力を持つに至った殺し屋。
 卓越した戦闘センスを以て、巨大な十字架の真の姿である重兵器「パニッシャー」を使いこなす。
 殺し屋としての通り名は兵装と断罪者の名を冠した「ニコラス・ザ・パニッシャー」。
 ナイブズには射殺した(と思い込んでいた)マスター・チャペルの名を騙り接触し、
 GUNG-HO-GUNSに名を連ねた。
 代謝速度向上による超回復力と引き替えに老化が進んでおり、
 見た目は30前後の風貌だが実年齢は10代から20歳程度と推測される。
 フィフス・ムーン事件後、行方をくらませていたヴァッシュを探し出し、
 ナイブズの元へ導くことを使命として行動するが、次第に奇妙な友情が芽生えていく。
 故郷である孤児院(実は、「ミカエルの眼」の候補生を選び出す為に維持されている施設)
 に住む家族を守るため、ミカエルの眼からの刺客であるリヴィオとマスター・チャペルに単身で挑む。
 最初は敵側の圧倒的な攻撃力に劣勢を強いられるが、
 やがて乱入したヴァッシュと共闘、その生き様からリヴィオを改心させることで、辛くも勝利を修めた。
 しかし戦闘のために致死量の代謝促進薬投与を行い、命を失うことになる。
 変わり果てた自分を温かく迎えてくれた孤児院の家族の想いに涙を流し、
 盟友・ヴァッシュとの末期の酒の席で静かに息を引き取った。
 アニメでは設定が大きく異なる主要キャラクターである。
 チャペル・ザ・エバーグリーンの弟子であり、GUNG-HO-GUNSの正規メンバーではない。
 また生体機能強化手術は受けていないので、肉体的には通常の人間である。
 最期はレガートに操られたエバーグリーンの攻撃を受けて、
 教会まで何とか辿り着いた後に「死にたくない」と言って息絶えた。
 外見や関西弁らしき言葉遣い(アニメ版でも、関西弁を操れることもあって速水が起用された)などは
 ロックバンド『ウルフルズ』のトータス松本をモデルにしている。”となっています!