2010年3月22日

MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末の連休に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー”となります!

 この商品は、
”原作:荒木飛呂彦先生と造形監修:竹谷隆之氏(造形:藤岡ユキオ)の夢のコラボレーションが実現!
 新シリーズ「MANGA RELIZATION」の第2弾。
 『BAOH バオー来訪者』とは1984年から
 週刊少年ジャンプにて連載された「荒木飛呂彦」先生の作品。
 荒木先生初期の傑作として多くのファンから支持されている。
 全長約180ミリ 彩色済みアクションフィギュア
 作品中にも登場する凶暴マンドリル「マーチン」付属の台座付。
 上半身を差し替えることで、アクションフィギュア、
 ディスプレイフィギュアの2形態が楽しめる!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー
bandai_manga_bao_1.jpgbandai_manga_bao_2.jpgbandai_manga_bao_3.jpgbandai_manga_bao_4.jpgbandai_manga_bao_5.jpgbandai_manga_bao_6.jpgbandai_manga_bao_7.jpgbandai_manga_bao_8.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”バオー”のキャラクター紹介は
”「バオー(BAOH)」とは変身した育朗を指す言葉ではなく、
 正確には彼の体内に宿する40mmほどの寄生虫の名称である。
 バオーの宿主はヒトである必要はなく、作中では育朗以外にもバオーが寄生したイヌが登場している。
 この生物を生み出した霞の目博士の弁によれば、バオーを自由に利用することが可能になれば「ドレス」は
 医学及び軍事的な面で世界的優位に立てるという。
 バオーという名前は、作者によると当時話題となっていたバイオテクノロジーなどの「バイオ」から来ており、
 Biological Armament On Help(生物による武装援助)の略というのは
 『ファンロード』の一コーナーに載ったファンの創作である。
 バオーは宿主の肉体へ進入したのち脳(動脈の中)に寄生し、
 寄生した日数にしたがって宿主に対する影響力を強めていく。
 百数十日で成虫になると宿主に産卵、孵った幼虫は宿主の身体をつき破り、
 新たな宿主へ寄生する(この設定はOVAでは排除されている)。
 また宿主の肺呼吸が停止すると仮死状態となり、その場合宿主の肉体は再び目覚めるまで老化することはない。
 宿主が生命の危機に瀕すると、体内に分泌されたアドレナリンをバオーが感知し、
 宿主の精神を無力化させてその支配下におく
 (ただし、劇中では育朗が戦っている自分を次第に知覚していくようになる描写がある)。
 次に、血管を使い宿主の全身に分泌液をめぐらせ、宿主の骨・筋肉・腱を何倍にも強化し、
 強靭な肉体とさまざまな特殊能力を付与する。
 「ドレス」では、この変身を「バオー武装現象(アームド・フェノメノン)」と称している。
 寄生している日数が進むにしたがって、段階を踏んで徐々に武装現象を発現させていく。
 武装現象中のバオーは、宿主の頭部に独自の「触覚」を発現させ、
 これにより視覚・聴覚・嗅覚などの全感覚をまかなう
 (この「触覚」は、原作では毛のような物に覆われていたが、
 OVAでは解り易くするため仮面ライダーを思わせる「赤い複眼状の第三の眼」のような表現となっている)。
 バオーは対象をすべて「におい」で感知しており、
 自身が嫌悪する敵意や悪意などの負の感情が持つ「におい」を放つ者を攻撃対象として認識している。
 また、これにより攻撃目標として認識された者を無力化することは
 バオーにとって「においを止める」行為に過ぎない。
 またそのにおいもいくつかにわけ理解しており「生きることを止められた者の悲しいにおい」、
 「邪悪なにおい」などを嗅ぎわけ、とりわけバオーが嫌いなのはドレスの刺客たちの「邪悪なにおい」である。
 また戦闘を通じて敵味方の区別をにおいから学ぶ学習能力も備え、
 味方を守ったりなどの行動をとり、生物としての進化を遂げていく。
 また、武装現象の発現中は「バル」「バルバルバルバル」「ウォォォーーム」といった鳴き声
 (作中では主に咆吼として表現されている)のみを発し、宿主本来の音声・言語を発音することは基本的に無い。
 作中「バオーは泣くことが出来ない」といった旨の解説があることから、
 表情の変化や言葉による感情表現が武装現象の発現によって失われているものと思われる。
 ただし育朗がバオーの能力を自らの意思で制御できるようになった物語終盤には、
 武装現象発現中に瞳が現れたり、テレパシーのような言葉を発していると思しき描写がある。
 なお、寄生虫バオーは霞の目博士が作り出した生物兵器であるが、
 劇中後半に変身もせずにバオーの能力が使えたり、攻撃を受け傷ついてもいないのに
 宿主の意思でバオーに変身したり、変身後に育朗の意識で行動し、しゃべったりと、
 人間である宿主の育朗がバオーを自在に操作できている。
 この段階ですでに生み出した親であるドレスに逆らい、歯向かう可能性を多分に持ち、
 使われる兵器ではなくなっている。
 寄生虫バオーは高度な知性と人格を持つ人間には無理がありすぎ、
 人に寄生させる人体実験である今回の霞の目博士の研究実験は、最初の段階から失敗してしまっている。
 犬や狼、霊長類でも猿、ゴリラレベルが限界ではあろう。”となっています!