2010年11月23日

プレイアーツ改 メタルギアソリッド ピースウォーカー スネーク 野戦服バージョン スクエア・エニックス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”プレイアーツ改 メタルギアソリッド ピースウォーカー スネーク 野戦服バージョン”となります!

 この商品は、
”「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」
 プレイアーツ改vol.1で登場した「スネーク スニーキングスーツver.」が、
 大好評につき待望の「野戦服ver.」として再登場!
 表現や肉体など全てにこだわった「スネーク」の雰囲気、
 各装備品の質感、付属する武器等も細かな造形でリアルに再現!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・プレイアーツ改 メタルギアソリッド ピースウォーカー スネーク 野戦服バージョン
skueni_pa_suneku_yasen_1.jpgskueni_pa_suneku_yasen_2.jpgskueni_pa_suneku_yasen_3.jpgskueni_pa_suneku_yasen_4.jpgskueni_pa_suneku_yasen_5.jpgskueni_pa_suneku_yasen_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”スネーク”のキャラクター紹介は
”身長182cm、体重75kg。
 1972年、伝説的兵士ビッグ・ボスをクローン技術で再現する「恐るべき子供達計画」によって誕生。
 日英混血とされており、クローン作成の核移植のために日本人女性の卵子が使われていた。
 六ヶ国語に精通し、IQは180。アメリカ陸軍軍人からCIAの秘匿工作員となり、後に傭兵、
 反メタルギア組織の構成員として各種の事件に関わっていく。
 19歳前後でアメリカ陸軍特殊部隊グリーンベレー隊員としてイラク西部に潜入した湾岸戦争が初陣とされ、
 後に特殊部隊FOXHOUNDに入隊している。
 いかなる状況下においても任務をこなす、隠密潜入のエキスパート。
 FOXHOUNDの新人隊員でありながら軍事要塞アウターヘブンに単独潜入して陥落させ、
 新兵器メタルギアを破壊した。この一件から、「不可能を可能にする男」と呼ばれるようになる。
 FOXHOUND除隊後はCIAのスカウトにより秘匿工作員(ディープ・カヴァー・エージェント)の
 非公式身分(ノンオフィシャル・カバー)として働くが、局の体制に反発し、約半年でCIAを去る。
 その後、カナダの奥地で療養生活を送るが「ザンジバーランド蜂起」に際して
 再び潜入任務を遂行、武装要塞国家ザンジバーランドを陥落させる。
 ザンジバーランド騒乱後はアラスカ山脈ツイン・レイクスの湖畔で孤独な隠遁生活を送っていたが、
 シャドーモセス事件により、ロイ・キャンベルに拉致同然に再び召集され、新たな任務を課せられる。
 過去3度にわたり、メタルギアと核兵器の脅威から世界を救った伝説の英雄であるが、
 シャドーモセス島蜂起事件後、世界中に製造技術が流出した
 メタルギアを根絶する為に反メタルギア財団フィランソロピーを組織する。
 喫煙者で、愛用の煙草は先折り煙草のモスレム、
 『メタルギア1』『メタルギア2』ではラッキーストライカーを吸っていた。
 『MGS4』ではザ・ボスなる銘柄を吸っているが、エンディングで「煙草は止めた。健康に悪い」と発言している。
 文庫版『メタルギアソリッド』ではゲーム版と違って外から煙草を持ち込んでおらず、味は落ちるものの、
 任務中に敵から奪ったものを吸っている。
 『MGS2』ではマンハッタン橋で煙草を投げ捨てていたが、『MGS4』では携帯灰皿を使用するようになった。
 冷静沈着な皮肉屋だが、かなりの女性好き。作戦中でも女性の口説き方などを考えているが、
 実際に面と向かうと大胆には振舞えない。
 潜入任務においては、ダンボールやドラム缶など、かぶって身を隠す道具を好む。
 (段ボール箱に関しては筋金入りの愛好家で、後に雷電に熱く語る程)
 少年時代のことはあまり明らかにされていないが、文庫版『メタルギアソリッド』において
 10歳までアメリカ・オハイオ州の小さな町で訓練を受けながら暮らしていたことが語られた。
 当時は、夏になると開かれる個人営業の小さな遊園地に入り浸り、
 ローラーコースターやお化け屋敷が大好きな普通の子供らしい一面もあったことが
 作中のサイコ・マンティス戦で描かれている。
 また、本人がMGS本編で語るには、育ての親となった人物は複数いるらしい。
 オリジナルであるビッグ・ボスは、自らが望んで誕生させたわけではないので肉親としての
 感情を持たなかった(ただし、晩年は1人の男として尊敬していると語る)。
 逆に、子宮提供をしたビッグ・ママはビッグ・ボスの子供を授かる事を望んでいたため、
 出産後に愛国者によって引き離されても、母親としての愛情を少なからず持っていた。
 ゲスト出演したゲーム『サルゲッチュ』では六ヶ国語に加えてサル語まで介する事が判明し、
 隠れんぼは得意だがむしろ嫌いであるとされた。『スマブラX』ではメイ・リンからナルシスト扱いされている。
 ソリッド・スネークとはコードネームであり、本名はデイビッド。
 ファミリーネームは不明。友人であるオタコンやキャンベル、
 同じスネークのコードネームを持つリキッド・スネークからも「スネーク」と呼ばれ、
 本名で呼ぶのは、生みの親のビッグ・ママだけだった。
 シリーズ監督の小島秀夫は、シリーズガイドブック『METAL GEAR SOLID naked』やその他の自著、
 インタビュー、対談などでソリッド・スネークのモデルは
 1981年のアメリカ映画『ニューヨーク1997』の登場人物スネーク・プリスキンだと述べている。
 ゲーム中ではリキッド・スネークとの兄弟関係が詳しく述べられるシーンは無かったが、
 『バンドデシネ』ではリキッドが兄、ソリッドが弟となっている。
 遺伝学的にはビック・ボスに限りなく近いDNAを持っているが、
 他の勢力にクローンとして利用されないように、生殖能力を初めから除かれており、
 寿命も短く設定されているなど様々な遺伝子操作を受けているため純粋なクローンではない(リキッドも同様)。
 ただし、段ボールへの拘りや愛煙家である点など、性格的にはビッグ・ボスとよく似ている。
 また、数少ない趣味の一つである、犬ぞりに興じるところもビッグ・ボスと同じである。”となっています!

2009年9月17日

RAH(リアルアクションヒーローズ) NAKED SNEAKE Cold War Ver メディコム製 フィギュア(ドール)

 こんにちは~!
本日の更新は、先週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”RAH(リアルアクションヒーローズ) NAKED SNEAKE Cold War Ver”となっております!

 この商品は、
”劇中の冷戦カモフラージュをRAHで完全再現!
 サバイレッサー付きカスタムGUN、CQCナイフ、コンバットライフ付属!
 右2種・左3種のグローブパーツにより多彩なアクションシーンの再現が可能!
 フィギュアスタンド付属”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・RAH(リアルアクションヒーローズ) NAKED SNEAKE Cold War Ver
mede_rah_snake_cole_1.jpgmede_rah_snake_cole_2.jpgmede_rah_snake_cole_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”スネーク”のキャラクター紹介は
”身長182cm、体重75kg。
 1972年、伝説的兵士ビッグ・ボスをクローン技術で再現する「恐るべき子供達計画」によって誕生。
 日英混血とされており、クローン作成の核移植のために日本人女性の卵子が使われていた。
 六ヶ国語に精通し、IQは180。アメリカ陸軍軍人からCIAの秘匿工作員となり、後に傭兵、
 反メタルギア組織の構成員として各種の事件に関わっていく。
 19歳前後でアメリカ陸軍特殊部隊グリーンベレー隊員としてイラク西部に潜入した湾岸戦争が初陣とされ、
 後に特殊部隊FOXHOUNDに入隊している。
 いかなる状況下においても任務をこなす、隠密潜入のエキスパート。
 FOXHOUNDの新人隊員でありながら軍事要塞アウターヘブンに単独潜入して陥落させ、
 新兵器メタルギアを破壊した。この一件から、「不可能を可能にする男」と呼ばれるようになる。
 FOXHOUND除隊後はCIAのスカウトにより秘匿工作員(ディープ・カヴァー・エージェント)の
 非公式身分(ノンオフィシャル・カバー)として働くが、局の体制に反発し、約半年でCIAを去る。
 その後、カナダの奥地で療養生活を送るが「ザンジバーランド蜂起」に際して
 再び潜入任務を遂行、武装要塞国家ザンジバーランドを陥落させる。
 ザンジバーランド騒乱後はアラスカ山脈ツイン・レイクスの湖畔で孤独な隠遁生活を送っていたが、
 シャドーモセス事件により、ロイ・キャンベルに拉致同然に再び召集され、新たな任務を課せられる。
 過去3度にわたり、メタルギアと核兵器の脅威から世界を救った伝説の英雄であるが、
 シャドーモセス島蜂起事件後、世界中に製造技術が流出した
 メタルギアを根絶する為に反メタルギア財団フィランソロピーを組織する。
 喫煙者で、愛用の煙草は先折り煙草のモスレム、
 『メタルギア1』『メタルギア2』ではラッキーストライカーを吸っていた。
 『MGS4』ではザ・ボスなる銘柄を吸っているが、エンディングで「煙草は止めた。健康に悪い」と発言している。
 文庫版『メタルギアソリッド』ではゲーム版と違って外から煙草を持ち込んでおらず、味は落ちるものの、
 任務中に敵から奪ったものを吸っている。
 『MGS2』ではマンハッタン橋で煙草を投げ捨てていたが、『MGS4』では携帯灰皿を使用するようになった。
 冷静沈着な皮肉屋だが、かなりの女性好き。作戦中でも女性の口説き方などを考えているが、
 実際に面と向かうと大胆には振舞えない。
 潜入任務においては、ダンボールやドラム缶など、かぶって身を隠す道具を好む。
 (段ボール箱に関しては筋金入りの愛好家で、後に雷電に熱く語る程)
 少年時代のことはあまり明らかにされていないが、文庫版『メタルギアソリッド』において
 10歳までアメリカ・オハイオ州の小さな町で訓練を受けながら暮らしていたことが語られた。
 当時は、夏になると開かれる個人営業の小さな遊園地に入り浸り、
 ローラーコースターやお化け屋敷が大好きな普通の子供らしい一面もあったことが
 作中のサイコ・マンティス戦で描かれている。
 また、本人がMGS本編で語るには、育ての親となった人物は複数いるらしい。
 オリジナルであるビッグ・ボスは、自らが望んで誕生させたわけではないので肉親としての
 感情を持たなかった(ただし、晩年は1人の男として尊敬していると語る)。
 逆に、子宮提供をしたビッグ・ママはビッグ・ボスの子供を授かる事を望んでいたため、
 出産後に愛国者によって引き離されても、母親としての愛情を少なからず持っていた。
 ゲスト出演したゲーム『サルゲッチュ』では六ヶ国語に加えてサル語まで介する事が判明し、
 隠れんぼは得意だがむしろ嫌いであるとされた。『スマブラX』ではメイ・リンからナルシスト扱いされている。
 ソリッド・スネークとはコードネームであり、本名はデイビッド。
 ファミリーネームは不明。友人であるオタコンやキャンベル、
 同じスネークのコードネームを持つリキッド・スネークからも「スネーク」と呼ばれ、
 本名で呼ぶのは、生みの親のビッグ・ママだけだった。
 シリーズ監督の小島秀夫は、シリーズガイドブック『METAL GEAR SOLID naked』やその他の自著、
 インタビュー、対談などでソリッド・スネークのモデルは
 1981年のアメリカ映画『ニューヨーク1997』の登場人物スネーク・プリスキンだと述べている。
 ゲーム中ではリキッド・スネークとの兄弟関係が詳しく述べられるシーンは無かったが、
 『バンドデシネ』ではリキッドが兄、ソリッドが弟となっている。
 遺伝学的にはビック・ボスに限りなく近いDNAを持っているが、
 他の勢力にクローンとして利用されないように、生殖能力を初めから除かれており、
 寿命も短く設定されているなど様々な遺伝子操作を受けているため純粋なクローンではない(リキッドも同様)。
 ただし、段ボールへの拘りや愛煙家である点など、性格的にはビッグ・ボスとよく似ている。
 また、数少ない趣味の一つである、犬ぞりに興じるところもビッグ・ボスと同じである。”となっています!