2009年10月12日

バガボンド スカルプチャーアーツ 佐々木 小次郎 スクエア・エニックス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”バガボンド スカルプチャーアーツ 佐々木 小次郎”となっております!

 この商品は、
”剣豪「宮本武蔵」を主人公とし、剣の時代が終わりを迎える戦国末期から江戸時代を
 舞台にその青春期を描いた壮大な群像劇、バガボンド。
 佐々木小次郎は赤ん坊の頃、小舟で漂着している所を鐘巻自斎に見つけられ育てられる。
 生まれながらに耳が聞こえないため、雑念がない純粋な剣の対話を楽しむことができる。
 武蔵とは関ヶ原の戦いで出会っており、時を経て二人は再会することになる。
 小枝を持ち、たたずむ「小次郎」をイメージ。
 流れる裾、なびく髪の毛、鮮やかな色彩と造形。「小次郎」の雰囲気を
 そのままに、こだわりを詰め込んだフィギュアです。”となっています!!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・バガボンド スカルプチャーアーツ 佐々木 小次郎”
sukueni_kozirou_1.jpgsukueni_kozirou_2.jpgsukueni_kozirou_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”佐々木小次郎”の説明は
”鐘巻自斎の弟子・佐々木佐康の息子。巌流の開祖。バガボンド第2章における主人公。
 赤ん坊の頃、佐康の手紙を携えた数人の従者とともに落城した城から小舟で落ち延び、
 漂着して鐘巻自斎に育てられる。
 童顔で切れ目が特徴。女好きでもある。
 山で育った武蔵とは対象的に海で生まれ育ち、泳ぎも得意。
 大柄(劇中では伝七郎並の最長身)で聾唖であるが、そのハンデなど感じさせないほど、
 太刀や相手を見る目「第六感」が非常に発達している。
 「アー」「ウー」と喃語を話すが、唯一自身を育てた自斎を表し、「ギアイ」と口にした。
 幼少時代には一緒に舟に積まれていた形見の長剣を肌身離さず持っていた。
 自斎および伊藤一刀斎に師事(自斎は「剣は教えぬ」と言いつつ実質的に一流の剣士として育てた)。
 強者を呼び寄せ、実践を通して小次郎を鍛えるため、
 ”強そうに見える”との理由で一刀斎によって巌流の名を掲げることになった。”となっています!

2009年6月16日

バガボンド スカルプチャーアーツ 武蔵 スクエア・エニックス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”バガボンド スカルプチャーアーツ 武蔵”となっております!

 この商品は、
”週刊「モーニング」連載中の井上雄彦氏が描く
 「バガボンド」に登場する「宮本武蔵」をリアルなフィギュアとして造形化。
 剣豪「宮本武蔵」を主人公とし、剣の時代が終わりを迎える戦国末期から
 江戸時代を舞台にその青春期を描いた壮大な群像劇、バガボンド。
 放浪の人(バガボンド)となり、非情なる剣の道を究めんとする武蔵の雰囲気、
 息遣いをそのままに、立体化。
 殺気を漂わせる鋭い眼光や着物の流れ、様々な細かな部分にもこだわりを詰め込んでおります。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・バガボンド スカルプチャーアーツ 武蔵
sukueni_musasi_1.jpgsukueni_musasi_2.jpgsukueni_musasi_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”武蔵”のキャラクター紹介は
”新免無二斎の息子。作州「宮本村」浪人。バガボンド第1章・3章における主人公。
 初名は新免 武蔵(しんめん たけぞう)。
 父の下、武芸者の子として人の温もりを知らずに育つ。大柄な体躯と人並み外れた腕力・殺気の持ち主で、
 破天荒な行動から周囲との齟齬が絶えず、孤独になりがちであった。
 しかし、おつうや又八などの気心の知れる者たちには小さい頃から心を開いている。
 本来は真っ直ぐで思いやりのある心の持ち主で、同時に物事の本質を見抜く繊細さも持ち合わせている。
 しかし、性根がまっすぐなだけに思考が短絡的、直感的であり、
 一度覚えた殺気や興奮を直ぐには収めることが出来ない。
 剣は我流で身に付けたものだが、強いて言うなら「山が師である」と言うほど山に育まれてきた。
 関ヶ原から宝蔵院までは粗末な着物と木刀を身につけていたが、
 胤栄から服と刀を二本貰ってからは随分まともな格好になった。
 清十郎に額の二つの傷を、伝七郎に左胸から右腹にかけて大きな傷を、胤瞬に右頬の大きな傷を、
 東に左顎の傷を付けられ、また吉岡門弟に左耳をかじられた。
 13歳のとき武芸者と決闘して勝利
 (作中の描写ではほとんど不意打ちであったと考えられる、相手は死亡)するが、
 “悪鬼”と周囲から忌み嫌われ一層孤独を深めた。
 17歳の時、関ヶ原の合戦に西軍方として出陣するも敗戦。
 合戦場から宮本村に戻る際に関所を破り追っ手の兵や村人を多数手にかけた。
 そのため沢庵に捕縛され、「人の命の大切さ、それに気づかぬ自分の弱さ」を強く諭され、
 それと引き替えに命を救われる。ここから名を宮本武蔵と改め、剣の道において天下無双を目指し始める。
 手先が器用で、山篭りの際に自分で木刀や木彫りの仏像を作ったり、沢庵の頭にイタズラをしたりする。
 一流の人物たちとの出会いを通じて、作中後半からは人間的厚みを持つようになる。”となっています!