2011年2月16日

チョコエッグ ゼルダの伝説 大地の汽笛 フルタ製菓製 キャンディトイ

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”チョコエッグ ゼルダの伝説 大地の汽笛”となります!

 この商品は、
”大人気を博したDSゲーム
 ”ゼルダの伝説 大地の汽笛”が人気のチョコエッグシリーズで登場です! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・チョコエッグ ゼルダの伝説 大地の汽笛
huruta_tyokoegu_zeruda_1.jpghuruta_tyokoegu_zeruda_2.jpghuruta_tyokoegu_zeruda_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<) 

 WKIによる”ゼルダ姫”のキャラクター紹介は
”ハイラル国の王女。
 ディーゴの手により体を奪われ魂だけとなり、リンクを含む一部の人物以外からは存在を認知できなくなってしまう。
 魂の状態でリンクの旅に追随し、神の塔内部ではファントムに乗り移ってリンクとともに冒険する。
 シャリンによるとテトラの玄孫(やしゃご、孫の孫の事)に当たるという。
 天真爛漫かつおてんばという歴代のゼルダ姫の中でも特に可愛らしい性格で、
 自分の体が魔王の新しい体として使われると知った瞬間パニックに陥り、
 阻止する方法を迫るように問い出すなど、高飛車な一面もある。
 ネズミが苦手なため、ファントムの状態でもネズミのモンスターとは戦えず、
 見た瞬間その場ですくみ上がってしまうため、リンクが代わりに倒す必要がある。
 また、虫も苦手であることを度々口にする。
 なお、彼女がリンクのパートナーとして終始登場するというのは、シリーズ初のことである。”となっています!

2009年6月 9日

ドッツ ゼルダの伝説 トミーテック製 玩具

 こんにちは~!
本日の更新は、たな卸の際の”倉庫整理”で
倉庫の奥のほうから見つけてきました発掘商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ドッツ ゼルダの伝説”となっております!

 この商品は、
”ドッツとは穴のあいた基礎となるパネルにドッツピンを
 差し込むだけで、ドットグラフィックが作成できる、新感覚ホビーツールです!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ドッツ ゼルダの伝説
tomy_dotu_zerda_1.jpgtomy_dotu_zerda_2.jpgtomy_dotu_zerda_3.jpgtomy_dotu_zerda_4.jpgtomy_dotu_zerda_5.jpgtomy_dotu_zerda_6.jpgtomy_dotu_zerda_7.jpgtomy_dotu_zerda_8.jpgtomy_dotu_zerda_9.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”リンク”のキャラクター説明は
”緑の衣を身にまといしゼルダ作品各シリーズの主人公、神に選ばれし少年(勇者)である。
 「勇気のトライフォース」の所持者、またはそれに選ばれる運命にあるハイリア人。
 耳はいわゆるエルフ風にとがっており(これはハイリア人の特徴でもある)、
 髪は茶~金髪。瞳の色は作品によってまちまち。
 基本的には西欧系白人のイメージが強い顔立ちだが、肌の色はほぼ黄色人種と同一である。
 作品毎に出てくる勇者リンクは他の登場人物を含め、名は同じでも同一人物であるという設定ではない
 (一部の外伝や続編などでは、例外として同一人物が出ることがある)。
 「主人公はプレイヤーの分身である」という製作者の方針のもと、プレイヤーとの一体感を持たせるために、
 際立った性格などの細かい設定や台詞は特定されていない事が多い。
 『トワイライトプリンセス』においては、「少々やんちゃである」という多少の性格付けがなされた
 (戦闘中に剣を回す動作などがこれにあたる)。
 ハイラルの王女「ゼルダ」との関係は、
 危機に瀕した王国の姫とそれを救う勇者といったような象徴的なものであることが多い。
 『ふしぎのぼうし』、『4つの剣+』でのみ、リンクとゼルダが幼馴染という設定であった。
 ほとんどのゼルダシリーズには、ゼルダ以外にもリンクと親しくなる同年代の女性キャラクターが登場し、
 いわゆるヒロインについては曖昧である。”となっています!