2008年8月30日

1/8スケール PVC製塗装済完成品 天元突破グレンラガンシリーズ カミナ アイアップ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日2回目の更新は、新進気鋭のメーカーさん”アイアップ”さんから発売された
大人気フィギュア
”1/8スケール PVC製塗装済完成品 天元突破グレンラガンシリーズ カミナ”
を若干数ですが問屋様からいだだ

 この商品は、
”あの伝説のアニキがついに商品化!
 冬のワンダーフェスティバルで大好評だったガレーキットが塗装済み完成品で発売決定です!!
 しかも、今回発売及び製造元の「株式会社アイアップ」は
 「メルティブラッドシリーズ」や「エクセレントモデルシリーズ」など
 数多くの人気作品を担当してきた製造元となります。
 アニメの設定に近づけた仕上がりは、強くて儚いカリスマヒーロー我らがカミナを見事に再現しております!
 9月には「天元突破グレンラガン 紅蓮編」のタイトルで劇場版の制作が決定!
 今後盛り上がる事間違いなしです!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済完成品 天元突破グレンラガンシリーズ カミナ
eyeup_kamina_1.jpgeyeup_kamina_2.jpgeyeup_kamina_3.jpgeyeup_kamina_4.jpgeyeup_kamina_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”カミナ”のキャラクター紹介は
”声 - 小西克幸
 ジーハ村出身の青年で、カリスマ性が高い人情派の熱血漢。17歳。
 「グレン」のパイロットで、大グレン団の初代リーダー。名の由来は「上(かみ)」。
 物事は全て「気合い」で片付くと信じている精神論者である。
 主に第1部に登場し、未成熟さを強調して描かれる第1部のシモンに代わり、
 物語の進行を行う狂言廻しの役割を担う。
 番組宣伝やグッズのCMなど、番組関連CMのナレーションも一手に担っている。
 幼少の頃に父親[3]に連れられ地上へ出ている為、地下世界での生活には常に閉塞感を覚えており、
 村一番の荒くれ者として暴れ回っていた。
 念願叶って地上へ出るとガンメンの本拠地を捕捉し、「グレン団」を再結成して旅を始める。
 後に、活躍を聞き付けた多くの戦闘員が入団すると、グレン団を大グレン団へ改名。
 道中のスタイルは、ジーハ村村長のシャクから強奪した日本刀に、父親形見の紅マントと髑髏の腕輪を愛用し、
 サラシを巻いているという風体。
 他にも敵からはガンメンを強奪し、破壊したエンキの頭部から兜を奪うなど、気に入った物を強奪する事が多い。
 (元々グレン団は基本的には盗賊団であった)
 また上半身に施した青色の刺青や、V字型の赤いサングラスも特徴的である
 (監督曰く『仁義なき戦い』等のイメージ)。
 なお、赤いサングラスは、かけても視界が赤くならないように出来ているものらしい。
 テンプルがないのでどうやってかけているかは不明。
 心の通じた人物を「魂の兄弟」と呼び、シモンからは「アニキ」と呼ばれ慕われていた(血縁関係は無い)。
 また、カミナもシモンも「漢」として認め全幅の信頼を置くなど、2人は良きパートナーであった。
 なお、シモンの代名詞である「天を突くドリル」の命名者はカミナである。
 ヨーコとは決戦の朝に彼女の想いを受け入れ、恋人となっていた。
 その後、ダイガンザン強奪作戦を立案した際に作戦時は
 シモンを援護する為仲間達と共に最前線で奮闘を続けたが、チミルフとヴィラルの猛攻を受け致命傷を負い、
 戦いの果てにシモンに「漢の信念」を伝え、息絶える。
 残された大グレン団メンバーがテッペリンを攻略後、新たに築いた街はカミナシティと名付けられ、
 街の中央公園には、かつて彼がシモンに言っていた「月を目指す」という意思が込められた像が建てられ、
 彼の眠る地は天領になった(彼の所持していたマントと日本刀が墓標として掲げられ、
 7年経っても、そしてエピローグの時点でも朽ちる事なく建っている)。
 だが、像はカミナシティ住人の暴動により、破壊されてしまう。
 第4部においても、彼の存在はシモンとヨーコにとって月日が過ぎてもなお変わることは無く
 多元宇宙迷宮に捕らわれたシモンの前に再び登場、シモンを激励し、多元宇宙迷宮の脱出を成功させた
 (旅立ったキタンをはじめとする大グレン団と共に居た事から、
 死して尚、魂がシモン達を見守っていたと思われる)。”となっています!