2011年1月 3日

SHOP限定 プチブライス ベイビーバターカップ タカラ・トミー製 ドール

 こんにちは~!
本日の更新は、この年末年始に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”SHOP限定 プチブライス ベイビーバターカップ”となります!

 この商品は、
ティーパーティに招待されたの!
 大の親友が、お口でとろけるバニラカップケーキと、
 すてきなキャラメルミルクティーを作って待っているって♪
 会えるのがとっても楽しみ!
 私たちって好きなものが全部一緒なの。
 お互いに一番大好きなお友達だから・・・ララララ*”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・SHOP限定 プチブライス ベイビーバターカップ
takara_puti_burai_bata_1.jpgtakara_puti_burai_bata_2.jpgtakara_puti_burai_bata_3.jpgtakara_puti_burai_bata_4.jpgtakara_puti_burai_bata_5.jpgtakara_puti_burai_bata_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ブライス”の概要は
”ケナー社に所属していたデザイナーのアリソン・キャツマンがデザインした。
 子供が親しみやすいように体に比して大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)を持たせ、
 頭の後ろから出ているひもを引っ張ると目の色が4色に変わるギミックを組み込むが、
 発売当初の人気は振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。
 2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、
 続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気が高まり、
 2001年からCWCのプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)]が
 レプリカ=ネオブライスを販売(2001年5月パルコ限定、2001年6月ネオブライス第一弾:BL1 モンドリアン)。
 その後、米国でも復刻版が販売された。
 着せ替え人形のジャンルで、大人向けのファッション、定価も1万前後で、
 主に大人向けの商品として販売されている。
 また、手作り愛好家らによる自作服の紹介・販売サイトも多くあり、ヤフーオークションでの売買も盛んである。
 ボディは基本的にはリカちゃんと同じサイズで、リカちゃんのドレスも一部流用できる。
 ネオブライスの他に小さなプチブライスや、食玩のブライスもあり、最近では子どもにも受け入れられている。
 一方では、巨大な頭に対し、拒否反応を示すドールファンも多い。
 また、この人形が復刻されて以来、プーリップ、ブラッツのように
 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。
 2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。”となっています! 

2011年1月 2日

Blythe ブライス ショップ限定ドール ニッキーラッド タカラ・トミー製 ドール

 こんにちは~!
本日の更新は、この年末年始に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”Blythe ブライス ショップ限定ドール ニッキーラッド”となります!

 この商品は、
今日はお友達と一緒に、新しく公園の中にできた科学博物館にきているの。
 そこには、本物の熱帯雨林があって、めずらしいチョウチョや見たこともない植物がたくさん!
 熱くて湿気のある林の中では、ときどき突然雨が降るの!
 フード付きのレインコートを着て、準備はばっちり♪
 しっかり博物館を見学しましょ!
 水玉プリントのポロシャツと、ホワイトデニムのハーフパンツスタイルに合わせたレインコートは、
 元気いっぱいのビタミンカラーのポンチョ風のコートです。
 ポロシャツは、ブルー地に大きめの水玉模様をプリントした半袖です。
 デニムパンツには、ブルーのカラーステッチが良く映えています。
 イエローのレインコートはAラインで、袖、裾、ポケットについた
 ホットピンクのパイピングがアクセントカラーになっています。
 レンズなしの眼鏡や、ワークブーツのカラーもホットピンク♪
 靴下はライトグレーで、履き口の折り返しがリブ編みになっています。
 ヘアスタイルは、ゆるいパーマがかかった、横分けのショートヘア。
 ヘアカラーは、イエローがかったライトブラウンです。
 元気なイメージのニッキーラッドには、イエローベージュのアイシャドウと、
 コーラルピンクのチークとリップを施しました。
 瞳は正面にスペシャルカラーのスカイブルーを使用しています。
 フェイスタイプはラディエンスで、肌タイプはナチュラルスキンです。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・Blythe ブライス ショップ限定ドール ニッキーラッド
takara_buraisu_niki_1.jpgtakara_buraisu_niki_2.jpgtakara_buraisu_niki_3.jpgtakara_buraisu_niki_4.jpgtakara_buraisu_niki_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ブライス”の概要は
”ケナー社に所属していたデザイナーのアリソン・キャツマンがデザインした。
 子供が親しみやすいように体に比して大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)を持たせ、
 頭の後ろから出ているひもを引っ張ると目の色が4色に変わるギミックを組み込むが、
 発売当初の人気は振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。
 2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、
 続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気が高まり、
 2001年からCWCのプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)]が
 レプリカ=ネオブライスを販売(2001年5月パルコ限定、2001年6月ネオブライス第一弾:BL1 モンドリアン)。
 その後、米国でも復刻版が販売された。
 着せ替え人形のジャンルで、大人向けのファッション、定価も1万前後で、
 主に大人向けの商品として販売されている。
 また、手作り愛好家らによる自作服の紹介・販売サイトも多くあり、ヤフーオークションでの売買も盛んである。
 ボディは基本的にはリカちゃんと同じサイズで、リカちゃんのドレスも一部流用できる。
 ネオブライスの他に小さなプチブライスや、食玩のブライスもあり、最近では子どもにも受け入れられている。
 一方では、巨大な頭に対し、拒否反応を示すドールファンも多い。
 また、この人形が復刻されて以来、プーリップ、ブラッツのように
 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。
 2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。”となっています! 

Blythe/ブライス ショップ限定ドール ボヘミアンピース タカラ・トミー製 ドール

 こんにちは~!
本日の更新は、この年末年始に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”Blythe/ブライス ショップ限定ドール ボヘミアンピース”となります!

 この商品は、
”「ボヘミアンピース」は、愛と平和をテーマに、ボヘミアンスタイルをロマンチックに着こなしています。
 トップスは、白いキャミソールワンピースの上に、ブルーのペイズリー柄のチュニックを重ねています。
 チュニックのネックラインと袖口の、オレンジとゴールドのブレードがアクセントになっています♪
 そして、ボヘミアンスタイルの定番、ロングベストにはロマンチックなレースを使用。
 レースからのぞくペイズリー柄が涼しげな印象です。
 ボトムスは、7分丈のレギンスに、サンダルを履いています。
 センターから分けた赤みのあるダークブラウンのロングヘアに、
 お花のレザーモチーフ付きのレースのリボンを飾れば、ロマンチックボヘミアンスタイルの出来上がり!
 メイクは、アイシャドウはブラウン、チークとリップはオレンジです。
 瞳は、左にワインカラーのスペシャルカラーを使用しました。
 フェイスタイプはラディエンスで、肌タイプは普通肌です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・Blythe/ブライス ショップ限定ドール ボヘミアンピース
takara_buraisu_bohemian_1.jpgtakara_buraisu_bohemian_2.jpgtakara_buraisu_bohemian_3.jpgtakara_buraisu_bohemian_4.jpgtakara_buraisu_bohemian_5.jpgtakara_buraisu_bohemian_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ブライス”の概要は
”ケナー社に所属していたデザイナーのアリソン・キャツマンがデザインした。
 子供が親しみやすいように体に比して大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)を持たせ、
 頭の後ろから出ているひもを引っ張ると目の色が4色に変わるギミックを組み込むが、
 発売当初の人気は振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。
 2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、
 続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気が高まり、
 2001年からCWCのプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)]が
 レプリカ=ネオブライスを販売(2001年5月パルコ限定、2001年6月ネオブライス第一弾:BL1 モンドリアン)。
 その後、米国でも復刻版が販売された。
 着せ替え人形のジャンルで、大人向けのファッション、定価も1万前後で、
 主に大人向けの商品として販売されている。
 また、手作り愛好家らによる自作服の紹介・販売サイトも多くあり、ヤフーオークションでの売買も盛んである。
 ボディは基本的にはリカちゃんと同じサイズで、リカちゃんのドレスも一部流用できる。
 ネオブライスの他に小さなプチブライスや、食玩のブライスもあり、最近では子どもにも受け入れられている。
 一方では、巨大な頭に対し、拒否反応を示すドールファンも多い。
 また、この人形が復刻されて以来、プーリップ、ブラッツのように
 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。
 2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。”となっています!